芽が出て膨らんで、花が咲いて花びらが散る期間って短い。

ピンクの莟がちょっとピンクを残して咲いていく。

未来を拝みながら開いていく。

Fiori di Melo

リンゴのお花って、よれをつけて咲くのね。

Vengono tanti Api

紫だけど、光の加減や成長過程で、ピンクっぽかったり紫が濃厚だったりする藤。

イタリア語でGlicineグリーチネと呼ぶ。フィレンツェ発音だとグリーシネ。

Glicine in Vinci

いろんな時間帯に眺めていると、いろんな姿を見せてくれる。
日に当たると、香りが増すような。

Glicine nella Nebbia in Vinci

この藤の木は、いただいてから8年目。

この藤の木の親は、住み込みでお屋敷やお庭・畑などのオーガナイズをしている友のお母様が、ここ*Giardino Granaioloジャルディーノ グラナイオーロの藤の枝を分けてくれた貴重な藤。由緒もあり嬉しい新築記念の樹。

横にも上にもつたわせて、藤Pucci棚をつくる計画。

藤棚は、フィレンツェ各地で見られ、メディチ的優雅さを与える。

Strawberry Juice & Chocolate Truffles
そんな藤Pucci棚を横に、少年とミニヴァカンスで訪れた友は、キュンとなるようなピンクのイチゴジュースとアイルランドのラム酒入りチョコでおやつ。

Tema Grazie

キュンキュンするピンク色は、ハートのピンク。

Grazieグラーチエ「ありがとう」をテーマに、少年のクラスでは、ピンクのハートが飛び交うありがとうのお話が交わされていた。


*Giardino Granaioloジャルディーノ グラナイオーロ(庭園名)
Villa Pucciヴィッラ プッチ (お屋敷名)

ブランドEmilioPucciエミリオ プッチCastelfiorentinoカステルフィオレンティーノ(フィレンツェ県)にあるPucci代々のお屋敷。庭園もトスカーナ庭園ブックなどで紹介されている。



*関連記事*

カテゴリー【Vinciの空】【少年

春のいたずら Occhiolinodi Primavera

ミュージアム:古生物学Paleontologia

Vinciのお庭ディナー


     ↓ありがとう↓


   人気ブログランキング