大地の住人 ヴィンチの丘で

地球と体に優しいコト ~イタリアから~

フィレンツェの端っこレオナルド・ダ・ヴィンチのふるさとヴィンチの丘に在住。 大地の自然たちと向き合って地球と体に優しい様々なコト、発見・提案・発信!

フィレンツェの住人は、必ず家庭に一人ずつ一枚は持っているだろう、時代の時代を重ねた伝統の食器、Richard Ginoriリチャード ジノーリ

☆ -Richard Ginori

今更私がごちゃごちゃ説明することもないほど、世界中に有名なRichard Ginori

Antico Doccia e Museo

シンプルなホワイトは料理が映え、イタリアでは人気が絶えない。

柄ものは、遊び心がありつつも、このエレガントさは、フィレンツェの≪時≫を感じさせる。

Lepidotteri -Richard Ginori

そんなフィレンツェの象徴でもある伝統のRichard Ginoriも、イタリアの大不況に見舞われ危うい状況に追い込まれるNewsを聞く度に、フィレンツェの住人はハラハラする。

Pinocchio Tea set

友人が働く*La Bottegucciaへ、複数のプレゼント探しに訪れた。

Regalo!

とても丈夫なRichard Ginori

Catene -Richard Ginori

エレガントなRichard Ginori

Palmette -Riciard Ginori

フィレンツェの時代を思わせるRichard Ginori

Contessa -Richard Ginori

思い出とならぬようヴィンチの住人もささやかに応援したい。

*La Botteguccia・・・Richard GinoriのOutlet Shop
Viale Giulio Cesare,19  
SestoFiorentino - Firenze


*注*↑の写真でご紹介した食器は、我が家の小さなコレクション。現在生産終了されているものもあります。


*関連記事*

フィレンツェ、住宅街のB&B

目指せ!フィオレンティーニ流Lampredotto


ありがとう↓

春よ来い、早く来い

Collina Coperta

おうちの前の ミモザの木

Mimosa Brillante

つぼみもみんな ふくらんで

Palline di Mimosa

はよ咲きたいと 待っている

Sole Coperto

*みいちゃんの「春よ来い」ヴィンチバージョン*

*****

久々に潤いが訪れた。

(大地)はカラカラだったね。

こんな気流は四季の変わり目かな。

早く、早く、春よ来い。


*関連記事*

カテゴリー【Vinciの空

凍る大地RespiroBianco

白の時間Oradi Bianco

一日の終わりの姿FineGiornata

落ち葉の上で

師走のはじまり

スーパームーンSuperLUNA

天空と気流


ありがとう↓

jpg

樹の皮、はがれた皮、生まれ変わろうとした皮。

自分のチカラで代謝したカラダの一部。

還ろうとした姿を私は飾る。

語るアナタをいつまでも見つめていたい。


jpg


Art from recycled paper

60 x 60 cm

Natural color and tint with caffè 

Cortex of Coconut / Mexico


*関連記事*

ミュージアム:古生物学 Paleontologia

ぬけがら とたまご Spogliee Rinascita

誕生のクリスマスBuonNatale


ありがとう↓

イタリアの四季は完成した。近年、四季のパズルに欠けてたような。

私は嬉しい。
寒の美しさ、寒の厳しさ、寒で生まれ変わるもの。

寒くてそれはそれで文句は言いたくなるけれど、寒さをしのぐことを忘れてた、私たち生物たち。

暖かい春よ、首を長くして待っている。

Legnaia

ヴィンチの我が家の暖は、薪つくりから始まる暖炉生活。

市街のMetanoメターノ(メタンガス)ではなく、田舎特有のGPL(プロパンガス)宅配ガスは高価な暖。

一刻も早くMetanoが通ることを祈るが、ここはイタリア。お金もなければ時間もかかる。

辛抱するのみ。

辛抱している間に人生だって終わってしまう。

だから工夫して生きていく。

辛抱に感けている内に小さな幸せだって生まれる。辛抱を家族で分け合い、小さな喜びを家族とつかみ合う。

Spacca Legna Manuale

薪は夏に、良い場所の良い樹を選んで購入する年もある

シーズン中の薪消費量は、50quintaliクインターリ(キンタル5000kg)くらい。

Albero Secco Tagliato

アルジのストレス発散とか趣味と化している薪つくり。

ガスを使っていれば気が付かないコト。

主の時間が家の暖をつくる。

キチンと並んで我が家の暖を待つ薪たち。

Rami Secchi

少年も暖をつくる心を学ぶ。

anche Ragazzo prepara

着火の元は、オリーブオイルのフィルターで漉した時のコットン。

Pezzetti Filtro per Olio di Oliva
Accensione con cotone di filtro per olio di oliva

ガラス張りの暖炉は、モーターで温風を送り出す。

そのガラス拭きは3~4日に一度する。洗剤なんか使わない。そこにある灰で磨く。ピッカピカに我が家も照らす。

Camino con Vetro- l'Aria Calda dal Motore

昨年の冬も今年の冬も来年の冬も、主の時間でこうして暖が出来上がる。

ありがとう、薪の主よ。


*関連記事*

暖が栗を呼ぶ Castagne Arrosto

水汲み

凍る大地

少年からの贈り物


ありがとう↓

日本でこんな屋台があったら、さぞかし儲かるだろうな・・・と本気で考えたこともあった。

Panino al Lampredotto Fatto da Me

Panino al Lampredottoパニーノ アル ランプレドットとは、茹牛モツのパニーノ。

シンプルなのに美味しい。シンプルなのに病み付きになる。

家でつくってみようじゃないか。

こだわってパンからつくってみる。

Tre Panini

牛モツを野菜と一緒に茹でて、自家製パセリソースをかけて、自家製ペペロンチーノオイルをかける。

Fiorentiniフィオレンティーニ(フィレンツェ人)に負けないくらい美味しくできた!



SalePepeSalsa VerdeSalsa Piccante e Pane Bagnato!」

サーレ、ペーペ、サルサヴェルデ、サルサピッカンテ エ パーネバッニャート

(塩、胡椒、グリーンソース、ペペロンチーニオイル、パンを出しに浸す)

ツーはTuttoトゥットと言えば、味付けを完了してくれる。


私のお気に入りフィレンツェのランプレドット屋台は

S.Ambrogioサンタンブロージョ教会広場からVia de Macciヴィア デ マッチ通りに入ったPadre e Figlioパードレ エ フィッリヨ(父と息子) ≪Pollini≫ポッリーニ

Pollini

私のもう一つの水筒は、バイオダイナミックワインさ。

ランプレドットに水じゃぁ味気ない。

Vino porto con me


*関連記事*

カテゴリー【食アレンジ

自家製パンLievitazioneNaturale

万能パセリソースSalsaVerde

PEPERONCINOペペロンチーノ
ご褒美とギフトにバイオダイナミックワイン Vini Biodinamici』 


ありがとう↓

貴重な自家製Lievito Madreリエヴィト マードレ(野生酵母菌を使ったパンの種)を自然派志向の友人からいただいた。(・・二度目である。)

Lievito Madre

パンを作るときに、この種を加え、こねた後抜き取っておく。その繰り返しだが、ある時抜き取りを忘れてしまう。

彼女も「私もよくあるわ~」と私のお願いを快く聞き入れ、作ってきてくれたのである。
意外と難しいLievito Madreつくり。私は失敗している。そんなことから依頼することに。

Lievitazione Naturaleリエヴィタッツィオーネ ナトゥラーレ(天然酵母)は、寒い冬一日はじっくり待って膨らませたい。

Prima di Forno

私は、Semintegraleセミンテグラーレ(全粒粉と小麦粉の半々)

最近、オーブンでの焼き時間もわかってきた。

ご飯炊き上がりの蒸らす時間ではないけれど、パン焼き上がり休ませる時間も大切なような気がしてならない。

Cotto

実は、ヴィンチ村に私の口に合うパンが手に入らないことから作る気になった。

栄養価のあるカボチャやヒマワリの種なんか加えて、リッチなパンに仕上げてみるか。

abbastanza cotta bene

自家製Paninoパニーノは歯ごたえある。

Panino

 
*関連記事*

カテゴリー【食アレンジ

カリカリスキアッチャータSchiacciatina

タマネギリング


ありがとう↓

Vieta Vinci
一月、冷たい空気は、ヴィンチの大地の寝息を凍らせた。

Oliveto

小さな寝息も大きな寝息も。

Valle vicino

水の寝息は円を描いている。

Pozza come Pianeta

土の寝息も凍る。

Respiro della Terra

生まれたいのちの寝息も凍る。

anch'io

落ちた実だって寝息は凍る。

e anch'io

静かに冷たく、静かに凍った。

Contro Luce

それでも寝息を溶かしに来る。

Chiappato!

つかまえた!


*********


朝、我が家の雨戸のないガラスのELDKの向こうの大地は一面白かった。でも雪ではない。白と大地は、格子になっていた。

あまりの美しさに、顔も洗わず外へ飛び出した。

あそことあそことあそこ・・・と美しく映し出すポイントの場所へ小走りで行く。

なんてキレイなの。

外はご機嫌な朝日で寒くない。

つっかけの・・鏡を見ないで飛び出してきた私は我に返り、髪の毛の乱れに気がついた。

少年が起きだした頃は、もう溶けてたさ。

魅惑的な朝の世界。

この時間が楽しみで早く起きる。



*関連記事*

カテゴリー【Vinciの空

白の時間Oradi Bianco

一日の終わりの姿FineGiornata

落ち葉の上で

師走のはじまり

スーパームーンSuperLUNA

天空と気流


ありがとう↓

『節約・創作・満足』

小さな格子。 

アッシュグレーな髪に合いそうだ。

Béret 

二重にして和風ショールはカッチリと防寒。

Scialle 

便利なサイズのショルダーバックはシックにもカジュアルにも。

Borsa a Tracolla 

バックは肩・肘・手、腕にはまる。

Borsa 

白の合間に見える空。

Tarassaco col Sole d'Inverno
 


*関連記事*

カテゴリー【衣アレンジ】【作品

新月の黒・冬のお裁縫 Colore di Novilunio

お裁縫・秋服2016

お裁縫・秋カバン2016

お裁縫・夏アクセサリー2016

お裁縫・夏カバン2016

お裁縫・夏服2016


ありがとう↓

Corso di Agricoltura Biodinamica

コルソ ディ アグリコルトゥーラ ビオディナーミカ

【バイオダイナミック農法講座】


「大地を活かすのだ!

たくさんの種を蒔くことで、大地のたましいは健やかで肥沃な土壌をつくる。根は資源を吸収し、痕跡をつくる。その痕跡は、天地の万物である。」

と、フィロソフィックに熱く語る現代バイオダイナミック農法を推進するAgronomoアグローノモ(農業経済学者)Leonello Anelloレオネッロ アネッロ氏。

Corso

Biodinamicoビオディナーミコは、生存するチカラを活用する。

私たちが生きるために食べていく食物を、化学肥料や農薬そして化学合成物質で味や栄養、成長を調整するのではなく、一つ一つの個体が持つチカラが調和されて、ホンモノの食物が生まれる。

nel Montalbano

農作は決して自然ではない。生きるために知恵を使って、常に人類の手で創り上げてきた。

森は自ら生きている。

私たちは生産しなければならない。

Agricoltura Biodinamicaアグリコルトゥーラ ビオディナーミカは、Sovescioソヴェーショ(緑肥→マメ科・アブラナ科・イネ科を肥料として蒔いて青刈りし、耕土に施し大地に栄養を与える)をすることで、土壌の性質が均一になり活性化するという。

Sovescio

冬の始めの霜月、大地のチカラが地下に滞る頃、大地の表面を耕し、緑肥作物を蒔く。深く耕さないことで泥からまないそうだ。


生産者は、視・聴・嗅・味・触の感覚を使ってよく観察する。

Elementiエレメンティ(エレメント→光・風・水・土)Eteriエーテリ(エーテル→熱・乾・湿・冷)のリズム、天体の動き(太陰暦黄道座標十二宮惑星)を調和させる。


Rudolf Steinerルドルフ スタイナーが発表(1924年)したバイオダイナミック農法よりさらに研究された現代法(1991年現代バイオダイナミック農法で更新)で進化させたいようだ。

BiodinamicaNaturalistaナトゥラリスタ(自然主義者)ではないとズバリいう。
トラクターや機械だって反対ではない。
疑念があるならば、牛だって馬だって使えという。
土を耕すことにあるようだ。

土壌や位置、気候の違う大地で、まずは実験すべき、という。

Montalbano

そんなことを言われ、私が管理するオリーブ畑や小さな我が家の菜園が頭に浮かぶ。

私が住むVinciヴィンチや協力しているブドウ畑のCerreto Guidiチェッレート グイディは、バイオダイナミック農法を実施している農園が数多くある。彼らを参考に、できる範囲で大地を活性化させたい・・と、帰り道参加したG.A.S.グループと語り合った。


********


Agronomoアグローノモ(農業経済学者)Leonello Anelloレオネッロ アネッロ氏は、多数の農園のTecnicoテクニコ(農作技術を経済も含め進行させる専門家)業以外に↓の協会で学者としても活躍している。


AssociazioneBio-Distretto del Montalbano

アッソチャッツィオーネ ビオ-ディストレット デル モンタルバーノ
 
BioDistrettoMontalbano

Firenzeフィレンツェ県・Pistoiaピストイア県・Pratoプラート県を跨ぐ山-Montalbanoモンタルバーノを囲む10の市町村で結束された、環境・農業・生物・健全性を尊重し、オーガニック・バイオダイナミックでの生産を推薦し、地球と体を守る意識を広げる会。

誰でも参加できる集会や講演会を繰り広げ、ドンドン知識を増やしていく。

また、未来の地球を守っていく子供たちの学校給食を全てオーガニックにしよう!!という運動もしている。



Viticoltura Biodinamicaヴィティコルツゥーラ ビオディナーミカ
DSCN2714

現代バイオダイナミック法のブドウ栽培を推進する協会

集会や講演を繰り広げ、普及させる。



*関連記事*

カテゴリー【BIO講演】【ブドウ

地球と体を守る会 パート3:バイオダイナミック農法推薦

地球と体を守る会 パート1:農薬による危険性

ブドウの苗木Barbatella

ブドウの接木Innesto

ブドウの芽かきScacchiatura


ありがとう↓

私の小さな菜園、庭、我が家の周り、ブドウ畑・・・Borragineボッラージネ(ボリジ)が一年中咲いている。

ブログにも度々姿を現す、紫のスター型の花に茎や葉はトゲトゲしているハーブ。

Fiori di Borragine

花言葉に「勇気をもたらす」とある。

ハーブの作用に気分を明るくする効果があることから由来しているのかもしれない。

Scheletro di Borragine

最近ボリジ食することが危険だといわれている。それまでは、咳やのどの痛み、痰をとるなどの浄化作用は、Tisanaティザーナ(煎じ茶)や食事で大地の住人たちは積極的に摂っていた。

Borragine e io

ハーブには、ビタミンCやカリウムを多く含むミネラル成分がある。

畑で咲く花としては、緑肥効果がある。

そしてボリジのスター型の花はハチをよび、受粉の助けとなる。

繁殖率の高いハーブだが、そのまま放置しても役に立つハーブ。

Gemme di Borragine

そんなボリジの葉を数枚、自生しているBietolaビエトラ(ふだん草)Cima di Rapa Selvaticaチーマ ディ ラーパ セルヴァーティカ(菜の花のようなカラシ菜のようなアブラナ科)Grespino Spinosoグレスピーノ スピノーゾ(オニノゲシ)タンポポの葉、サラダ用に栽培している春菊とRucolaルーコラで、七草粥の日、七草雑煮をこしらえた。

7Erba per Soup

今回はお魚で出しをとったが、千葉育ちはどうしても醤油味に海苔や鰹節をかけて食べる。

あ~~~美味しかった。

Mochi con 7Erbe

今年もBefanaベファーナ(16Epifaniaエピファニーア救世主の御公現の祝日。ボロボロお婆ちゃんBefanaさんが親切にも靴下にお菓子を届けてくれる。)が過ぎ、七草粥の日が過ぎていった。



*関連記事*

カテゴリー【暮らし】【】【散歩】【Vinciの空

ヴィンチでお雑煮GIAPPONEa Vinci

イタリアで餅を食べる

トマトのヒミツPomodoro

白の時間Oradi Bianco
 

ありがとう↓

↑このページのトップヘ