大地の住人 ヴィンチの丘で

地球と体に優しいコト ~イタリアから~

フィレンツェの端っこレオナルド・ダ・ヴィンチのふるさとヴィンチの丘に在住。 大地の自然たちと向き合って地球と体に優しい様々なコト、発見・提案・発信!

カテゴリ:Vinciの空 Cielo > 春 Primavera

DSCN9984


前は

私たちがこんなに自由だったなんて気が付かなかった。

規則って実は私たちのモラルの表現だったんだな。

個々にもつモラルが違うから、統一していただけなんだ。

どの空港からも分刻みで飛行機が飛んで、いつでも旅行ができて

一人一台は持つだろう自家乗用車で、いつでもドライブして

気分転換に素敵な宿に泊まって

面倒だから外食しちゃって

旬のものなんか他所にグローバルに世界のものが手に入って

思いついた時にショッピングして

毎日の意志通りスポーツトレーニングして

いやいやだけど友だちに会えるから学校に行って

自由に歩いて天へ向かって草の上で寝っ転がって

時代の異なる家族と寄り添いあって

友たちと乾杯して

私たちの挨拶や気持ちを体で表現して

・・・・・

人に寄生するコロナ菌は、私たちの自由の温もりで繁殖した。

私たちの無薬な退治と予防は、ただただひたすら離れることだった。


DSCN9924

今は

私たちの自由は家という箱の中で

核家族と、もしくは一人ぼっちで過ごしている。

時間がないほどつくれないほど、過剰な自由に追いつかなかったのに

箱の中で残された自由を模索することになってしまった。

家族とゆっくり過ごす時間がなかったのに

急に24時間50日間以上も一緒にいるはめとなった。

今後の経済の行方に不安を持ち、節約しながら生活をする。

国からの補償は結局の所、食べる分だけっぽい。

私も食費の足し分のクーポンが自治体から届いた。

どれも自ら申請をしなくてはならない。

税金が戻ってくる方法は、受け取る市民も

わざと複雑にしてある仕組みを理解して利用しなければならない。

それは前と同じだ。そう簡単にはがっぽり娯楽費まではもらえない。

しかし、マスクだけはコロナ禍ピークを超えた頃から

じゃんじゃん手に入るようになった。

マスクを一度だけ作ったけど、もう作らなくてもいいかもしれない。

それから

オンライン授業なんていうとりあえず存在確認の授業は

少年少女もとりあえず定刻と暇つぶしの材料を与えられ

フワフワとカリキュラムをこなしているように見せかける。

宿題と言い訳しながらずっとネットが繋がっている。

スマフォじゃ目が危険!とPCをネットで購入しようと検索したら

どれもこれも売れ切れ。もしくは値段の選択ができない。

少年用SIMカードの乗り換えも時間がかかった。

家庭用Wifiルーターをつけない、必要としなかった我が家には

家族中のSIMのGiga数でデザリングしあう。

オンライン授業とオンライン宿題、オンライン友好関係は

とにかくネットとGiga命が現代っ子の生活で

コロナの標的は、距離に動じないヤングではない

まだまだ伝統と歴史と温もりを継承しようとする

大人たちであったことを悔しく思うが

これが現代に生きていくスタイルという発見なのであろうか。

小鳥が大声で鳴く天気の良い澄んだ都市の小さな空に目をやる。


DSC05193

それでもどこか都市と田舎ではコロナ禍に温度差があった。

箱の中で核家族が四六時中いるのとは違う。

私は、平日ブドウ畑で作業して、週末オリーブ畑で剪定をした。

夫も、平日派遣農業して、週末自分農業をした。

雨の日が家族のホンモノのロックダウンであった。

でもいつもの雨の日であった。

週末には景気付けにBBQをしてコロナをあざ笑った。

地面にはマルガリータやタンポポが一面に咲き

まるで天国のような庭には、減少しているというハチが集まり

いつもの春といつもの晴天であった。

少年は気晴らしにサッカーボールを蹴り、オリーブの木にあたり

いつものように怒鳴られ、そして何も変わらない。

私たちは、今までも週一の買い物だったし

田舎暮らしをはじめてから、旅行はあまりしないし

おじいちゃんおばあちゃんがいない子育てをしてきたし

子育てを優先して仕事もいつもボチボチで近所だったし

農薬反対エコ生活を意識しはじめ、手つくりは得意だったし

だから家にいても苦にならないし

もっともっと作りたいものいっぱいあるし

雨が降らないからロックダウンできずに何もやってないし。


DSCN9942

少年が長い夏休みに入った感覚と、一緒にどこも行けないこと

少年が体の分身のようにスマフォ持ち歩いて引き籠った生活が

コロナの大打撃のような気がしてならない。

イメージだとのびのびした田舎暮らしなのに少年だけそうではない。

200M の距離は歩けるけど、逆に一人が怖い。

ときにポリのヘリが飛んでいてこちらを見ている。そんな気がする。

トスカーナ州は外出時マスクをつけることになったけど

誰もいないのにマスクをつけるのはバカバカしい。

外出がコロナの恐怖より罰金の恐怖は田舎暮らしにも縛られた。


DSCN9954

感染症の学びの40日間の隔離がとっくに過ぎ

Tvニュースで、先を行く武漢の人々の外出シーンを見せつけ

フェーズ2での注意事項がジワジワと報道され

我ら一般市民も期待を胸に膨らませた。まるで明日からのように。

そして、気は早く、コンテ首相が国民に向けて

5月4日からのフェーズ2を発表した。

その様は、やはり教授だった。Si, prof.!

あぁ、やっと外出自己申告書を携帯せずにちょっと歩ける。

しかし、まだ州内での移動のみ。

「ここで気をつけてくださいよ!マスクは絶対です。」Si, prof.!

マスクはお手製のオシャレオリジナルマスクでもOK。

少年よ、もうビクビクしないでお母さんがいる畑に遊びにおいで!

ヴィンチ村にも行っていいよ。

少年もマスクして、1メートルの社会距離ね。

ボクもマスクwと大人の仲間入りしたようでニヤッとした。

ジェラート屋さんはまだ営業休止。もう少しの我慢。

サッカーの練習もまだまだだな。

次のステップは、5月18日そして6月1日と

2週間毎に緩和され、徐々に平常に戻す設定だ。

そうこうしている内に、季節は変わり、春から夏へ突入しそう。


DSCN9966

後は

私たちは、コロナで何を学んだか、各々にあるであろう。

コロナを研究している人たちが、なぜ感染症が起きちゃって

どんなところが拡がりやすくて、どんな病気で

どう対応するべきか発表して

そんなレポートもたくさん見たし読んだ。

どれもこれも結局の所同じことを言っているようだ。

やっぱり、私たちの生活スタイルと地球との関わりはとても深く

私たち自由の欲望は強すぎて速すぎて

ゆっくり進む自然のサイクルと比例していなかったことが

このコロナであからさまとなったのではないかと思う。

私が、生活において地球と体に優しく生きようというテーマは

コロナで改めて思い知らされ

鞭を打つように生活を見直すべき、それは

買う度に、これはどこで何からつくられているのであろう、とか

移動する度に、どのくらい消費をしているのだろう、とか

食べる度に、均等な栄養がとれた食事をしているのか、とか

考えて生活していくことが大切だったんだよな、とつくづく想う。

消費者は、このシンプルな家にいるだけロックダウンと同じく

シンプルに物事を考えて行動して我慢することに慣れることが

実は私たちのできることなんじゃないかな、とシンプルに想った。

生産者は、お金儲けのことばかり考えず

見えないコロナが生まれるように

見えない自然の声を察知しながら

私たちの地球と体を守った商品を生産するべきなんじゃないかと

私は、前も今も後も、願い想うのである。

ただ商品を生産を目的とするだけではなく

生産をAからZまでデザインすることが

今後のビジネススタイルなんじゃないかなぁと夢を抱く。

持続可能なサスティナブルビジネスを

シンプルイズライフのその中で

魅力ある個性的な私たちのライフスタイルを

常に地球と体、今と未来を繋げながら生きていきたい

と、そうポジティブに見つめたコロナ学びでありました。


DSCN9970

今日もこんな夕日と出会えて幸せです。

こんな新月からの細い三日月と金星の光を浴びれて幸せです。

あの日、細い三日月はそのままの形で赤く西に沈みました。



*私がセレクトした過去の関連記事Best 3 Archivi Selezionati*

親愛なるスクールよ Dolce in forno

北風と太陽と春 Capperi di Tarassaco

飛行機雲のない空 i fiori di equiseto


Grazie di aver visitato!

最後まで拝読していただきまして、ありがとうございました。




にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ


Instagram
 ≫≫≫ obatamakivincirealmakici


DSC05179


皿洗いで使ってるゴム手袋に穴があいた。

いつものことだけど、ストックは無いしすぐには買いにいけない。

だからゴム手袋ナシで皿を洗っている。

コロナが我が家に侵入した感はないけれど

少年に手洗い習慣の特訓中で

(自分で汚れを感じないから面倒みたい)

私は模範としてこまめに手を洗う。

(目に見えない敵なのだ!)

(といっても、野外活動中は手も洗わずもしくは水で簡単に

平気で木になっている実をもぎ取り手で拭いて食べたりしている。

野外ではエニマル化する家族である。)

洗剤もエコだし、石鹸は自家製だけど

やっぱり手が荒れる。

どこかで読んだな、手が荒れていると菌が入りやすいって。



DSC05198


そこで、オリーブオイルクリーム!

自家栽培オリーブオイルに蜜蝋(濾されていない

ヴァージンなものだとプロポリスなどの成分が残っている)

リラックス効果のあるリンデンハチミツでつくった

自家製ハンドクリームが大活躍。

ハチミツがなければ蒸留水だけでも大丈夫。

こんなにシンプルで万能な古代のガレノスコールドクリーム。

蜜蝋を塗りつけている感じなので、荒れた部分を埋め

ツルツルになる。

2,3日も塗っていれば、クリームが必要なくなる。

私は、目の下に塗ることもあるし、唇にも塗ることがある。


リンデンハチミツ入りColdCream con Miele di Tiglio

風にも負けない元祖ColdCream



DSC05190


手が荒れ出した頃、政治もほんの少し荒れ出した。

経済措置や今後の経済や雇用に関して

給付金が少ない&遅い

不安だらけの市民はいてもたってもいられない。

私も日本に1ヶ月強帰国すると

3週間後ぐらいから猛烈に不安が襲ってくる。

なぜって、消費ばっかりしてて収入がないからである。

オーストラリアに長期滞在しているときもそうだった。

収穫までの間じっと実の成長を待っているときもそうだ。

収入に確実性がないと不安になってくるのは当然である。

右翼の政治家がコンテ首相と対立意見だった様子で

TVに向かって市民を間に挟んで意見を交換している様が

なんだかこっちは不愉快な気分になった、正直。

そちらで十分に話し合って

一番よいだろう判断を国民にお知らせください

と、小さな部屋でTVに向かってぶつぶつコメントをしている市民は

反対派がいるから政治なんだよなぁ

そう簡単には物事うまくいかないさ

と、イタリアのスピード感のない話し合いにまた肩を落とした。

いつものことだけど。

経済対策には弱いんだよなぁ。

命や人権を守ることに関しては一番強いんだけど!

コロナ感染の危険以上に経済不安が高まった今

それでも油断は禁物、警戒は引き続き持ち続けたいそうだ。

前にコンテ首相が国民に伝えていたように

二度緊急事態宣言は出せない、と。

しかし、不安になる生き物は、1ヶ月以降は苦しみと化していく・・

けどさ

ストレスにならないよう発散していこう。

発想の自由だ!発想の自由。それはアイデアなんだ!

と、自分に言い聞かせて・・・。



DSC05081


ロックダウン下のコロナ対策は、結局の所

よく寝て、いっぱい水を飲んで、栄養のある旬のものを食べて

適度にエクササイズをして、ストレスを溜め込まないように工夫して

病は気からならぬコロナは気からにならぬよう

それを持続可能なサスティナブルライフが

長期戦コロナと戦う、人ができることの基本なのではないかと思った。

人と人を引き離すだけではない、不安まで襲うコロナ。くぅ・・



DSC05176


そんなコロナ禍に荒れ出した世の中で

日本の友たちと、今日何やっただの子どもの話だの

LINEで報告しあうことが増えた。

なんだか可笑しい。

私もアナタもみーんなヒマw

やることはそれでもいっぱいあるけれど

こんなに距離があっても、コロナで閉じこもりが共通点。

子育てで共通点とかあるけれど

パンデミックが共通点となるとは。

家にいて親子で元気にしている様子が安否確認。

案外、SNSに投稿する友の日常も安否がわかってホッとする。

メッセージのシメの言葉は

「さて今日は何をしよっかなー。」
www



*私がセレクトした過去の関連記事Best 3 Archivi Selezionati

そのままのワタシHo icapelli bianchi

オリーブオイル石鹸Saponeall'Olio di Oliva

オリーブオイルの保存と管理L'oliosta nel buio



Grazie di aver visitato!

最後まで拝読していただきまして、ありがとうございました。




にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ


Instagram
 ≫≫≫ obatamakivincirealmakici

DSC05129

少年が起きてこない。

起こしに行った。いつものことだけど。

「あぁぁ、今、起こさないでぇ。イイ夢みてるの。」

「へ~、どんな夢みてるの?」

「あーん、嫌だ、寝かせて!」

「え、え、でもさ、夢ってすぐに言わないと忘れちゃうんだよぉ。」

「みんなでビーチに行ってる。」 そうなんだ、誰と?

「みんな。」 お母さんいる?

「うん、お母さんいる。お友だちもいる。みーんな。」 何やってるの?

「Festeggiare(お祭り騒ぎ)してる。」 何の?

「コロナが終わったから。」 そうなんだ。

それはイイ夢だね。もうしばらく夢の中にいさせてあげよう。



DSC05108

ヴィンチの丘は、春がとっくに来て、地面の花は咲き乱れ

藤棚のフジは咲き乱れ、ここしか花がないかのように

ハチはやってきて飛びまわり、貯めてある雨水を吸っていく。

よくみるといっろんな種類のスズメサイズの鳥たちもやってきて

パンくずつまみにきたり、こぼれた種をつまみにきたり

刈った草まで持っていってる姿は巣でもつくるのかな。



DSCN9897

パスクアの日(Pasqua/復活祭/イースター)

閉じこもりなんてしていられないほど天気が良かった。

私たちは、肉を焼いて、スキアッチャータを焼いて、ポテトを焼いて

アボカドサラダにタンポポの莟の塩漬け混ぜて

農主のビオディナミワインで乾杯した。

ボクも、とG.A.S.で購入したBioのリンゴジュースを持ってきた。

よし、乾杯~。

いつもの三人じゃなんだかつまらないんだけど、いつものことだから。

なんせ今日、三人揃ってランチを外で食べている。

眩しい・・とか、暑い・・とか、必ず文句が出てきて

ハッピーエンドに終わらない家族で(いつものこと)

最後に外に残っているのは私だけ。

結局食後家族バラバラ、私はサマーベッドの上で昼寝した。

あぁ、気持ちよかった。

少年に「夢の続きはどうだった?」と聞くと

「お母さんが何回も邪魔したから続きが見れなかったよ!」

何度もあのシーンに戻ろうとしたけどできなかった・・・と

残念そうに言う。ごめん。



DSCN9903

パスクワの日Tg(TVのニュース)で

ロックダウン下のイタリアの街の一人パスクワを取材していた。

そういう人はいっぱいいただろうな。

だからクリスマスやパスクワなんかに家族が大集合するんだもの。

私も季節の行事に合わせて実家に帰っていた。

それができずに、友だちとも会えずに、外にも出れない。

一人暮らし時代を思い起こした。

イタリアではマンション内で手作り料理をエレベーターで送りあったり

テラス越しで隣人と乾杯しあっているほっこりシーンであった。

人がいるから笑えるし、人がいるから悲しむんだよね。

人のために仕事して、人のためにお金を使うんだよね。

自分のためのようで、人がいるから自分が成り立っているんだよね。

人が繋がるから社会なんだよね。

日本の一人暮らし時代のあのマンションでは・・・

そんなことが起こりえるかなぁと疑問が湧いた。大昔だけど。

隣の人の顔は知らなかったし、誰が住んでいるかもわからかった。

こんなに人が近くにいるのに寂しい環境だったよなぁ

と今更ながらに思い出した。

もしあのときロックダウンになっていたら。

そんな風に置き換える時代がいくつかある。

もしあのとき・・・。



DSCN9905

時代を置き換えることもできるが

終息後の未来も想像しなくてはいけない。

そして、その前になぜ感染病が拡がっていったのか。

過去の自分はどうだったのか。

ちっぽけな私が立つ地球はどうなのか。

ロックダウンで何に気がつき何を学んだのか。

考えることがいっぱいある。

この時代に生きて、これらも考えずに簡単に忘却して

終息乾杯はなんだかできない。

今、だからいっぱいいっぱい考えたい。

一人で考えたい。

静かに考えたい。

生活しながら考えたい。

そして、思い出したい人との繋がりを。



DSC05152

近頃、こうやって振り返るドキュメンタリーやレポートなどの

番組や記事、本までもが出ている。

納得することがいっぱいあるし、人の言葉や考え方によって

気付かされることもいっぱいある。

とても刺激的でむしろポジティブになりやすい

厳しい考え方や明快なもの語り。

過去の忘れたくないこともあれば

過去を繰り返してはいけないこともある。

未来に生まれてほしいこともあれば

未来へ続けてほしいこともある。

まだ私には記録する自信がないからまとめないけど

そんなことを考えながら春を過ごす。

サマーベッドの上で、春の香りと春の音を聞きながら。



*私がセレクトした過去の関連記事Best 3 Archivi Selezionati*

世代交代 ブドウの収穫 Vendemmia 2017④

天国という名の大地 Terra si chiama Paradiso

緑の中でお昼 la mia famiglia


Grazie di aver visitato!

最後まで拝読していただきまして、ありがとうございました。




にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ


Instagram
 ≫≫≫ obatamakivincirealmakici

DSC05055


日本の友たちが月を眺めていた。

大きく輝く満月だったそうだ。



DSC05046 (1)


私は7時間後同じ月を眺めた。

この日スーパームーンと呼ばれる月が観測される日だった。

私は月が昇る丘へ行った。それは東だった。

あぁ、いた。

暗闇になる前のピンクの空に浮かぶ白くて大きい丸い月が好き。

なぜか話しかけてきそなほど近くに感じた。

なぜか表情があるようにもみえた。

なぜか私だけを見つめているような気がした。

なぜか月が私を撫でようとしているようにも思えた。

とても不思議な月だった。

それとも私がそう望んでいたのか。



DSC05082


少年もやってきた。

少年も「あぁ、いた。」と言った。

少年もうっとり眺めた。

月が放つこの静寂はなんだろう。

月が放つあの抱擁はなんだろう。

月が放つそのエネルギーはなんだろう。

一瞬なんだけど、親子はハッピーな気分になった。



DSC05084


そして寝る前、外に出た。

あれから月は昇り、暗闇の中で煌々と大地を照らしていた。

わー、すごい月明かり!

親子ではしゃいだ。

夫も出てきた。

家族で月明かりの下で月を眺めた。

私たち三人の影がくっきり大地にうつっていた。

暗闇の中の月明かりに照らされた大地から

たくさんの生物が月を眺めているような気がした。

大地はまだ眠っていない生気が漂うのである。

大地を見るのがむしろ怖いぐらいだった。



DSC05089


朝、西に沈む月を見届けられなかった。

きっときれいだっただろうな。

美しい月が真上にいるときは寝なくちゃいけない。

よく眠れた。

よく眠れることはいいことだって。免疫力が上がるんだって。



DSC05056


満月に合わせてか、フジが満開だ。

少しずつ少しずつ藤棚の形にしている。

基本となる伸ばす枝を決めて、わんさか混み合わないように

そして自分たちで支え合えるように工夫している。うまくいくかな?

花が咲く枝は、ブドウと同じで去年生まれた

いわゆる2年目の枝の芽が花となる。ということがわかった。

農業士養成講座では習わなかったけど

どこか考え方は同じである。

わかんないと思わず、わかろうとする姿勢が

大事なんだって気がついた。

ラベンダーだって、ローズマリーだって、バラだって

習ってないけど、彼らの様子を眺めてあげると

どうしてここから生えてきちゃったの?という部分を見つけると

どこかで枯れようとしている箇所があったり

こっち側だけ元気だったり、去年剪定したところだったり。

たいてい植物は日に向かって伸びていく。

日に当たりながら生きていく。

だから下の方とか中の方とか混み合っているところを

きれいにしてあげると、葉っぱが生き生きしてきたり

またそこから生まれようとしてくる。

そして実になる芽や枝がわかってくると

これらを活かせる剪定ができるというわけである。



DSC05062


どの花もそうだけど、フジは香りが強い。

まだブラブラと莟の頃、強風で飛ばされちゃって

地面にフジの死体が倒れているようで少し悲しくなった。

開花に合わせて、満月もそうだけど、毎日晴天で

日がカンカンに当たる春陽気が続く。

日に当たると、私たちも汗ばんで体臭が出るのと同じなのか

フジも香りが増すのである。と気がついた。

その香りにハチたちがたっくさん寄ってくる。

大きくて丸くて黒くて羽音が低音の怖そうなクマバチ(?)も寄ってくる。

私が何もしなければ何もしてこないけど

性格がパワハラ的(?)で、自分中心で自分勝手。

どけどけー!って、ブィーンと我が夢中のミツバチくんたちに

体当たりしていくのである!

観察してるとおもしろい。

同じクマバチ同士で内輪ゲンカも垣間見る。

なにやってんだよ、オマエラ・・・とこちらは思う。

そういうシチュエーションを見てしまうと、人間も動物も虫も

生き物って同じだなぁ、なーんて思っちゃった。



DSC05065

DSC05059


ピッツァの生地でつくったホクホクスキアッチャータで

フジの下でお花見アペリ。


DSC05133


DSC05135

毎日日の丸のような日が沈んでいく。

こんな夕日をみるといつも日本のことを思い出す

やっぱりワタシハニッポンジン。

みなさんどうかお元気で。

この満月のあとの日曜日は、キリスト教は復活祭・イースター。

いつものことですが、ひっそり家族で

あるものでイースターランチをしようと思います。

それではひっそりBuona Pasqua。



*私がセレクトした過去の関連記事Best 3 Archivi Selezionati*

フジPucciにハチ Elegante Glicine

春うらら Buona Pasqua

大地の春・草・味 Erba Spontanea


Grazie di aver visitato!

最後まで拝読していただきまして、ありがとうございました。




にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ


Instagram
 ≫≫≫ obatamakivincirealmakici


日本語補習授業校では日本と同じく我が少年は中一クン。

授業でことわざを勉強しているみたいだ。

けっこう難しい・・というか、私もなかなか使わないことわざなんかも

ノートに書いてある。漢字と同じで、一度勉強しておけば

聞いたことがある、見たことがある、という期待だそうだ。

ことわざを使って文をつくりましょう・・・おうちでやってきてください。

これは私の宿題みたいなものじゃないか!


DSCN1626

近頃、ボランティア活動に時間を費やしている。

ボランティアとは、自ら進んで社会事業に無償で参加する人

とある。まさしくもそうである。

519日の異常気象現象対策のデモイベント

ヴィンチ村の隣村である。と前回の記事にもアップした。

そのイベント用に展示する作品を制作しているのだが

ボランティアである。

本来働いていないお金のない子どもたちの

その子どもたちの未来のためのデモなんだから

メッセージと私の時間を、私のできることとして参加したいと想う。

先日、そのイベントのチラシが刷り上ってきた。

それをイベントオーガナイザーが取りに行って

承諾をしてくれた自治体や学校、スポンサーに届けている。

私とも待ち合わせをして、ブドウ畑の中で受け取った。

こんなにいつも動いてて、これボランティアなんでしょ?

そうよ。金曜日も一日ボランティア活動。

ラウラは、SNSの配信もイベントのオーガナイズもG.A.S.の参加も

いろんなところでボランティア活動をしている。

どうしても地球と体を守りたい人間で、それは一人で想っていても

考えていても守れないと考える人だ。

私も同じ。活動しているメンバーはみんなそうだと思う。


DSCN1600

私のこのブログも地球と体を守りたいボランティア活動の一つ。

SNSやブログで時々共感してくださる方々が世界中にいる。

日本語でもイタリア語でも英語でもコメントを受け取り

日本語の文章だけではなく、写真でも表現できているようで

この世界の少数の方たちに、時間を費やして

メッセージを送っていることは、やはり意味があるようで

嬉しいし続けようと想う。

田舎暮らしはそうできることではないし

トスカーナの丘に住むこともそうできることではない。

大変なこともあれば素敵なこともある。

その生活の一部をバーチャル的に思考の一部に入れたらと想う。


DSCN1609

数年前、日本語補習授業校の役員をやったことがあった。

彼らの活動は、日本とイタリアのアイデンティティーを持つ子たち

を中心に、文化交流的な活動が繰り広げられているのだが

100人以上の生徒を守りスムーズにオーガナイズしていくのに

それは大変な作業があった。

常に補習校のことがグルグルと頭の中をめぐり

一人では決められないから、役員たちと相談し合い

私の時間と頭は、子どもたちにつきっきりという状況であった。

当初のメンバーが上手に運営していったおかげで

補習校はどんどん急成長し絶好調に達した頃であった。

毎度試行錯誤で、なかなかオーガナイズマニュアルが仕上がらない。

それは、子どもたちが楽しく補習校生活を送れるよう

保護者からのアイデアが出るからである。

フィレンツェ補習授業校はトスカーナ日本人会という非営利団体

の管轄となり、日本人会のイベントでも子どもたちや家族を

メインにイベントが企画され、彼らを誘導していかなくてはならない。

毎日毎日イベントのオーガナイズに加わり

役員とだけではなく、イベントに参加してくださる家族との交信も

ある。指示して、問い合わせに対応して、成功を祈って。


DSCN1632

きっとラウラたちは、こんな感じなんだろうな。

イベントを通して伝えたいこと

共感して集まってきた人たちに発信していくこと

持続すること、動きがあること

ボランティア活動とは常に想いを維持していなくてはならない。

時は金なり

ということわざが少年のノートに書いてある。

お金以上に時間は貴重である。

時間の過ごし方はお金には代えられないことがある。

自分の想いは自分の時間かもしれない。

ボランティア活動は、時間と想いで動くことである。

それには強い意志が必要でもある。

時には、出費していることもあれば本業を感けていたりする。

でも決めたことはやり遂げたい。

時は金なりを座右の銘とし、ボランティア活動をする

とでも少年に教えようかな。


DSCN1616

畑も、時は金なり。

大地は金なり。

お金に代えられない我がトマト。

そろそろ大地に独り立ちさせたいが、雨続きのヴィンチの空。

あの言い伝えは当たっちゃったかも。

Terzo aprilante quaranta di durante

四月三日に雨が降ったら40日間雨が降るって。

雨どころか山では雪まで。

ブドウもオリーブも全体的に成長がもぞもぞ。

オリーブの莟がまばらで不安が募る。

冬は冬らしく、春は春らしく・・・

異常気象警報。

五月にやっとCarciofo(アーティチョーク)

緑肥のグリーンピースでグリーンピースご飯。



*私がセレクトした過去の関連記事Best 3 Archivi Selezionati

子どもデモプロジェクトil mio progettino

大地と住人の井戸端会議 Fiori di Equiseto

もぞもぞ成長、BIOでいること Scacchiatura


Grazie di aver visitato!

最後まで拝読していただきまして、ありがとうございました。




にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ


Instagram
 ≫≫≫ obatamakivincirealmakici


↑このページのトップヘ