大地の住人は、Vinciの丘で風に晒されながら住んでいる。

すると、目の下なんか乾いてくる。

Vinciの春は、風が吹くと鼻の中に花粉が溜まる。

すると、鼻の周りは荒れてくる。(ティッシュで)

Vinciの風は、息もできないほど吹き荒れることがある。

すると、唇はカサカサになる。

Cold Cream

オリーブオイル石鹸Saponeall' Olio di Oliva』と同じく近所(gas millepiedi)の『G.A.S.ローカル興しのBIO商品』で、Cold Cream di Galenoレッスンが開催され興味深く参加した。


なんとまぁ、こんなに大昔からCold Creamが存在していたとは。

伝授していくことが、どんなに大切か思い知る。


Cold Creamは、ローマ帝国時代のギリシアの医学者Galenoガレノス(129200年頃)が創始者だそうだ。

コールドクリームの特徴は、油分と水分の合成と蜜蝋を使うことにある。

働きバチの蜜蝋が、私たちの荒れた皮膚を埋めていき、栄養までもが浸透し、使えば使うほど必要がなくなる・・ツルッツルになるのだそうだ。

たくさんのサイトで紹介され、いろんな混ぜ方や量の配分など多少変わるが、私はG.A.S.で習ったやり方で。

Cara d'Api Vergine

Olio di Oliva Biologico・・・55gr

 オーガニックオリーブオイル

Cera d'Api Vergine・・・25gr

 ヴァージン蜜蝋

Acqua Distillata o/+ Miele・・・Tot.20gr

 蒸留水もしくは蜂蜜(合計で20grになる配分で。)



鍋にオリーブオイルと蜜蝋を入れて、湯せんで温める。

別に蒸留水・蜂蜜を湯せんで温める。

蜜蝋が溶けたら、すばやく電動泡立て器で混ぜる。

 ②を少しずつ加え、すばやく混ぜ合わせる。



*「材料を温めること」と「すばやさ」が、きちんと混ぜ合うポイント。

ancora un po

こんなに簡単でいいのかと思うほど簡単。

Dopo Filtrato

勿論オリーブオイルは、自家栽培の正真正銘BIOオリーブオイル。

蜜蝋は、漉されてないヴァージンなものを使うことで、プロポリスも入っている。

蒸留水は、無成分なので腐らない。

蜂蜜を加えることで、さらに成分が増す。スイートな香りもつく。



化粧落としやナイトクリーム、手の荒れ・足のひび・・・

自分でつくる無添加クリームをつけて、自分の肌をツルッツルにしませんか。


*関連記事*

カテゴリー【アロマテラピー】【Bio商品】【ハーブ

オリーブオイル石鹸 Saponeall' Olio di Oliva

GASローカル興しのBIO商品

ラベンダーで自家製アロマテラピーLavanda


    ↓ありがとう↓


    人気ブログランキング