大地の住人 ヴィンチの丘で

地球と体に優しいコト ~イタリアから~

フィレンツェの端っこレオナルド・ダ・ヴィンチのふるさとヴィンチの丘に在住。 大地の自然たちと向き合って地球と体に優しい様々なコト、発見・提案・発信!

カテゴリ:PROFILE > 足跡

jpg

樹の皮、はがれた皮、生まれ変わろうとした皮。

自分のチカラで代謝したカラダの一部。

還ろうとした姿を私は飾る。

語るアナタをいつまでも見つめていたい。


jpg


Art from recycled paper

60 x 60 cm

Natural color and tint with caffè 

Cortex of Coconut / Mexico


*関連記事*

ミュージアム:古生物学 Paleontologia

ぬけがら とたまご Spogliee Rinascita

誕生のクリスマスBuonNatale


ありがとう↓

出会いは1995年夏が過ぎ去ろうとしている頃、フィレンツェの下町サントスピリト教会付近の小道にあったHerman Mejerの工房だった。

私は工房でテラコッタやカルタペスタの額をひたすら作っていた。

Cornice in Terracotta-Ovale
 

ある時たまちゃんが現れ、メラメラ燃えるような壺を制作し始めた。

たまちゃんは部屋を探していた。

私はサントスピリト教会の横の共同アパートに住んでいた。

大家さんと交渉して、この広いアパートのシングルルームはCamera Doppiaカーメラ ドッピア(二人部屋)となった。

毎晩毎晩、机の下に置きっ放しにしてある1.5ℓ瓶のワインを注ぎ注ぎ、語った語った。

たまちゃんは、アネキのような存在となった。

たまちゃんと、写真を撮った。

フィレンツェの下町を歩き、写真を撮った。

生活の写真を撮った。

私たちを撮った。

Cornice in Decoupage

そして、ちょこちょこいろいろ作った。

このCamera Doppiaに、たくさんの友が来た。

背伸びする私たちは、未来を語った。自分を語った。

翌年、みんなバラバラに人生を歩んだ。


20年を超えたあの頃を、いつになっても振り返る。

たった一年の出来事が出会いとなって、私の人生の一部にくっきり刻まれ、今日の日々の暮らしの中でも、私の肩をたたき、背中を押す。


アネキのようなたまちゃんは、ミラノの陶芸家の弟子となった。

そして、日本とイタリアを跨ぐ陶芸家活動をしている。

工房Cocciorino / tamamiazuma.com 

この度、師匠と弟子のコンビで合同展をするそうだ。

Avviso della Mostra


時は過ぎ、そしてまた過ぎ、もっと過ぎていく。

時の中を駆け抜けて、また会う。

過ぎて過ぎて過ぎた時間を人生に刻み続けて、また出会う。

↑このページのトップヘ