六月二十四日、キリスト教は

イエスの十二使徒の一人

San Givanni Battistaサン ジョバンニ バッティスタ

(聖・ヨハネ)の洗礼・聖名祝日であるそうだ。


フィレンツェの守護聖人であり

街は祝日となり、盛大に花火が打ち上げられる。


buon profumo

この日は、夏至に近いことから


大地の花を清らかにする水に浸け


日のエネルギーを夜空の気に晒し


翌日、そのこしらえた聖水を浴し

自然界のエネルギーを浴びることで

心身を労わる言い伝えがあるそうだ。



私はカトリック信者ではないので、信仰行事に疎い

が、それこそSNSで知った。


まるで
Biodinamicoビオディナーミコ(バイオダイナミック)のようだ。


自然界の生体力


火・水・気・土


次回は、私も自作聖水
L'Acqua di San Giovanni

ラァクア ディ サン ジョバンニ(聖ヨハネの水)を浴びてみようかと思う。


con il sole di tramonto

植物の手入れは

バイオダイナミックカレンダーを見ながら

作業日を決めるようにしているのだが


その六月二十四日は

*Luna Discendenteルーナ ディシェンデンテ

(地下にエネルギーが集中する)


Giorno di Fiore
ジョルノ ディ フィオーレ

(花の日:星座は空気にあたる)であった。


目で確認できる月の位置は満月に向かう上弦期。


Giorno di Fiore
は収穫に適している。


地上の花や葉、実などの収穫は

*Luna Ascendenteルーナ アシェンデンテ

(地上にエネルギーが集中する)が適しているが

今年は、樹を労わりたかったので

地下にエネルギーが集中している時期を選んだ。


Farfalla Bianca

紋白蝶がラベンダーに集まってくる。


太っちょのハチが集まってくる。


ラバンダーが好きで好きで仕方がないほど離れない。


太っちょのハチは、一日が終わっても家に帰らない。

ラベンダーに抱きつきながら夜を過ごすのである。


少年に

「お菓子の家で寝てるみたいだね。」

「うん・・いいなぁ。」


Dormono sulla Lavanda

一足遅れて

タイガー模様の大きな蝶がヒラヒラ飛んで来る。

まるで、紙で作ったような蝶である。


この蝶が現れた頃

ラベンダーの収穫時期かなと察した。


ちょうど、全部の花が咲き終わってない頃。


使い方によって収穫期が変わる。


私は、
Oleolitoオレオリート(オイル漬け)

Infusoインフーゾ(煎じる)

Vaporeヴァポーレ(蒸す)にする予定。


Farfalla disegnato tigre

昨年、花の収穫後

半分の樹が枯れた。


すごく心配した。


枯れた部分を剪定する。


そんな剪定は、春

三月の地下にエネルギーが集中する時期に。


せっかく我が家の男子から頂いた

プレゼントだから長持ちさせたい。


Raccolta

増殖は、花が完全に咲き終わった頃


10
15cmの先の方を切り取り


下の方の葉を取り、水に浸けて


小さな鉢に植えて、根が生えてくるのを待つ。


春の剪定の時に出てきた枝も増殖できるはず。


若そうな枝を見つけて水に浸けてみよう。


legato

蝶々ゴメン

ハチさんゴメン

と謝りながら、花を収穫した。

働きバチは、未練がましい。


少年は、ビクビクしている。

お友だちだと思えばいいんだよ

追い払っちゃダメ。


それにしても、イイ香り。



**

地上のエネルギーが活発になるLuna Ascendenteルーナ アシェンデンテ

地下のエネルギーが活発になるLuna Discendenteルーナ ディシェンデンテ

は、Ritmo Tropicoリットゥモ トローピコ

月の27.3日間の内、黄道と天の赤道との二つの交点を

春分点側と秋分点側に分けた二期間





*過去の関連記事はこちら↓*

ラベンダーの収穫 la Raccolta di Lavanda

ラベンダー入りオリーブオイル石鹸 Sapone all'Olio di Oliva con infuso di Lavanda

ラベンダーで自家製アロマテラピー Lavanda


Instagram ≫≫≫ obatamakivincirealmakici



Grazie di aver visitato!

最後まで拝読していただきまして、ありがとうございました。