この間

やっと目覚めてあくびをしていると思ったら

もう、グビグビ背が伸びて

実のツブツブを付け始めた。


Sbadiglio

すると

手が出て、体を支えようとする。


その姿が、まるで創作ダンスのよう。


手を繋いでるようだったり


抱きしめ合っているようであったり


掴むようであったり


誘っているようであったり。


実は、大きな日傘の下から


舞台を見ているような。


Uvaウーヴァ(女性名詞、単:ブドウの実)

Viteヴィーテ(女性名詞、単:ブドウの樹)

と、ブドウは女性名詞が多いように

しなやかで、美しい。


Viticcio

そのしなやかで美しいダンスを垣間見ながら

ブドウの芽掻き作業Scacchiaturaスカッキアトゥーラをしている。


春夏の作業Potatura Verdeポタトゥーラ ヴェルデ(直訳:緑の剪定)

は、この芽掻き作業から始まる。


Rosina

ここは、こだわりの現代バイオダイナミック農法のブドウ農園。


初夏並みに暑い日差しの中


顔は日焼け止めクリームをぬって


長袖のブラウスと帽子を被って


腰には

傷口を平らにするための先の尖ったハサミと

下からニョキニョキ生えてくる野生の枝や太い茎が切れるハサミと


留めてある紐が解けていたら縛る

Biodegradabileビオデグラダービレ(土に返る生分解可能な)の紐と

その紐を結びつける小さな道具と


目覚ましをセットした携帯電話と

アレルギー対応の大量のティッシュ

が入ったウエストポーチを

つけて作業をしている。


水分補給は

ブドウの列の往復をやったら、飲む。

それまで我慢。


Pranzo nel Boschetto

あっ

こだわり農主が文句を言いに近寄ってきたww


「あー、ダメだ、ダメだ!もっと、もっと!」


なんですって!


もっと枝を少なくし、空間とバランスを創って欲しい、という。


勿論、次の冬の剪定のことを考えながら。


Borragine nella Vigna

私は、バイオダイナミック農法ではないフツーの農園にも

作業を手伝いに行ったことがあるが

大抵は、質より量。


わざわざ化学肥料を撒いて

実の量を増やし、実を太らせているから

実のついている枝を取り除くなんて、ありえない。


フツーの農園の芽掻き作業は

下の方から生えてくる実の無い枝を取り除くことと

野生の枝を取り除くだけである。

もしくは、やらないか

コスト削減に、他の作業と一緒にやるか。


Coccinella

こだわり農主は


一つに、空間を創って病気を防ぐこと


二つに、一本の樹から8~10房実れば十分

枝を少なくすることで

実にエネルギーが集中し、旨みが濃くなるという理論。


Bimbi

確かに、こだわり農主のバイオダイナミックワインは美味しい。


ブドウの旨みが味わえる。


それでもこだわりを控えた、値段も手頃な毎日飲む

Vino da Tavolaヴィーノ ダ ターヴォラ(テーブルワイン)

でも充分なくらいの美味しさ。


うん。

こだわり農主に従おう。

量より質だ!


Vementino

今年は

白ワイン用の品種Vermentinoヴェルメンティーノ

San Colombanoサンコロンバーノなどの

In Prezzaイン プレッツァ(単種100)

造りたいという。


Oooh・・ジュル。


っもう、聞いただけで、美味しそうww


だって、生のブドウが美味しいんですもの!


楽しみ。


aggrappare

今年は、ブドウの房が、一枝に一房しかなかったりする。


それは、昨年の夏の旱魃の影響かもしれないと言う。


こうやって自然のサイクルが、正直にメッセージを発信する。


無言で生まれ育つ植物たちを観察するということは

最低でも半年以上

私たちはメッセージに気がつかないこともある。


Dopo la Foschia

地上での作業で伴う傷口への負担が軽く済む

地下にエネルギーが集中する

Luna Discendenteルーナ ディシェンデンテの期間

大急ぎで剪定をする。


雨が降ったらお休み。


乾くまでじっとお休み。




人気ブログランキング


*過去の関連記事はこちら↓*

ブドウの芽掻き Scacchiatura

ブドウのあくび Scacchiatura

ブドウのダンス Viticcio


Instagram ≫≫≫ obatamakivincirealmakici



Grazie di aver visitato!

最後まで拝読していただきまして、ありがとうございました。