少年の長~~~い夏休みが始まった。

毎年親は、頭を痛めているのではないだろうか。

一人で行動させることができないイタリアは、どこに行くにも親が付きっ切り。

サマースクールに連れて行くのも親。

プールに連れて行くのも親。

お友達の家に遊びに行くのも親が連れて行く。

公園にだって一人では行かない。

子も親も疲れてくる。

それでも日は過ぎていくイタリアの夏休み。


私の食欲が少し出てきたのと、またワインをちびちび飲み始めたことから、夏休みを祝ってBBQバーベキュー

i rami di Olivi

春に剪定したオリーブの枝が炭火となる。

我が家は、脂ののったジューシーな柔らかいスペアリブを好まない。

脂の抜けたカリカリスペアリブを好む。

BBQは、全て夫の仕事。

スペアリブRosticcianaロスティッチャーナは、そのままかたまりを買う。痩せている肉を選ぶ。

縦半分に骨を切ってもらう。

焼く前に、余計な脂を取り除く。

塩をふる。

Rosticciana

焼く時、熱から遠い位置でゆっくり焼く。

何度となくひっくり返す。

脂が落ちる度に火が点くので、目が離せない。点いた火は消す。火で焼くと焦げるので、熱で焼く。

熱が弱くなってきたら、下の位置で焼く。

男たちは男たちでこだわりややり方があるようだ。

Buon appetito

肉を焼いている間、私は家のオーブンで、ジャガイモを焼く。

そして、サラダを用意する。

mangiare pulito

焼けたスペアリブは、手で食べる。

骨がキレイになるまで食べる。

Lavanda fine giornata

いつもと同じパターンだが、時々食べるからこれでいい。美味しい。

夕日を眺めながら、夏に乾杯。

Cielo di Vinci giu

*関連記事*

カテゴリー【Vinciの空】【食アレンジ】【暮らし

Vinciでお庭ディナー

IlPesto al Tofu con SHISO シソ入り豆腐ペースト

カリカリスキアッチャータ Schiacciatina


ありがとうGrazie↓


 人気ブログランキング