大地の住人 ヴィンチの丘で

地球と体に優しいコト ~イタリアから~

フィレンツェの端っこレオナルド・ダ・ヴィンチのふるさとヴィンチの丘に在住。 大地の自然たちと向き合って地球と体に優しい様々なコト、発見・提案・発信!

カテゴリ: 散歩 Passeggiata


2500年以上もっと昔から

古代ギリシャでは

天体の要素は

大地・水・空気・火

の四つのエレメントで構成され

全てのエレメントが一つになると、愛と見なし

四つが分離すると、不和となる

と言い伝えられていた。


i susini selvatici

今日の私たちにとって

この四つのエレメントはどんな意味を持つのか

エレメントのチカラは一体何なのか

この一ヶ月間

世界の歴史や昔話、画像と共に

一緒に旅をしましょう。


そして

この四つのエレメントをキーワードに

もう一度見直してみましょう。


例えば

今日に与えられた全てのモノコトは

私たちの生活を軽減させ、豊富を埋め合う・・・


つまり

私たちの周りに流れる空気のことなんか考えず

もしくは、汚染された大気が出現したときだけ気になり

水は、蛇口の水が自然の水だと思い込み

火は、料理の時に使うガスで

土は、お花を植えるときに買ってきた人工腐敗土。


現在はこうやって生きてるけど

過去の人間たちは、この四つのエレメントと

もっともっと身近に生活してきたんだってことを

楽しく学んでいきましょう。


fontana di Faltognano

というテーマでプログラムされた

少年が七月に通う自治体が運営するサマースクール。

イタリア語でCentro Estivoチェントロ エスティーヴォ



イイ内容じゃないの!

私がいっつも書いてる自然の生体力じゃない。



小学部合同で行うから縦の繋がりがここで味わえる。

日本に帰国しない限り、少年は毎年通う。

近所の子どもが集まり、人数も制限付きでちょうど良い。


ランチ付きだし、プールにも連れて行ってくれる。

工作だってやるし

課外授業で近所のミュージアムにだって連れて行ってくれる。


テーマ以外のスポーツは、今年は

ワールドカップで注目のサッカーと流行のHip Hop

宿題なんかやらないで

ずーっと、テーマに合わせて遊んでるのww


スクールが終わる頃、発表会をしてくれる。

発表会に向け、練習をするわけだから

さらに身に付き、学びが深くなると思う。


サマースクールの欠点は、スクールバスが無いこと。


la luna è azzura - p.za duomo

でも、少年と同じクラスからは・・・

今年は一人だけ。


週単位で予約できるので

一、二週間クラスの女子、1~2人参加してるけど

男子は毎年少年のみ。

クラスの違った同学年はいるけれど。


だから縦の繋がりと、横のもう一つの友情ができる。



少年のクラスは

あまり市が催す企画に参加しない。

たくさん素晴らしい企画やイベントがあるのに。


図書館を利用するのは、私たちだけ。

公共バスを使うのは、私たちだけ。

ヴィンチのお祭りに行っても、地元数人。

近隣の村のイベントでも、私たちだけ。

無料の屋外映画も、私たちだけ。


親である私がおかしいのか

田舎暮らしは個々暮らしなのか。


la luna è azzura - scalinate

もう35回もやっているLa luna è azzuraラ ルーナ エ アッズーラ

毎年六月の最終週末に

Tartufo Biancoタルトゥーフォ ビアンコ(白トリュフ)で有名な

ピサ県のSan Miniatoサン ミニアート

操り人形や体を張った喜劇

ストリートショーやピエロなどなど

子どもから大人まで楽しめる複合屋外劇場に夕食後行ってきた。


私たちは、毎年行っている。

少年の生まれる前から行っている。


アーティスティックなモノもあれば

訓練が必要な劇もあるし

笑いや驚きが止まらないショーもある。


高い丘の上にあるサンミニアートの街・・村は

いたるところがテアトロになるのである。


La luna è azzura 2018

La luna è azzuraと重なってしまった

ヴィンチ村のお隣村Cerreto Guidiチェッレート グイディでは

La Notte d'Isabellaラ ノッテ ディイザベッラという

村中が1500年代にタイムスリップするイベントが毎年行われる。


Isabella de' Medici
とは

1500年代のMediciメディチ一族で

トスカーナ大公CosimoⅠコジモ1世の娘。

開放的なイザベッラは男たちに愛されたが

チェッレートグイディの地で暗殺された(16July1576)

ことが歴史に刻まれたのである。


チェッレートグイディには

当時メディチ家が使用していた狩人用の屋敷があり

そこに出入りするメディチ家の人間模様は

またまたフィレンツェから離れて密かな世界があったようだ。


その屋敷は、現在ミュージアムとなっており

その屋敷に関わったメディチ家の肖像画や

狩人の銃や当時の家具などが展示されている。

2013年にUNESCOに認定。


La notte di Isabella 2018

La Notte d'Isabellaがある頃二週間(7/16)

毎日(月定休)開催される恒例のSagraサーグラ(食祭り)

Sagra del Papero e del Cinghiale

サーグラ デル パーペロ エ デル チンギアーレ

(チビガチョウとイノシシの肉(!)祭り)


この辺では、とっても有名となり行列ができるほど。

超美味しいしボリューム満点

地元のワインも飲めて破格なお値段。


早めのディナーを目指して向かわないと

前菜メニューのアヒルの首の詰め物が

(Collo di papero ripienoコッロ ディ パーペロ リピエーノ)

食べられません。

一羽に付き首一本

人気メニューで追いつかないそうです。


Sagra del Papero e del Cinghiale 2018

そして、ヴィンチの自治体管轄地域内の

Soviglianaソヴィリィアーナという

主要駅があるEmpoliエンポリを通るアルノー川の向こう

のローカルゾーンで、イベント(7/15)が立て続けにあるそう。


期間中力を入れた三日間
(7/1315)

Orientaliaでは、テーマがオリエントだそう。


先日の
EcoVinciで名刺交換した

オリエンタル文化アソシエイトから招待があった。

和も登場するそうで、興味アリ。


Orientalia 2018

それから、七月のヴィンチのメインイベント(7/2729)

Festa dell'Unicornoフェスタ デッルゥニコールノ(ユニコーン祭)


世界から人が集まる人気イベント。

あんな小さなヴィンチ村が

少年の小学校まで使って繰り広げる。


Lucca Comics
ルッカ コミックスとはまた一味違う

中世のファンタジーをテーマにしたところにウケがあるようだ。


暑いのに若者で賑わう熱いヴィンチの丘。


Festa dell'Unicorno 2018

ユニコーン祭が終わると毎年恒例の

il volo di Cecco Santiイル ヴォーロ ディ チェッコ サンティ

通常七月最終水曜日のところ2018年は八月一日に。


ヴィンチのミュージアムの広場近くから眺める

オリーブ畑から上がる花火は、毎年楽しませてくれる。



それから、それから・・・

恒例でいくと、まだ二つ楽しみイベントがあるが

八月のイベントがまだ発表されていない。


Tramonto 28 giu.

その後のヴィンチは・・・

レオナルド・ダ・ヴィンチ観光のお客のみ。

ヴィンチの住人、やっと個々暮らしとなる。





*過去の関連記事はこちら↓*

ヴィンチ村ファンタジー熱 Festa dell'Unicorno

暑・ 熱 ・ 厚コンサート Ginevra Di Marco

暗闇ハイキング Passegiata Notturna


Instagram ≫≫≫ obatamakivincirealmakici



Grazie di aver visitato!

最後まで拝読していただきまして、ありがとうございました。




 

私と少年は歩く。


田舎道を歩く。


草の中を歩く。


木々の下を歩く。


好きだから歩く。


車がないから歩く。


車があっても歩く。


同じ道だけどこの道を歩く。


Erba

静寂がいろいろ想像させる。


怖かったり、神秘的だったり。


田舎の色取り、自然の彩り


たまに、香りがしたり、鼻をついたり。


Verso Vinci

ヴィンチまで、我が家から2km弱だろうか

遠回りのハイキングコースを通ってヴィンチへ行く。


Cantina Abbandonata

車道から少し離れたところに


粗大ゴミの山ができていた。


それでなくても長年の空き家で荒れ果てて怖いのに。


ゴミが泣いているように見えた。


空間までもが悲しい空気を発していた。


スピリトが佇んでいるように感じた。


Rifiuti Ingombranti Immorali

田舎や小さな街は、家までゴミを回収しにくる

再生可能な・・生ゴミ、プラスチック、紙

そして、分別できないゴミ。


粗大ゴミはアポを取って回収に来てもらう。


その他、自分で持っていけそうなゴミは

無料で引き取ってくれる。


ゴミ処理税は

住居の大きさと住居人数で税額を決める。


分別用の容器もくれるし

敷地がある人にはコンポスト用のキットもくれる。


プラスチック用の大きな袋もくれるし

容器などが壊れても交換してくれる。


所得によっては一部免除にもなるし

コンポストを活用すれば割引制度もある。


Respira

しかし

業者は、ゴミ処理税がけっこうな額だと耳にする。



それもあるのか

ただただモラルの無い一般市民が実行するのか


隠れてゴミの山をつくることもすれば


車で来て道端に投げ捨てていくこともする。


自転車に乗ってる人もペットボトルをポイポイ捨てていく。



我が家の通りもゴミを捨てに来る人が後を絶たない。


小さなゴミは勿論

車のバッテリーや便器

黒い袋にパンパンに詰った端布

などなどなど


Bambola morta

それでも草は生え


まるで死体を覆うかように


生きる美を保とうとする。


草木は、空へ向かって呼吸をし


生物たちは、異物を仲間だと思い


大地は、そうやって静寂を保ちながら


ゆっくり変化していくのである。



**********



BLEU

de

CHANEL




2018
年夏のシャネルのCM


イタリアの
Mediasetメディアセット(放送局名)

W杯の全試合を見せてくれる途中でよく流れる。


これが流れる度に、作業ストップ
(わたし)


っもう、頭を揺らさずにはいられない。


それと、毎度ノスタルジー。



お母さん、持ってるよー


聞いてみよ


少年も頭動いちゃったねw


Casa di Contadino

一人一人人生の中に時代ってのがある。


その、あの頃とかあの時代っていう過去によく聞いてた曲なんだ。


曲とシーンが浮かんでくる。


誰にでもそんな曲があると思う。


Uva

年を追って


仕事をしたり家族をつくったり


必然的核家族で子育てをし


経済不況の国の田舎に住むと


我慢することが多くなる・・と思う。


More

若い頃ってさ


怖いもの知らずで


自由で


毎日が発散してるような生活で


恋とか愛とかでときめき


何にでも興味があって


nel bosco

DAVID BOWIEには遅咲きだった。


しかし、この濃厚なアルバム
ZIGGY STARDUST

何回聴いたことであろう。


何回聴いても、シーンが浮かんでくる


ときめきな時代


自由な時代


夢中な時代


Cielo e Olivo con Olive

私と少年の頭を動かせた

そのアルバムのSTARMAN


ブルーの夜空を泳ぐスターマン。



音楽は、流行で聴くより

自分の人生のBGMとして

自分のモノにするといい。


このスターマン

11歳の少年の夏休みと

2018年のW杯の思い出をつくった。




*過去の関連記事はこちら↓*

ゴミとならないお持て成し EkoeFirenze BIO

原始作造 Passatoed Oggi

紙の屋台 EcoVinciFestival


Instagram ≫≫≫ obatamakivincirealmakici



Grazie di aver visitato!

最後まで拝読していただきまして、ありがとうございました。


もう20年以上前のこと。


時の同居人

フィレンツェのErboristeriaエルボリステリア(薬草専門店)

「マキチのニキビ痕、これで治すといいみたいよ」と

スポイト付きの茶色い小瓶に入ったオイルやら

買ってきたものを見せてくれた。


わー、瓶だけでもカワイイ!


Olii per la pelle

イタリアじゃぁ、普通にあるErboristeria


日本の漢方屋みたいに、化学の薬に頼らず

できることなら自然のチカラで治癒させたい人が

訪れ相談し、薬草を調合してもらう。


体の状態に合わせたハーブティーやサプリメント

スキンケアでは、天然素材のクリームやオイルを紹介してくれる。



ヨーロッパでは大昔からAlchimistaアルキミスタ(錬金術師)たちが

研究に研究を重ねて

卑金属を貴金属への変化や

万能薬の発見などを

原始的な技術で研究し発達させた。


現在でも
Erboristaエルボリスタ(薬草師)たちが

勉強し研究し伝統を守り続けている。


Erboristeria

そこで紹介してくれた顔のシミを抜く方法。


そこでは
Olio di Jojobaオリオ ディ ジョジョーバ(ホホバオイル)をベースに

Olio Essenziale di Limoneオリオ エッセンツィアーレ ディ リモーネ

(レモンのエッセンスオイル)をベースオイルの中に数滴入れる。


レモンのエッセンスオイルはエッセンスオイルだけに濃厚なので

50mlのベースオイルの中にスポイトで5滴くらいが目安。


そして、強烈な酸性でシミは抜けるが

必ず日の沈んだUVの無い夜に使うこと。


日中に使っちゃうと、逆効果でシミが増すので要注意!


Olio Essenziale di Limone

なぜベースオイルと呼ぶか。


その後、
Mercatoメルカート(マーケット)

屋台Erboristeriaと出会い

そこのErborista

ホホバオイルもOlio di Mandrlaオリオ ディ マンドルラ

(アーモンドオイル)も同じ効果よ。


ホホバオイルは、カナダで採集され

アーモンドオイルはイタリアで栽培され搾油されているのよ。



さらにその後、私がオリーブ栽培を始めてから

自分のオリーブオイルを使うようになったww


Erboristeria di Barberino

その屋台Erboristeria

フィレンツェのS.Spiritoサントスピリト教会のある広場で

月一で行われるMercato Antiquariatoメルカート アンティクワリアート

(蚤の市よりもっと本格的なアンティークが並ぶ)

で、出会った。


当時、屋台の夫婦は

二人の子どもを連れながら働いていた。



私が現在の夫と出会いフィレンツェから引越しても

彼らの屋台Erboristeriaに行き続けた。


何故って、破格なんですもの。


包装もシンプルだし、私が欲しいものは大抵揃っている。



彼らは、Sesto Fiorentinoセスト フィオレンティーノ

(フィレンツェのほんの少し郊外の住宅地、土地名)でも

週一で土曜日に出店しているという。


やはり彼らを追って買い物しに行く。


Miele di Tiglio

そして、ここ二年前くらいから

毎週木曜日の午前中に賑わう

Empoliエンポリ(ヴィンチから10km)

マーケットに出店しているではないか。


そう、出会ってから
20年は過ぎている。


シンプルな包装も並べ方も

値段も20年前と同じだけど

屋台を切り盛りするのは

あの二人の子どもに代わっていた。


すっかり大人になっちゃったけど

説明の仕方、お金の勘定の仕方なんか

ご両親の後姿を見てきた様子だ。


彼らが独自に生産しているものは

Mieleミエーレ(ハチミツ)

Barberinoバルベリーノ(フィレンツェ北部、土地名)

Apicolturaアピコルトゥーラ(養蜂)をしている。



今日は、Miele di Tiglioミエーレ ディ ティッリォ

(リンデンハチミツ)を買おう。


それと、シャンプーや日焼け止めクリームも。


彼らは、養蜂の他に

クリームや石鹸、ローションなどもつくっている。


Cold Cream con Miele di Tiglio

帰ってきて、友人から頼まれた

Cold Creamをつくった。


友人は、日本にいるお母様にお土産に持っていきたい

と嬉しい注文をしてくださった。


甘い香りのする

リンデンハチミツ入りのクリームがイイ!



丁度、G.A.S.ガス(GruppoAquisto Solidale)

Alchimista?!(石鹸やクリーム作りを教えてくれた我が師匠)

と一緒に注文したCera d'Apiチェーラ ダァーピ(蜜蝋)も届いた。


このColdCreamだって

古代のAlchimistaが発見した古代からの技法。


大昔は、このクリームを傷口に塗っていたっていうんだから

効果覿面。


乾燥したときにシワの増える目の下に塗ることもあるし


乾燥したときの唇


サンダルを履く夏には、白く粉が吹いた足のかかとに塗ると

ピカピカツルツルになって若返る!


Cera d'Api

天然素材でスキンケア、体を労われたら言うことなし。

イタリアのハーブ屋さん、大好き。




*過去の関連記事はこちら↓*

リンデンハチミツ入りColdCream con Miele di Tiglio

風にも負けない元祖ColdCream

時の同居人 CameraDoppia


Instagram ≫≫≫ obatamakivincirealmakici



Grazie di aver visitato!

最後まで拝読していただきまして、ありがとうございました。





ヴィンチの丘は

初夏の日差しとそよ風が心地良い

六月の第二週末二日間にわたって

EcoVinci Festivalが開催された。


Cosi

ヴィンチのたくさんの協会たちが団結して

地球と体の守り方を紹介した。


Programma

講演会では


プラスチック氾濫の今日


ゴミ対策や活用法


Smogなどの環境汚染の危険性


水や空気が澄んでいることの重要性


養蜂のしくみ


などなど、一般市民が知るべき内容で

現役で活躍される講師や企業を

招いての講演会であった。


Mercatino in Piazza

ヴィンチを囲むハイキングコースでは


ヴィンチ村から眺める自然の中を探索し


セメントを使用しない段々棚となる昔ながらの壁つくり

Muretti a Seccoムレッティ ア セッコの実技講座を開催し


ゴミをリサイクルさせた楽器つくりでは

オリーブ畑の中で子どもたちとのびのび演奏した。


Grazie

レオナルドダヴィンチミュージアムのある広場の

野外テアトロでは

植物の成長の話で

おもしろおかしい演技で披露したそうだ。


そして、ヴィンチ村の小学生が

ゴミの分別やリサイクルの仕方を紹介したそうだ。


Eco Parata

ヴィンチ村では

子ども大人が、昆虫や農民に変装し

村中を歩き回った。


自然の大切さを訴える行進は

とても意味のあるメッセージであったと思う。


Mercatino sulla Strada

マーケットチームは

G.A.S.ガス(GruppoAcquisto Solidale)

Associazioneアッソチャッツィオーネ(協会)の紹介


早く植えなきゃ!夏野菜のBioの苗木屋


蜂さんありがとうハチミツ屋


我が農主も登場バイオダイナミックワイン屋


ピリピリで夏を越そうPeperonciniペペロンチーニ(唐辛子)


草木染の服屋


木彫りの日常雑貨屋

などなどもっと!


Banco di Carta
OrigamareのKumiさん

そして、私とOrigamareさんが出展した

紙の屋台「紙のセコンドライフ」では

折り紙とCarta Pesta

リサイクルペーパーを活用した作品を紹介した。


no title - object - parte

折り紙に興味を持って訪れた大人の折り紙教室

まるで子どものように一生懸命だった。


そんな様子を見て

純粋な姿勢で何かに打ち込むって

大人だって全然アリだと思う。


私も折り紙してるとき、リラックスする。


作品をつくってるとき、ワクワクする。


手を動かして脳みそを使う作業は

自分でしか時間はつくれない。


la secondo vita della carta

子どもたちが折り紙をしにくる。


すぐに遊べるカエルくんと伝統のツルに人気があった。


一歩進んで、ユリの花に挑戦する女子たち。


折り紙の虜となると、次から次へと折ってみたくなる。

もっと!もっと!


Ancora!

ヴィンチ村の少年少女

ヴィンチ村のママ・パパたち

知り合いがたくさん通る。


やっと、ヴィンチ村の唯一日本人ママが

クリエイティヴを紹介している姿を

歓迎してくれた様子だった。


Femminile

Origamareさんの折り紙教室では

Origamareさんの落ち着いてゆっくり説明している様子


日本人なら誰でもわかっている

辺と辺、点と点に合わせて折ること

形が変形していくことを

きちんと説明している。


教えると自分でやるは違う、ことをまたまた学んだ。


Biglietto da Visita Origamare

Carta Pestaを覗き込む男性たち。


新聞紙とトイレットペーパーの芯でできていることに驚いている。


このEcoVinci Festival

私たちのメッセージが伝わっただろうか。


Banco

興味を持って足を運んでくださったみなさま


機会をくださり、地球と体を守るイベントを

オーガナイズしたアソシエイトのメンバー


ヴィンチとチェッレートグイディの地方自治体


女性に大人気だったOrigamareさん


それからそれから

私たちの紙の屋台用のテントを

貸してくださったトスカーナ日本人会さま


ありがとうございました。


Grazie per aver visitato

l'EcoVinci Festival.


Grazie per aver avuto un opportunità

della presentazione di un modo

per riciclare la carta.


Grazie per l'organizzazione

di una manifestazione molto importante

per dare dei messaggi

per salvare la nostra terra.





*過去の関連記事はこちら↓*

原始作造Ⅱ la seconda vita della carta

カエルくん coltivare SHISO

原始作造 Passto ed Oggi


Instagram ≫≫≫ obatamakivincirealmakici



Grazie di aver visitato!

最後まで拝読していただきまして、ありがとうございました。




一月のある日曜日

前日まで雨が降って

この日もパッとしない白っぽい朝だった。

天気予報では晴れになる予定。

白っぽくても私たちは出発した。

Sopra Montalbano


Montalbano
モンタルバーノ山を跨ぐFirenzeフィレンツェVinciヴィンチ市とPratoプラートCarmignanoカルミッニャーノ市の地方自治体の観光局は、モンタルバーノ山の保護と観光を目的にした自然・遺跡保護協会AssociazioneMontalbano Domaniを率いる五つの協会と団結して、レオナルド・ダ・ヴィンチがアルノ川(Fiume Arnoフューメ アルノ)の水路変更プロジェクトで書き残したモンタルバーノ山内の地図に載っている道を紹介するハイキングを企画した。

モンタルバーノ山は、メディチ時代、レオナルドにとって、とても重要な山である。

leonardo_vinci_montalbano_


350M
の標高を登り続ける、往復13Kmのけっこう険しいハイキングである。

それでも老若男女、お弁当が入ったリュックサックを背中に、賑やかに歩いた。

急坂でも息を切らせながらしゃべり続けるイタリア人。

エネルギーの節約という考えもなければ、耳を欹てて自然の音を聞いてみよう!なんていう考えはさらさらない。

ハイキング中、ひたすらしゃべり続ける。

 14


そんな中に変わった人がいた。

いや・・変わった人ではなく、偉い人がいた。

手袋とビニール袋をリュックサックからとり出し「よし、始めるか。」と道端のゴミを拾い出したのである。

おしゃべりしながら楽しそうに。

嫌味なことを言うわけでもなく、仲間を誘うわけでもなく。

土の中に入り込んだゴミも、ちょっと大きめなゴミも。

特にプラスチックなど生分解できないゴミ。

彼は、一人で参加していた。

夫の知人であった。

彼は、今だけじゃない、いつもあぁやってゴミを拾ってるんだよ。

たまにKトラで、大きなゴミも拾ってる。

Foschia della Montagna


モンタルバーノ山の天辺かもしれない標高まで登ってくると、森はモヤモヤと靄で覆われ、湿気が肌を伝い、木々の向うは霞、神秘的な森の世界でちょっとワクワクした。

朝、早起きして、白っぽい空気の中ハイキングを始めると、こんな空間に出会うんだ。

森は、こうやって過ごしているのか。

Vista Prato e Pistoia


天辺からすぐに急降する道を歩く。

モンタルバーノ山の向こう側が見える。

Pistoiaピストイア県、プラート県が見晴らせる。

Bacchereto


目的地のカルミッニャーノ市にある
Baccheretoバッケーレートという小さなBorgoボルゴ(昔の集落)のある村に辿り着いた。

ボルゴといっても教会(Pievedi Santa MariaAssuntaピエーヴェ ディ サンタ マリーア アッスンタ)の地下、司祭館は十二世紀頃の考古学的建築物で一部修復され見学できる。

Ceramica di Maiolica


そして、バッケーレートでは
1390年頃から1550年頃に生産されたCeramica di Maiolicaチェラミカ ディ マイオリカ(マヨリカ焼陶器)が発掘されている。

2017年の記念切手にもなったMontelupo Fiorentinoモンテルーポ フィオレンティーノ(フィレンツェ県エンポリ市隣)でマヨリカ焼は有名だが、ここバッケーレートでも良質なものが生産されていたそうだ。

その発掘された陶器も展示(Antiche Maioliche di Bacchereto)されている。

Casa della Nonna di Leonardo Da Vinci


その少し向うに、レオナルド・ダ・ヴィンチの父方の
Nonnaノンナ(祖母)Luciaルチーア(祖母の名)が住んでいた家(La Casa Toiaラ カーザ トイア)も、外から見学した。

今は空き家となっているが、二、三年前までレストランだったそう。

知っている人は声を揃えて、アンティークですごく素敵なところだったよー、という。

少年とドアの隙間から覗き見。

石つくりの流しが見える。

それだけでも良さそうな感じである。

中が見れなくて残念。

Indicazione nel Muro di Muschio


ランチをミュージアムを交代で見学している間に済ませ、下り坂であった急な坂道を登っていく。

私は、顔を真っ赤にさせながら息を切らせながら歩いているのに、十歳の少年は、坂道を走ってるww

手を引っぱってもらっても、速過ぎてついていけない。

もういい、先に行ってくれ。

Ritorno


帰りは、みんなバラバラになり、ようやく自然の音や自然の光を、自分のペースで感じることができた。

è uscito il sole


集合・解散場所であったレオナルド・ダ・ヴィンチの生家がある駐車場で、我が家の車に乗ったときの重い疲労感。

翌日、勿論、足だけ筋肉痛。

少年も少しだけ足が痛いって言ってたよw

Cammino da sola con bastone di strada

*関連記事はこちら↓*

カテゴリー散歩

レオナルド・ダ・ヴィンチの生家 CasaNatale di Leonardo

レオナルド・ダ・ヴィンチが工夫した堰 Psecaiadel Mulino della Doccia

Vinciヴィンチの山、Montalbanoモンタルバーノ

 Grazie di aver visitato!

最後まで拝読していただきまして

ありがとうございました。

↑このページのトップヘ