大地の住人 ヴィンチの丘で

地球と体に優しいコト ~イタリアから~

フィレンツェの端っこレオナルド・ダ・ヴィンチのふるさとヴィンチの丘に在住。 大地の自然たちと向き合って地球と体に優しい様々なコト、発見・提案・発信!

カテゴリ:ブドウ UVA > 成長過程 Crescita


ひゅーひゅーと近い距離で空が唸る。

何だろうな、胸騒ぎまでもする。



私は、たくさんの計画や予定を練りながら

その日、ブドウ畑のブドウの枝を縛りつける作業をしていた。

道路から離れ、騒音が流れてこない。

むしろ、人の声の方がよく聞こえたりする。


DSCN1162


金曜日、街は学生でごった返していた。

それは、イタリアだけでなく世界中で。

スウェーデンの女の子の意思は、世界に伝わったようだ。

私なんか何十年もかけて形を変えて訴えているのに

ほんの少ししか振り向いてくれなかったイタリアのあの頃。

おかしいな、と気付き始めた頃には

同じくおかしいなと感じた人はいた。

この運動の成功は、スウェーデンという国だったこと、学校も

そして、そんなことをしている子の親が反対しなかったこと

勉強より、地球の変化を訴える行為を賛成してくれたこと

私は、ストライキした環境は大きく左右したと思う。

世界中の若者は、温暖化やプラスチック、環境汚染

蓋を開ければもっともっと言いたいことはいっぱいある。

ニュースを見ながら、私は涙が溢れ出た。

私の胸騒ぎは、これだった。

私が言いたいことを全て言っている。

涙がこぼれるほど、体は熱くなった。

世界の次世の若者たちの団結力に心を打たれた。

彼らはこれからを生きる者たちだ。

そして、これからを継承していく者たちだ。

私だって年を追っていくけれど、子孫のために残していきたい。

私は、いつだって人が幸せでいることを望んでいる。

それは、狭い人間関係だけでなく、醜い金銭関係だけでなく

共存する空気と水と光と土と。


DSCN1174


何十年も前から訴えていること、自然を大切にしようよ、てこと。

きっと街にいるとどうやって自然を大切にしていいか

わからないかもしれない。

私は田舎暮らしを始めて、一番に思うことは

田舎に住もうと思ったことに幸せを感じたことである。

田舎に住むことは、不便だらけで大変なことのほうが多い。

田舎だったら車を持たないと生活に不便、が一番にあがるであろう。

我が家は、経済面の問題が一番だが

エンポリに通っているときも、私はバス通い。

畑に通うのも、自転車通い。

相変わらず、車一台でなんとか過ごしているのが

我ながらすごいと思う。

田舎に住んでいるメリットは

勿論開けた空に広い大地を独り占めできることであろう。

その広大な空間の中で、大気の音や虫の声

時間ごとの光の演出や雫の演出を観賞できることである。

それを一身に吸い込めること、一身に当たること

これは、街ではできないことである。


DSCN1186


しかし、田舎のデメリットは

自然は、開けたところに住んでいる我々から襲う。

そんないつ起きるかわからない怒りを余所に

稼業として畑を耕す住人は、除草剤、化学肥料、殺虫剤を

ばら撒いてリスクゼロに生きる。

土のバクテリアも草の益虫も池の純度もみな殺しである。

それらを原料に、加工した食品は、化学の旨みを生み

長い保存力でリスクゼロの営業をする。

その化学食品を閉じ込める万能なプラスチックは、リスクゼロ容器。

万能だから解けない。生分解しない。

ついに、ごみの売買も世界で行われ

貧しい国はごみの山と海となる。

ごみたちは、無口な自然に放たれ

無口な生物たちは、ごみによって窒息していく。

ごみだけではない。工場や車の廃棄ガスなどの空気汚染。

家庭からも排出される水質汚染。

暑いから、熱さを外に排出し室内へ涼を送り込むシステム・・・

限が無い。

これらは、便利を生むが公害となる。

経済は回るだろうが、元に戻せない環境を生む。

フツーの一般市民がそれでは間違ってると気が付くのに

選ばれた頭の良い、そして開発に関わる方たちは

ちっぽけな私みたいな疑問はこれ一つ浮かばないのであろうか。


DSCN1180


バイオダイナミック農法のブドウ畑では、緑肥で土を肥やす。

マスタード、グリーンピース、オオムギ等々を11月に蒔く。

大抵四月頃から花が咲き始めるのだが

今年は三月も始め、もう咲いている。

農主は言う。

水不足だと花が咲くんだよ。

花を咲かせることで、サイクルを早ませている。

あぁこれ、今回のオリーブ(2018年の収穫)と同じだ。

湿気はあったが大地の水不足の影響で、実の成熟が早かったこと。

本来の栄養分が届かないとサイクルを早くして

栄養を食い尽くして寿命を早めるのである。

これが自然の法則なのである。

これ、人間にもいえるし、地球にもいえる。


DSCN1166


地球の温暖化も何もかも、人間がつくりだした結果である。

大人たちよ、ビジネスより自然と自分を守ろう。

だから、私は若者たちの無垢な考えや気持ちに耳を傾ける。

少年の行動や意見からも学ぶことはたくさんある。

まだまだ汚染されてない新米だから。




*私がセレクトした過去の関連記事Best 3 Archivi Selezionati

女のブドウの涙 Pianto

再生した壷たち lamia arte povera

地球と体を守る会 パート1:農薬による危険性



Grazie di aver visitato!


最後まで拝読していただきまして、ありがとうございました。



にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ


Instagram
 ≫≫≫ obatamakivincirealmakici




私はブログの中で

バイオダイナミックワインという呼び名で統一してるが

言う時に言い辛い。


フレンチとイングリッシュをドッキングさせた

ビオディナミワインの方が言い易い。


しかし、農法を言う場合

ビオディナミ農法よりバイオダイナミック農法だと

ワインだけではなく農作全般に聞こえる。


日本語だけが複雑なだけで

イタリア語はBiodinamicoビオディナーミコひとつなのである。

フレンチもイングリッシュも国の言語で言われているであろう。


ネットで日本語検索してみると

ワインはビオディナミワインの方がメジャーのようである。


今後、ワインはビオディナミワイン

農法は、バイオダイナミック農法で表現しようと思う。


それにしても、フレンチ風ビオディナミワインが

お洒落のアイテムだけにはならないようにしたい。


DSCN1249

先日、ワインアドバイザーが我が農主のワイナリーに訪れた。


私は、栽培アシスタントだから、畑を見せたい。


しかし、農主は、先に試飲をしてもらうよう図った。


環境を見せてワインを想像させるより

ワインを試飲させて、環境を想像させたい、という。


アドバイザーは、トスカーナのビオディナミワインの

取材をしているようだった。


長年のソムリエ経験、多数の講座経験

そして、ビオディナミワインにとても精通で

二社の12本のワインを

一本一本丁寧に評価してくださった。


DSCN1212

アドバイザーは、試飲用に、白いお茶碗をご持参なさっていた。

それも、底に工夫がされていた。


農主が用意していたワイン用のグラスは使わなかった。


古代から造られているワインは

その古代の人々は器で飲んでいた、と。


グラスができたのは
50年前


本物のワインの素質は

古代風シンプルな器で、コミュニケーションしたい、という。




味覚のコミュニケーション。


ビオディナミワインは

栽培も醸造も貯蔵も瓶詰めも全て

地球に存在する生体力を使って造る。


生体力を
4つのエレメントに分けると

火・地・風・水


ワインアドバイザーは

その古代風器で、味覚のコミュニケーションの後

生きるビオディナミワインのエナジーの説明をし始めた。


下へ引く地の力の強さ


上へ抜けるような風の力


両脇に引かれるが真ん中の力が抜けている、とか。


セメントの貯蔵について


発酵後のブレンドについて


樽の大きさについて


接木について。




味覚は、人それぞれでいいと思うから

その人が美味しいと感じればそれでよい。


しかし、ビオディナミワインの生きるエナジーを認識して

言葉に表現して下さる方は、初めてだった。


農主ももう一社の仲間も稀な体験だったのではないかと思う。


DSCN1219

私は、早速家に帰って

前にメディチ時代のお祭りで

(Festa Medievale a Malmantile)

手にしたテッラコッタのコップを引っ張り出して

我が農主のビオディナミワインとコミュニケーションを試みた!


味は至って美味しいのだが

テッラコッタの温かみで

大地を感じるワインを鑑賞することができた。


DSCN0117

アドバイザーは、より自然に近いワインを求め

講座などを通してたくさんの人に紹介しているそうだ。


我が農主のワインを


誠実さ、地に足がついた安定感と自信


自然の包容力を感じる本物のビオディナミワインだ


と評価してくださった。


とても頼もしい評価である。


アドバイザーも、ビオディナミワインは

Demeter認証のDemeter式の認知だったが

我が農主の現代バイオダイナミック農法には

証明書が出せるほどの30年の経験

独自流の技術者がいることを知り

とても興味をもたれたようであった。


DSCN1137

農主は、言う。


私はいつやめてもいい、年金者になったから。


でもブドウへの情熱は捨てられない。


私は生きるためにワインを造らずに済むから

パッションでワインを表現できる。


ビジネス工作の邪念なしにできて私は幸せ者だ、と。


そんな農主の小さなヴィンヤード
(ブドウ畑)を歩けて


毎日毎日パッションの生きるビオディナミワインが飲めて


私も幸せ者である。





*私がセレクトした過去の関連記事Best 3 Archivi Selezionati

ご褒美とギフトにバイオダイナミックワイン ViniBiodinamici 2018

ブドウの果皮のちから Rimontaggio

ブドウの収穫その2ノ2 Vendemmia2016



Grazie di aver visitato!

最後まで拝読していただきまして、ありがとうございました。




にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ


Instagram ≫≫≫ obatamakivincirealmakici



ニョキニョキ生えた腕たちは

Sostenere


フワフワとダンスをし

Fermare


風に揺られ

ci siamo


つかまり

Non arrivo


支えて

Accidenti!


悩んで

di quà


決めて

Fammi pensare


停止する。

dove dove


*オススメ関連記事*

カテゴリー【ブドウ】【Vinciの空】 

ブドウのダンス Viticci

ブドウのあくび Scacchiatura

食後のサマータイム DopoCena

一日の終わりの姿 Fine Giornata

ありがとうGrazie↓

一年を通して、ブドウを見つめる。

Armonia

『Armonia ハーモニー』


生れる春


生きる夏


捧げる秋


蓄える冬

Cadere

『Cadere 透ける』


一年が彼女たちの人生ならば

あっという間の時間を生きなければいけない。

Ciullare

『Ciurlare 残りのブドウ摘み』


ブドウは、ボクではない

ワタシと表現したい。

Colorarsi

『Colorarsi 色付く』


イタリア語も

樹も実も葉も女性名詞である。


La Vite一本のブドウの樹


L'Uvaブドウの実(複・単)


La Foglia一枚の葉


Colore d'ITALIA

『Colore d'ITALIA イタリアカラー』


彼女たちは

子を産み

世話をし

世に尽くす

Fine

『Fine はじける』


次なる時代へ

最後のエネルギーを振り絞る。

il mio braccio

『Il mio Braccio ワタシの腕』


すると、カラダが透けてくる。

Luce e Ombra

『Luce e Ombra 光と影』


どんなに天候がおかしくなっても

日や月の傾きは、変わらないようだ。


Nascondino

『Nascondino かくれんぼ』


日や月の傾きによって

彼女たちは、変化する。


Risultato

『Risultato 結果』


透けて


輝いて


枯れて


落ちて

Rossa

『Rossa 赤いオンナ』


彼女たちの姿は

ワタシたちの姿と

同じに見えて仕方がない。

sono Qui

『Sono Qui こ・こ・よ

そう思うと

ワタシたちオンナって

Svanirsi

『Svanirsi 抜ける』


オンナのホルモンって

Tutti Insieme

『Tutte Insieme みんなと』


ステキ過ぎる。

va Trasparente

『Trasparire 透けていく』


*オススメ関連記事*

カテゴリー【ブドウ

ブドウのダンス Viticcio

ブドウのあくび Scacchiatura

一肌脱いだ果皮たち Svinatura

ブドウの果皮のちから Rimontaggio

ブドウを摘んだら Fogliedi Uva

ブドウの木の紅葉

ありがとうGrazie↓


人気ブログランキング





私たちは水を汲みに行く。

Vinciヴィンチの山Montalbanoモンタルバーノへ。

夏の水汲みは頻繁。冬の水汲みも面倒でも行くが、夏はもっと。今年はもっともっと。

Muove l'acqua


イタリアの夏は乾燥していても、暑けりゃ汗をかく。体の熱りと発散で、知らずとカラカラに気付く。これで涼しいところにじっとしていると、夏の代謝で発散しなければいけないモノが溜まり、炎症を起こす。


手術後のエコグラフィーで、欠けた水分補給を指摘された。怠けているとすぐ体に出る。また酷い炎症になっては困る。自ら病気を起こしているようなものだ。また反省。

Dintorno alla Fontana


一人一日
2リットルの水分補給が必要なんだそうだ。家族3人、計6リットルの消費を計算しなければいけない。

Acqua Potabile


水分補給に癖がない私は、水を薬だと思って気を配って飲んでいる。

水を飲めば、便通も良くなる。便だって内臓フィルターで漉したいらないモノ。排出しなければいけない。

Mamma e Figlio sull'Acqua


水を飲むことが体の調子を整えることの一つ。

水頼みで、この暑い夏を乗り切ろうと想う。


***************


ブドウの樹は、地下の水から自ら補給する。

Chiantiキアンティ地方の葡萄酒用のブドウは、灌漑が禁止されている。

一年目に植えつけた樹だけ灌漑が許される。

Uva Bianca


私が手伝うバイオダイナミックワインを手掛けるブドウ農園の畑のブドウの成長を観察に行った。

Canaiolo


この日照りと猛暑でも、ブドウはきちんと育っていた。

確かにMostoモスト(ブドウの果汁)の量は期待できない。

が、健康なブドウの収穫と濃厚な美味しさは期待できそうだ。

このまま日照りが続くと、収穫は早くなるだろうと農主は言う。

Vermentino


バイオダイナミック農園は、自然を尊重する。

ブドウの葉を残す。

葉が呼吸をし果実を守る。

葉が栄養素を摂り循環させる。

果実に水分が足りなくなると、葉の水分から補給する。

Assaggino


もう
Vermentinoヴェルメンティーノ(白ブドウの一種)なんか、甘味を感じる。

わ~~、美味しい!

少年も収穫を楽しみに待っている。


***************


ヴィンチの丘のポッと口を開けたような八月の満月は、メラメラと黄金色で大地を照らしていました。

Luna Piena agosto 2017

*関連記事*

カテゴリー【暮らし】【】【ブドウ】【ハーブ

ボクのカクテル MOJITOanalcolico

水を飲むのだ Acqua

水汲み Fontana

ブドウを摘んでから Foglie d'Uva

ありがとうGrazie↓

↑このページのトップヘ