大地の住人 ヴィンチの丘で

地球と体に優しいコト ~イタリアから~

フィレンツェの端っこレオナルド・ダ・ヴィンチのふるさとヴィンチの丘に在住。 大地の自然たちと向き合って地球と体に優しい様々なコト、発見・提案・発信!

カテゴリ: 散歩 Passeggiata

フィレンツェではそろそろクリスマスのイルミネーションが灯される頃

ドゥオーモと星型イルミネーション

Duomo 

中心街から15分ほどのトコロに

中心街入り口のベッカリア広場もクリスマスを迎える

Piazza Beccaria 

Bed & Breakfast Villino Il Magnificoヴィッリーノ・イル・マニーフィコへ 。

Targhetta di B&B

フィレンツェに長いこと在住する日本人が経営している。

Stanza

1800年代建築、アンティーク家具、バスルームの家具もアンティーク風に統一され、西欧の趣が充満する。

Comò Antiquariato
Lavandino -Bagno

私好みの家具と私好みのタイル。

Mobile Antiquariato

ヴィンテージにも見え今日のルックにもピッタリ。

Pavimento stile anni '30 

優しくキラキラ光るミニシェンデリアがベッドを照らし疲れを癒す。

Lampada Antiquariato

今回案内してくださったオーナの美和さんは、長年の在住期間を生かしたたくさんの情報を親切に教えてくれる。

Corridoio

そして、お料理上手なオーナー、希望によっては日本食の朝食まで用意してくれるそう!

外には素敵な中庭がある。駐車も可能だそう。

Cortile con Cancello

B&Bの近くの通りは、フィレンツェの人気住宅街の商店街がある。

そのまま真っ直ぐ歩く通りは、何度来ても飽きない。いつもフィレンツェの住人で賑わっている。

ヴィンチの住人だってフィレンツェの住人気分!

フィレンツェに来たら、ヴィッリーノ・イル・マニーフィコで住人気分はいかが。


・・・・・・・・・・
2019年春より経営者が変わりましたので、B&Bの詳細は削除させていただきました。
ご拝読していただきましてありがとうございました。
変更日2019年11月18日


ありがとう↓

Mercato di Tartufo
以前、San Miniatoサンミニアート(ToscanaトスカーナPisaピサ)の丘に住んでいたことがあった。あの頃、犬でも飼っていれば・・・。
Piazza della Repubblica di San Miniato

San Miniatoの丘周辺は、高価な白トリュフ(Tartufo Biancoタルトゥーフォ ビアンコ)が採れる。

競いに競い合って、今や、たくさんの人を呼び寄せる白トリュフ祭 Sagra/Mercato del Tartufo Bianco11月も晩秋の頃開催される。

Prezzi di Tartufo Bianco

Sagraサーグラ(収穫祭)では、地域の繁栄と共に住人が郷土料理をこしらえ、収穫を祝う。

Schiacciata Bianca con Salsiccia Tartufata e Porcini
トリュフ入りソーセージとポルチーニの白ピッツァ
Schiacciata Bianca con Salsiccia Tartufata e Porcini

Tagliolini al Tartufoトリュフのタリアテッレ
Tagliolini al Tartufo

Scaloppine al Tartufo牛肉のトリュフソース和え
Scaloppine al Tartufo

マーケットでは、トリュウフの他、物産が並ぶ。

Mercato Gastronomico

Burro Tartufatoトリュフ入りバター

Burro Tartufato

この2016年大会で一番大きいと表された白トリュフ。

Tartufo Bianco più grosso

晩秋のSan Miniatoは、白トリュフの香りを包むような霧に覆われていた。

Duomo di San Miniato
 


ありがとう↓

湧き出る水を汲みに行く。
Vinciヴィンチの山Montalbanoモンタルバーノへ。 
a una a una
Fontanaフォンターナ(水汲み場)があるところはFaltognanoファルトニャーノという土地。

夫が一本一本汲んでいる間、私と少年は散歩する。 
Fontana a Montalbano 
イタタタ・・。
Passeggiata a Montalbano
オリーブの山道。
Passeggiata a Faltognano tanti Olivi 

バッグに入れて持ち運び。

Borsa 

しばらくしたらまた水を汲みに行く。

Conserva in Vetro



↓ありがとう↓ 

Associazione Montalbano Domaniアッソチャッツィオーネ モンタルバーノ ドマーニ(モンタルバーノ山を守る会)が企画する夏のハイキング・・・

『暗闇ハイキングPasseggiata Notturnaパッセッジャータ ノットゥールナ』。
Dal Montalbano
これは見逃せない。

どんなに知っている道でも、暗闇にハイキング・トレッキングする者はいない。・・はず。

Amato

集合は、夕食後の時間。2115分。

早夕食を目指し・・ワインの量を控え・・水を多めに持って、出発!
Seguire il Sentiero

Pistoiaピストイア県に入ったMontalbanoモンタルバーノの高台に位置するPorcianoポルチャーノ(Comune di Lamporecchioコムーネ ディ ランポレッキオランポレッキオ地方自治体)から坂道を上っていく。

Rana

カエルを発見。

Gruppo Torcia
暗闇の中の懐中電灯。

Pausa Passeggiata

ちょっと休憩。一口デザートや甘酸っぱいSusineスジーネ(プラム)、水が用意されていた。

Giorno Dopo di Luna Piena

満月の翌日。

Vista Notturna dal Montalbano

標高640Mに辿り着く。見渡す限りの夜景。

Casa Abbandonata Light Up

暗闇の廃屋は懐中電灯でライトアップ。


到着は、Porcianoポルチャーノの隣の村Fornelloフォルネッロだった。

シメのPizzaピッツァSchiacciata Croccantina Fine Fineスキアッチャータ クロッカンティーナ フィーネ フィーネ(極薄カリカリフォカッチャ)が次々出てきたPizzeriaピッツェリアの前が終点。

冷えた水、ワイン、シュワシュワドリンク。

今回のハイキングツアーのタイトル:

Brindisi Sotto le Stelleブリンディジ ソット レ ステッレ

(星空の下で乾杯!)


参考ブログ『Vinciヴィンチの山、Montalbanoモンタルバーノ』もどうぞ。



世界中が夏休みかもしれない8月半ば。

カンカン日和が続くVinciヴィンチ

空気は澄み、雲さえもない。
Siamo partiti
陽に当たると熱いが、帽子をかぶってお弁当を持って水を持って(飲むだけではない。洗う水。緊急時の水。常に外出時は多めに持参。)涼みを求め森の中まで歩いていこう。


我が家からヴィンチ村まで、赤白の道標を辿るコースがある。
un'Indicazione verso Vinci

少年は≪ウサギの道≫と呼んでいる。このコースで23回野ウサギと遭遇。

ちょっとドキドキの廃屋を通ると、バタバタバタ~~~と鳥たちが飛び立つ。毎度ヒヤヒヤする地点である。
una casolare abbandonato

ブドウ畑やオリーブ畑を通って行く。
Nella Vigna

道中、Moreモーレ(クワイチゴ)をつまむ。
More in Agostoun pochino di More

Stuzzichino di More
目の前はヴィンチ村なのにこんな木の葉が揺れる道がある。

Vicinissimo a Vinci

少年ったら快調に歩き出したせいか突然モヨオしてきた。

野外トイレは、汚い公衆トイレより気持ちがイイ。

が!

止むを得ない野外トイレの使用済みティッシュは絶対に置いてこない!(鉄則!)

ブツは葉で隠す。

ゴミを平気で落とす・捨てるこちらの民は、こんなことのマナーに驚くほど欠ける。

Bianco e Rosso verso Vinci

さてスッキリ身軽となった少年、お昼も近くなりお腹が空いてきた。早いとこ、涼みの目的地へ着こうじゃないか。


ヴィンチ村へ出てみると、アレ~~こんなところにインフォメーションオフィス!
Ufficio Informazione di Vinci Nuovo!

ミュージアムの側から引越ししていた。


私と少年が目指すところは、春、Associazione Montalbano Domaniアッソチャツィオーネ モンタルバーノ ドマーニというモンタルバーノ山を守ろう会が企画するハイキングツアーに参加した時に行ったところである。(ブログ『Vinciヴィンチの山、Montalbanoモンタルバーノ)


ヴィンチ村からレオナルド・ダ・ヴィンチの生家へオリーブ畑の中を通って歩いていけるコースがある。
 Starada Verde

赤白の道標14番を追っていこう。
Vista Vinci dalla Strada Verde

傾斜の激しいアスファルトを上り、≪Starada Verdeストラーダ ヴェルデ≫と名付けられた砂利道コースに入った最初の分岐点に、Madonninaマドンニーナ(聖母マリアの小像)がある。
Madonnina dove c'è vivio 

左の赤白に進めば、レオナルド・ダ・ヴィンチの生家 La Casa Natale di Leonardoラ カーザ ナターレ ディ レオナルド30分程で辿り着く。
Indicazione verso・・・

右の赤白の手書きの≪Pescaia del Mulino della Docciaペスカイア デル ムリーノ デッラ ドッチャ≫に進めば、10分もしないところに、レオナルド・ダ・ヴィンチが設計した≪堰せき≫に辿り着く。
Pescaia del Mulino della Doccia

このPescaia()1418年頃、ヴィンチ村の送水路であった小川Rio Castellanoリオ カステッラーノの途中、階段を設けることで水の腐食を抑える工夫があったそうだ。

Disegno di Leonardo da Vinci

ちなみにこのコースは、まだインフォメーションでオープンされてない秘密の泉。

世界中が夏休みなのに誰もいないヴィンチの森の中でピクニックをしながら自然と歴史の観察をする。

森が暑さから守り、キラキラ入る日差しが心地良いヴィンチの涼み。

Bel tempoChe c'è sopra
Bosco protetto dal CaloreIdorometre sull'Acqua e sull'Cielo
ハイキング後はヴィンチ村でGelatoジェラート!涼みのシメ。

おっ、広場にタッチスクリーンインフォメーションが登場している!!

Touch Screen Information

↑このページのトップヘ