三つ目のオリーブ畑は、年の暮れに依頼された、Cerreto Guidiチェッレートグイディ(Vinciヴィンチ村と5km離れた隣町。フィレンツェ県)のちょい外れにある広々とした眺めのイイところ。

Olivi e Susine

この辺はまた、我が家の周りと違う品種のオリーブが植えてある。興味津々。

今まで紹介した畑は、Leccinoレッチーノ80%、Pendolinoペンドリーノ20%の割合で、オリーブオイルの味わいもまろやかタイプ。

こちらの畑は、GremignoloグレミッニョロFrantoioフラントイオいう品種だそう。実りが遅く、辛味が効いたタイプ。

私は、Frangituraフランジトゥーラ(搾油)毎に容器を分けているので、2倍の楽しみが味わえる。

Oliveto

農薬栽培だったか、剪定の回数、収穫の出来、病気(Rognaローニャかさ病)があるかなどをチェックしたり質問したり。

一応、Biologicoビオロージコ(有機栽培)でケア&メンテナンスをしてきた様子なので、引き受けてみるか。肥料はともかく、殺虫剤と除草剤を使っていないことは鉄則。

Vista dall'Oliveto

剪定士が二人いたようだ。剪定ですぐわかる。かなり欲張り剪定。

目指せ!量より質。空間をつくる剪定が基本となる。

剪定士が変わるとさらに大変。コンセプトが変わるから。

Fine Giornata

日に当たりながら汗をかく全身運動。

Dopo la giornata una Birra

一日の終わりは夕日を眺めながらビールで一人乾杯。

Potinaポティ~ナ「あ~~~お疲れ~」独り言。



*関連記事*

カテゴリー【オリーブ

オリーブの収穫2015 ←畑の管理の話が。

オリーブオイルを試飲する

オリーブオイルの保存

オリーブの木の剪定

日本人女剪定士Corso di Agriformazione

オリーブ剪定士 Potina

オリーブの森Bosco degli Olivi←畑の管理の話が。
 

  ↓ありがとう↓


 人気ブログランキング