DSC04795


後編上からのつづき。


確かケアーンズは数日間の滞在だったと記憶する。

私たちは、街にいたいのではない。

街のごちゃごちゃは違う街で充分だ。

彼も人のいないところを好んだ。

私たちは人のいない海へ向かった。

でも今調べるとケアーンズから車で1時間のところだ。

きっとレンタカーを借りたときに発見したのかもしれない。

それか本屋の立ち読みでチェックしたのかもしれない。

それかそれか、インフォメーションオフィスかな。

当時は、便利なネットもなければ、グーグルなんてものはなかった。

歩くか紙か人の声しか情報はない。

ついこの間までそれでも私たちはやってきたのだから

本当は、このままでもやっていけたとは思うが

一度便利さの味をしめると

ついこの間までのあの頃のインスピレーションを奮い起こしても

なかなかに鈍くなったのか、もしくはそれが正常なのに

便利のスピードに我々のもつ勘が鈍く感じるのか。



DSC04765


しばらくの拠点を置いた先はFour Mile Beachという

果てしなく続いているようなビーチがある

徒歩数分のところにアパートを借りた。

リゾート地でもなければ観光地でもない

ただただリラックスしにくるようなところだった。

水平線の手前にはグレートバリアリーフが海底にある。

遠浅で静かに波が立ち静かに生命を感じるところだった。

ビーチ入り口には少し人はいるがイタリアに比べたらちっともいない。

こんなきれいなところに人がいないなんて・・。

彼は、毎朝裸足でジョギングをした。

私は、ひたすら歩いた。

そのビーチ入り口辺りに岩場があって

大金持ちの素敵なモダーンな別荘があった。

一般市民も近くまで登れた。

そこから眺めるFourMileBeachの景色は素晴らしかった。

ある日、いつものようにビーチをかなり行った先の

ヤシの実を割ってみようということになった。

そうだ、そうだ、割ってみよう!

意外と硬い。そう簡単には割れないじゃないか。

サルの方が頭が良さそうに思えた。

肉厚の割れた大きな実の中に、よく見かける大きな種があった。

また割らなければ・・。

割ってこぼれてちょっとしか飲めなかったココナッツ。

甘い()思い出は幸せと同じでほんの一瞬なんだ!



DSC04749


村には、若者向けに洒落たパブやバーが立ち並ぶ通りがある。

そこがメイン通りになるが

まぁ歩くだけで小洒落た気分にさせてくれる。

ここには大きなコウモリがフツーに飛び回っていた。

イメージ通り逆さにぶら下がってるw

黒いマントをキュッと閉じて。

こっちみてるー!



DSC04750


7月のオーストラリアでいう冬場だからシーズンオフだったようだ。

しかしここは一年中夏。

シーズンオフの短期アパートは観光客用で

リッチにもアパートの中庭にはプールがついていた。

シーズンオフにはプールはいらない。

誰もいない海に行けばいい。

誰もいないビーチでゴロゴロすればいい。

スリリングな旅というより

もうこの先海沿い暮らしはなかなかできないだろうと

敢えて時間を青い海と波の音とサラサラの砂に引き換えた。

そう、あれからこんな暮らしはしたことないし

むしろ夢のような時間を体験したその妄想となった過去に留めたい。



DSC04764


毎日歩く・走るビーチで、毎日水平線に浮かぶ島を眺めた。

あそこの無人島に行ってみたいね。

私たちは行くことにした。

ツアーのように船が用意され

シュノーケリングキットも貸し出してくれた。

一応毎日観光客はいるようだ。

広大なビーチのせいで人は少なく見えたのに。

彼は泳げないけど

息ができるシュノーケリングはじっと浮いてれば海の中は見れる。

私はピンさえあれば海を漕ぐ(足だけで泳ぐ)ことができる。

彼をひっぱりシュノーケリングツアーをしてあげた。

感動的だった。

海中にはカラフルな魚がいっぱいいた。

熱帯魚屋さんの大きな水槽を見ているようだ。

魚たちは平然と泳いでいて私たちには眼中にない!

自然の結晶ウネウネ珊瑚は見事だし

地上では見ることのできない姿がここにはある。

グレートバリアリーフでシュノーケリング体験は価値があった。

帰りの時間になるまで私たちはずーっと空を背に海に浮いていた。



DSC04755


島ってどうしてこんなに魅了するのだろう。

神秘的で原始的で。

船でしか行けないからとても遠くに感じ

手が簡単に届かないこの困難さがさらに惹きつけるのかもしれない。

だから、また別の無人島に行った。

今度はインスタントの水中カメラを持参した。

バシャバシャ撮ったけどきちんと撮れているのかな。

デジタル化した現代、フィルム時代の不便さが嘘のよう。

いちいちプリントするから写真と言えるものはフイルム時代さ。

しかし、出来上がってくる写真をウズウズ待って

半分以上今一ってことは常であった。

なんだかボヤボヤな色で写ってて、ハキハキしないピントで

あの感動的な海中は、結局のところ脳裏だけに留まることとなった。



DSC04756


私たちは、ときどきやっている野外マーケットを楽しみに出向いた。

ローカル食品はもちろん、工芸品も並んでいて

見てるだけでも楽しかった。

そこに・・オーストラリアのどこにでも物産として売られているが

原住民アボリジニ伝統の楽器Didgeridooが売られていた。

ストリートでモダーンなアボリジニが演奏していたり

いろんなところで目にして耳にしていて

その原始的な作り方と魅惑的な音と

想像力を駆り立てるリズムに私たちは引き込まれていった。

彼はJambèを叩くのが趣味だったし

私も小さな楽器を集めるのが好きだったこともあって

悩んだ挙げ句、一本思い出にイタリアへ持って帰ることにした。

カラーはシンプルに絵柄がジリジリと焦がされた黒色で。

屋台の主に音の出し方を教えてもらった。

ブーっていう音だけは私にも今だってできる!

リズムにならないけどw

あの頃、イタリアの地でブレーメンの音楽隊ならぬ

ヴィンチの音楽隊でも想像していたのであろうか。

ある年の民族的な楽器好き仲間が集った大晦日

ヴィンチの宴は、ドンドコブーブーピーヒョロ賑やかに

年を越したことをよく覚えている。



DSC04757


そして、牧場の多いウエスタンスタイルのオーストラリアでは

カーボウイハットを必ず一人一個は

持っているんじゃないかというくらいみんな被っている。

仕事人も通行人も。

だから、彼は紳士風のを。

私はビーチ用に前が編み編みになてて風通しが良いものを。

オーストラリアにいればなんてことない帽子だが

イタリアでカーボウイハットを被ると

なんかおかしい・・ということに気がついた。

着物をイタリアで着る感覚である。

ヴィンチの我が菜園で鍬くわを振り回しながら土を耕している時

農民は、私の帽子をじーっと見つめてぷっと微笑んでいくw

うぅ、やっぱり場違いなのかっ。



DSC04766


こうしてオーストラリアの旅は幕を閉じていくのだが

この冬向こうは夏、森林火事の大惨事で

私は・・きっと彼も静かに、彼が夢みた地の足跡を追っていた

・・に違いない。

あのファームは大丈夫なのか。あのコアラは大丈夫なのか。

レインフォーレストまで燃え尽きてしまうのか。

アボリジニたちの大地生活は大丈夫なのか。

火災の裏には、野焼きや放火、火遊びなど

結局人為で始まり、温暖化も煽って旱魃と重なったこの大惨事。

SNSで流れてくる逃げ場のなくなった動物たちは

幼い子どもの悲鳴のようで、目頭が熱くなり画面がぼやけた。



DSC04761


私は、原住民がいる土地には暮らさないであろう。

そこで暮らすのであれば彼らの様式に従うべきだとも思うし

それは、イタリアに暮らすことだってイタリア様式に文句は言えない。

移住者が、各々がもつ文化や伝統を上手に表現していくべきだ

と思うし、住人がグローバル的思考で自由な発想タイプだと

意気投合できるが、頑固な伝統スタイルタイプだと

なかなかイタリアだって親交を深められない。

原住民の生活スタイルは、個では生きられない。社会なんだ。

田舎に暮らして少しでもエコに節約しながら生きていこうとすると

想像以上に大変で、街の住人ほど娯楽はもてない。

そんな暮らしを体験すると、原住民のいるオーストラリアで

分けて過ごすことはできないと私は考える。

世の中が、自然へそして人種、伝統

様々なことに倫理的に尊重しながら共存していけたらと想った。


オーストラリア旅行記、完。


・ あとがき ・


伊着25周年ということもあって、今までを振り返った中で

私の意志で行ったわけではないこの長かった国を超えての旅は

イタリアに暮らす決心ともなった旅でもある。

あの頃未来だった今の自分は

過去となった未来を想像していた自分を想いながら書いている。

今までのたくさんの自分と出会えて新鮮だった。

書くという行為をしないと

きっとそのまま心に残っただけで、時は流れていくであろう。

また思い起こしてみたい。



*私がセレクトした過去の関連記事Best 3 Archivi Selezionati

彼が夢みた地へ【前編】上 Western Australia - Perth

彼が夢みた地へ【前編】下 Western Australia - Camping

彼が夢みた地へ【後編】上 Queensland - Rainforest



Grazie di aver visitato!

最後まで拝読していただきまして、ありがとうございました。




にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ


Instagram
 ≫≫≫ obatamakivincirealmakici