大地の住人 ヴィンチの丘で

地球と体に優しいコト ~イタリアから~

フィレンツェの端っこレオナルド・ダ・ヴィンチのふるさとヴィンチの丘に在住。 大地の自然たちと向き合って地球と体に優しい様々なコト、発見・提案・発信!

カテゴリ:食アレンジ > Olive Oil

Udon con le Erbe e Olio di Oliva

朝、少年を見送った後、ランチ用のハーブを摘みに行った。

Brinata la Terra

白い霜は見るだけで寒。

でも歩くと、彼らのある一面が伺える。

空は白く、大地も白く、
ハーブたちも白くデコレーションされていた。

è Brinato nella Vigna

年中咲いているBorragineボッラージネ(ボリジ)、

今日は吸い込まれそうなくらい輝いていた。

こっち向いて。

真上からなのに後姿を見ているよう。

Brragine Brinata

白い大地の中の老いた葉をくっつけたブドウの樹は

冬の装う着姿だった。

Bianca Terra e Rossa e Gialla di Viti

Barragineの葉

Rapeラーペ(セイヨウカラシナ)の葉と莟

こぼれた種から芽を出したRucolaルーコラ

畑のCipollineチポッリーネ(小さいネギ)

ミニ菜園のニラ

Raccolta di Oggi 5 ERBE

500gBioの小麦粉に

25gの塩を混ぜた食塩水250cc

手打ちうどん。

Udon Fatto in Casa

出しは、煮干出し。

お醤油とお砂糖とお塩で味を調えて

BorragineRapeを煮て

上にRucolaと炒って少し磨り潰した白ゴマとCipolline

我が家のオリーブオイルをかけて。

Udon con le Erbe e Olio di Oliva Buono Delicato Gustoso

和風と洋風、ハーブの新鮮さと

この間収穫したばかりの濃厚なオリーブオイル。

Italo-Giapponeseイタロ・ジャッポーネゼ(イタリアと日本をMixした)な味は

さっぱりと、また食べたくなる上品な味でした。



*オススメ関連記事*

カテゴリー【ハーブERBA】【Vinciの空

大地の春・草・味 Erba Spontanea

ボリジ Borragine

落ち葉の上で

師走のはじまり

田舎ルック Vesto da Campagna

ありがとうGrazie↓

Olio di Oliva Extravergine 2017 Filtrato con cielo fine autunno

最後の
Frangituraフランジトゥーラ(搾油)は、山や北で雪が降っている冷たい雨と風が吹きつけた日。

それからというもの凍るような強風が叩きつけ、風と共に冬も訪れたようだ。

Belle Forme e Colore


新オリーブ畑(関連記事はこちら)の緑のオリーブの収穫(関連記事はこちら)はまだ終わっていなかった。

Autunno


私たちは、少量でも短時間で
Frantoioフラントイオ(搾油所)に持っていくようにする。(関連記事はこちら)

Finocchi Selvatici


二人っきりの収穫は、静寂なオリーブ畑で黙々と作業を進める。

Frangituraの時間が来れば、終わってなくてもストップ。

その残りを収穫した。

Foschia verso Est-


大地からモヤモヤと靄モヤが出る
11月の朝。

大地は白くキラキラと輝いている。

それは、大地の吐息の光にも見える。

粒たちは、収穫用の網を濡らす。

しばらくすると、お日様が乾かしてくれる。

Bagnata la terra


オリーブの樹は濡れていてはいけない。

収穫の傷が炎症してしまう。

優しく接すれば、強いオリーブの樹になるさ。

だから、樹が濡れていたら、私は収穫をしない。

Borragine


紅葉しないオリーブの樹の周りには、色付きの良い秋の果物が成っていた。

pieno di Kaki


カキが完熟していくと、大きな実が赤く透き通っていくように見える。

その透き通る赤味は、口の中まで届く感じがする。

視覚だけで甘味を感じる。

Colore Autunno


ザクロは、パッカリ口を開け、まるで食べてくれぇとでも言っているかのようだ。

そのお相手は、果物大好き少年。

甘くて美味しいね。

全然すっぱくない。

もっと、もっと!

Melograno


これで今年のオリーブの収穫終わり!

私たちのように収穫が終わっていない・・天気の回復を待つ・・Frantoioの空き待ち・・という小さな農園やHobbistiオッビスティ(自分のために栽培している)で、Frantoioは賑わっていた。

Olive sono nate da miniramo


小さ目な実をつけた樹が多かったオリーブも、今年は
4回も搾油ができ、まずまずのオリーブオイルの量ができあがった。

2017年、量より質の年となった。

Olivine in fila


天の気、オリーブのチカラ、栽培士の想い、
Frantoioの技・・・全てがコラボレーションでできるホンモノのオリーブオイル。

Olio di Oliva Extravergine 2017 Filtrato con vista panoramica


私の息子たちが変身したオリーブオイルは、応援して下さるみなさまの食を豊かにし、私たちの持つ五感を満喫させ、健康のサプリメントの一つとなると嬉しく想います。


私を信じて、興味を持ってお声をかけて下さったみなさま、心より感謝を申し上げます。

みなさまのお気持ちを握りしめて、引き続きオリーブ栽培に精進したいと想います。

ありがとうございました。


☆☆☆オススメ関連記事☆☆☆

カテゴリー【オリーブ】【OliveOil

緑のオリーブ laRaccolta delle Olive 2017③

オリーブオイルの美しい味 laRaccolta delle Olive 2017②

我が息子たちよ laRaccolta delle Olive 2017①

新オリーブ畑 Nuovo Oliveto

オリーブオイルを美味しくさせる Consigliodi Frantoio BIO

オリーブオイルの保存

オリーブオイルを試飲する

ありがとう↓

秋晴れが続いた10月と日の長いサマータイムが終わり、緑が輝く秋晴れのこの搾油日の翌日、久しぶりにヴィンチの11月らしい雨が大地を浸透した。

雹も降ってきた。

濡れた大地は、もやもやと湯気のような霧を発し、そして真っ白く覆い、湿度120%はありそうな濡れる冷たさは、住民を惑わせた。

そんなお天気の訪れの前の話である。

Mattina


明日から天気が崩れる。

早く収穫してしまいたい。

しかもサマータイムが終わり、日中が短い。

気持ちはざわついた。

Leccino


そんな私の気持ちを他所に、オリーブたちは、緑の大地と輝く太陽の光の下で生き生きしていた。

Giornata di Raccolta


日の当たりは良い畑
だが、五月の開花時の夏到来で打撃を受けたオリーブたち。

その後の旱魃は、オリーブの成長にばらつきがでた。

Gremignolo pieno


結実しなかった樹もある。

成長が止まってしまった樹もある。

metà maturazione


緑色のオリーブはいったいもう熟さないのか。

実の中を覗いてみると、果肉もあるし果汁も出てきた。

果肉の色はイイ感じだ。


Gremignolo


成長の早い品種と成長の遅い品種が植えてある。

本数が少なくても成長の早い品種を優先に考え、収穫をすることにした。

Macchina Furgonata


私がひいきしているこだわりの
Frantoioフラントイオ(搾油所)は、山奥にあるBioしか受け付けない頑固なトコロ。

Frantoio Bio Balduccio


Frantoiano
フラントイアーノ(搾油所長)は、私たちのオリーブを触る。撫でる。

Toccare


小さ目な実もあった。

熟されたか半信半疑の実もあった。

Pronto per la Frangitura


それでも私のオリーブはオイルへと変身した。

半信半疑のオリーブたちは、ちっとも裏切らず、オイル抽出量は抜群。

苦味辛味の効いたパンチのあるオイルとなった。

Uscito


世の中ではハロウィンで賑わっていた夜、我が家は
HOKKAIDOというカボチャをスープにし、我が家のオリーブオイルをたっぷりかけて温まった。

Zuppa di Zucca


ハロウィンの翌日
111日は、諸聖人の日Giorno di Tutti i Santiジョルノ ディ トゥッティ イ サンティOgnissantiオンニサンティ、別名にGiorno di Mortiジョルノ ディ モルティ(死者の日。本来は112日のようだ。)イタリア世帯の他界された親族を想い出す日で、お墓参りをする。

少年は義父の生まれ変わりのように、少年が生まれる数ヶ月前に義父は他界した。

それからというもの私たちは、毎年この日になるとお墓参りをしている。

オリーブの収穫があるときは、その前後の日に。

義父だけではなく、私にまつわった方を想い出し、心の中で一人黙祷をする。

その日が近づくと、鉢植えで育てている菊の花が、莟の姿で知らせてくれる。

Crisantemo prima di fiorire


いじらしい。

黙祷中、想いの彼らへ私たちの様子を知らせた。


***************


東京札幌で、イタリア中オリーブの収穫で大賑わいの搾り立てオリーブオイルを使って、イタリア/フィレンツェ在住お料理研究家&イタリア政府認定オリーブオイル鑑定士shinomaiさんのオリーブオイル講座が開催されます。


ヴィンチの丘の地球と体に優しいピュアで誠実なオーガニックオリーブオイルも参加!


フィレンツェから直々に運ばれた本物のオリーブオイルを味わうチャンス。

我がふるさとニッポンで、正真正銘のオリーブオイルが拡がることを応援します。

お問い合わせは、shinomaiさんへ直接ご連絡下さい。


***************


*オススメ関連記事*

カテゴリー【オリーブ】【オリーブオイル

オリーブオイルの美しい味 laRaccolta delle Olive②

我が息子たちよ laRaccolta delle Olive①

新オリーブ畑 NuovoOliveto

オリーブオイルを美味しくさせる Consigliodi Frantoio Bio

オリーブオイルの保存

オリーブオイルを試飲する

ありがとうGrazie↓

オリーブが搾油され、オイルとなる。

一番ワクワクする瞬間。

Frantoioフラントイオ(搾油所)から持ち帰って、待ちに待ったオリーブオイルを味見する

いいぞ、いいぞ。

Olio Grezzo


Grezzo
グレッツォNon Filtratoノン フィルトラート(フィルターで漉されてない純な状態)は、その名の通り、純な味。

オリーブの実のいろんなものがごちゃ混ぜなだけに、舌触りや味覚がダイレクトに触れる。

視覚も嗅覚もダイレクト。

味わうというより、オイルに目と鼻と口で触れるという感じ。


そのごちゃ混ぜな純なオイルをフィルターで漉す(Filtratoフィルトラート)

漉すことで、口当たりが滑らかになり、繊細になり、味わう輝くオリーブオイルに仕上がるのである。

さらなるメリットは、不純物を取り除いてオイルの劣化を防ぎ、長いこと美しいオイルが味わえる。

漉す作業は、搾油されたらすぐに行うと、さらに美味しいオイルができあがる。

私はドリップ方式でろ過。


フィルターで漉している間に、オリーブの森の収穫へ。

Oliveto


夏の旱魃で、森もカラカラになっていた。

Orticaオルティーカ(イラクサ)も暑さに耐えられなかったようだった。

しかし、秋に入ると、またイラクサが仲間と一緒に生まれてきた。

根は、大地の暑さから凌いでたんだね。

仲間は、タンポポとふだん草。

Ortica, Tarassaco, Bietola

住宅街に近いこのオリーブ畑は、やや日当たりが悪い。

しかし、毎年毎年、実をたくさん産む。

ペットじゃないけど、人間とオリーブは相性がイイのか。


たくさん実はついたが、小さ目であった。

夏の旱魃は、大地の底まで影響した。

それでもキレイな姿で揺れていた。

Pendolino


こちらの畑は、畑の主の奥様が大切に育てられた畑だそうだ。

ご主人は、亡くなられた奥様の畑を放置できないと、私に管理を依頼してきた。

Bosco degli Olivi


こんなに丈夫で子を産むオリーブの森。

たましいでもいそうな畑である。

da raccattare


そうこうしている内に、オリーブオイルがフィルターで漉されて出てきた!

やっぱり私は、フィルターで漉された不純物のない輝くオイルが好き。

透き通った輝きと、繊細なフルーティーな香りと、滑らかな口当たりの中に、苦味辛味はたまらない。

Olio Mio


お次は、緑のオリーブ畑へ!



***************



東京札幌で、イタリア中オリーブの収穫で大賑わいの搾り立てオリーブオイルを使って、イタリア/フィレンツェ在住お料理研究家&イタリア政府認定オリーブオイル鑑定士shinomaiさんのオリーブオイル講座が開催されます。


ヴィンチの丘の地球と体に優しいピュアで誠実なオーガニックオリーブオイルも参加!


フィレンツェから直々に運ばれた本物のオリーブオイルを味わうチャンス。

我がふるさとニッポンで、正真正銘のオリーブオイルが拡がることを応援します。

お問い合わせは、shinomaiさんへ直接ご連絡下さい。



***************



*オススメ関連記事*

カテゴリー【オリーブ】【Olive Oil

オリーブの森 Boscodegli Olivi

オリーブオイルを美味しくさせる Consigliodi Frantoio Bio

オリーブの収穫 Raccoltadelle Olive 2016 その2

オリーブオイルの保存

オリーブオイルを試飲する

ありがとうGrazie↓

Mosca dell'Olivo : Metodo di difesa a confronto

モスカ デッローリーヴォ:メートド ディ ディフェーザ ア コンフロント

【モスカ駆除の方法を見直す講演会】

『その①農薬の危険性』


秋晴れの中、オリーブに囲まれたヴィンチの丘は、*地球と体を守ろう会オーガナイズの≪オリーブ栽培はBIOでできる!講演会≫が行われた。

Oliveto Secolare di Bianconi


ヴィンチの山モンタルバーノ
(Montalbano)に沿ったオリーブ畑では、十月の半ばからFrantoioフラントイオ(搾油場)が一般公開される。

ヴィンチの丘の住人たちは、オリーブの出来にソワソワする。


講演では、オリーブだけに寄生するハエ(Mosca dell'Olivoモスカ デッロリーヴォ)から守る方法を中心に話し合った。

Convegno


私のような
200本そこらのオリーブを栽培している人たちのことを、Hobbistiオッビスティと呼んでいる。

80100本くらい栽培している老人・家族・若者は、た~~~くさんいるイタリア。

私は、この小さな単位のHobbisti畑の三軒を管理している。


身近にオリーブを栽培している人がたくさんいると、栽培情報も飛び交うことであろう。


オリーブ栽培に使われている恐ろしい農薬は、Hobbistiにも農薬免許の所有が義務付けられている。

(BIO栽培では、農薬免許の取得は必要ない。)


その今回のテーマでもあるモスカ駆除に使われている農薬、RogolDemetoatoの恐ろしさをAgronomoアグローノモ(農学士)Biologoビオーロゴ(生物学者)Coltivatoreコルティヴァトーレ(栽培者)らは、訴えた。

発がん性、成人病、神経系の衰え、等等等・・・『地球と体を守る会 パート1:農薬による危険性

2016年からフランスでは使用が禁止されている。


殺虫剤とは、オリーブ栽培に限らずどの栽培でも、農薬を散布することでそこにいる虫たちをただ単に殺すだけではなく、呼吸している植物の葉などを通して浸透させ、樹体の一部となって流動し、寄生している虫に毒を食べさせ、樹体の中から殺すのである。


この原理を、今一度消費者に知って欲しい。


そのオリーブ栽培で使われている農薬は、残念ながらオイルの中から検出されているそうなのだ。

そして、他の農薬と同じく、的にしている寄生虫以外にも、大地は汚染され、たくさんの虫たち、鳥たち、動物たちは殺されている。


体に良いといわれるオリーブオイル。

赤ちゃんからお年寄りまで口にするオリーブオイル。

スーパーから農園からHobbistiから調達する毎日のオリーブオイル、是非とも自信を持ってBIO栽培をしているオリーブオイルを口にして欲しい。


次回は、『その②モスカ対処法』。

Tramonto

*地球と体を守ろう会

Associazione BioDistretto del Montalbano

アッソチャッツィオーネ ビオディストレット デル モンタルバーノ

Firenzeフィレンツェ県・Pistoiaピストイア県・Pratoプラート県を跨ぐ山-Montalbanoモンタルバーノを囲む10の市町村で結束された、環境・農業・生物・健全性を尊重し、オーガニック・バイオダイナミックでの生産を推薦し、地球と体を守る意識を広げる会。

誰でも参加できる集会や講演会を繰り広げ、ドンドン知識を増やしていく。

また、未来の地球を守っていく子供たちの学校給食を全てオーガニックにしよう!!という運動もしている。

BioDistrettoMontalbano

*オススメ関連記事*

カテゴリー【BIO講演】【オリーブ

オリーブの森 Boscodegli Olivi

天国という名の大地 Terrasi chiama Paradiso

オリーブオイルを美味しくさせる Consigliodi Frantoio Bio

オリーブの木のハエ除け作業 Moscadell'Olivo

地球と体を守る会 パート1:農薬による危険性

ありがとうGrazie↓

↑このページのトップヘ