大地の住人 ヴィンチの丘で

地球と体に優しいコト ~イタリアから~

フィレンツェの端っこレオナルド・ダ・ヴィンチのふるさとヴィンチの丘に在住。 大地の自然たちと向き合って地球と体に優しい様々なコト、発見・提案・発信!

タグ:つまみ

DSC04825

近頃、一人ちびちびワインを舐める。

アペリティフからはじまる。

それは夕飯の一部でもある。

1月の終わり頃から日が長くなったのを感じるのは

アペリの時間が狂いはじめるからだ。

たまに豪華なクロスティーニを用意する。

それは、パンを軽く焼いて熱いうちに

薄切りにした熟成チーズをのせたり

あるときは自家製リコッタチーズにオリーブオイルだったり。

あるときはツナに、梅干しやニラ(Erba Cipollina)の微塵切り

マヨネーズちょっとにオリーブオイル

梅干しは塩味と酸味だから甘味にハチミツやキビ砂糖を足す。

このツナペースト(?)、おにぎりのツナおにぎりからひらめいた。

少年が日本滞在でツナおにぎりが大好きになってしまったことから

再現しようとアレンジしてみたのである。

お昼にツナおにぎりの余りがアペリのおつまみになるのである。

もちろん毎日つくってられない。

ピーナッツのときもあるし、カリカリスキアッチャータの日だってある。

オリーブの塩漬けをかじるときもある。

スナックを買うことは無いに等しい分

バリエーションの手作りアペリで

日々、第一発目の一日の”おつかれさま”に

胃に染み込ませるのである。



DSC04827

夫は禁酒はじめちゃって、Bioのリンゴジュースを少年と飲んでいる。

しばらくすると

「あ、お母さん酔っぱらってるー!」なんて言われることもあるけどさ

何が違うっていうんだ。いつもと同じじゃないか。

毎日毎日、家族揃ってのこの時間が楽しみで朝がはじまるような。

何を話すわけではないけれど

バラバラに一日活動して、アペリ頃に家族が集合して

すぐにお腹になんかいれて、喉を潤したい。

ワインだってジュースだって

家族が揃うことが体に沁みるひとときなんじゃないかと私は思う。



DSC04789

そんな体に沁みるタンニンと酸味の調和のとれた

フルーティーでジェヌインな農主のビオディナミワインは虜になる。

その虜ワインをホームパーティに持っていって、虜友をつくる。

グビグビ沁みるジェヌインさは友もすぐ虜となる。

二本じゃ少ない、三本じゃ奇数だ。

四本必要なときもあるし、六本必要なぐらい人がくるときがもある。

ホームパーティだけではない

外で乾杯するぜ!っていうお花見みたいなときもあるし

顔馴染みのレストランでは持ち込みワインOKなところもある。

2本用のバッグは持っていたが、それ以上の本数の場合

ダサダサで持ち歩くのにオサレ感が全く無いプラスチックの籠。

だからずーっと欲しいなと思っていた一品だったのである。



DSC04821

どれも端切れで、厚めの生地を選んだ。

それでも重ねると私の古いミシンではなかなか先に進まなかった。

底の部分がもっともっとカチカチの素材でもよかったようだ。

あとから結局厚紙を敷くことにした。

そして、頭を捻ったのは、中の仕切り。

仕切るのはいいのだが、ヨレヨレの仕切りをバッグに縫い付けないと

じっとしなていないことである。

簡単に上と下の方を手縫いでみえるように縫った。

それと遊び心に、このはめ込まれたポーチは栓抜き入れ。

そして揺れ防止に、ひとかたまりに縛る紐を搭載。

端切れを集めた割にはなかなかの上出来で

家人らに何度もコメントをせがんだものである。

「い~んじゃな~い。」 チッ。



DSC04820

それではこれから虜友と乾杯してこようと思う。

じゃんじゃんいこう。



*私がセレクトした過去の関連記事Best 3 Archivi Selezionati*

マーケットの端切れ創作 Scampoli di tessuto al mercato

小さな白・冬のお裁縫 Bianco Invernale

お裁縫・秋カバン2016


Grazie di aver visitato!

最後まで拝読していただきまして、ありがとうございました。




にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ


Instagram
 ≫≫≫ obatamakivincirealmakici

旅する土鍋さんがVinciヴィンチにやってきた。

3035Kgある旅する土鍋は、汗をかきながらイタリアを旅する。

アチチ・・あつつ・・スッキリ盛り合わせ。

DONABE e sugo di fegato per Crostini


旅する土鍋
を担ぎながら旅する我妻珠美さんと、
Papero in Umidoパーペロ イン ウーミド(チビガチョウの煮込み)を体験!

Pomodori Pelati fatto da me


7
月前期にCerreto Guidiチェッレート グイディ(Vinci村の5km隣村)で開催されるSagra del Papero e Cinghialeサーグラ デル パーペロ エ チンギアーレ(若ガチョウとイノシシ祭り)でとっても美味しかったチビガチョウ。イノシシより上品で繊細な味。ワイルドなイノシシも大好きだけど、首筋の伸びたガチョウの方が好きかしら。

Cuocere


いつもニワトリを調達している農園さんでチビガチョウを調達。

この農園さんは、さらに引越しをして広大な大地でBio飼育をしている。

Bioの動物たちはBioで栽培された餌を食べている。

私たちより断然健康に生きている。

Aperitivo mentre cuociamo Papero in Umido


チビガチョウを煮込んでいる間、つまみをつまみながら、乾杯!

暑い夏、アペリの時間もまだ暑い!

それでもアペリ時間の日差し加減に私たちは喜ぶ。

おしゃべりしてると煮込みなんてあっという間。

一人で煮込むより楽しいな。

ガチョウの食べれる内臓をCrostiniクロスティーニ用に仕度してカリカリスキアッチャータと。

あうあう。

Crostini di Fegato di Papero


大きな大きな土鍋さん、弱火の弱火でも熱を回すことができる節約土鍋。

大きな大きな土鍋さん、大きなガチョウも問題ナシ。

大きな大きな土鍋さん、旨みを引き出し美味しいガチョウの煮込みができました。

Pappardelle al Papero


お肉を崩して、
Pappardelle al Paperoパッパルデッレ アル パーペロ(崩したチビガチョウ肉入りソースを絡めた幅広パスタ)を。

お肉のかたまりはSecondoセコンド(メインディッシュ)で。

Pensiero da Tamami una borza disgno di DONABE


フィレンツェの同じ屋根の下の同じ部屋で過ごした珠ちゃん。同居人は心配し合って姉妹のようだった。毎晩毎晩ワイン片手に語り合った。

今は、旅する土鍋プロジェクトでヴィンチで会い、土鍋さんを囲んでワイン片手にまたまた弾んだひとときを送る。心配し合ったり応援し合ったり。

ぎゅっと煮詰まれた時の流れ。

土鍋さん、再会を運んでくれてありがとう。


*関連記事*

カテゴリー【アーティスト】【】【プロフィール

ヴィンチの住人、ミラノでふくらむ

時の同居人 Camera Doppia

トマトを保存する Conservare i Pomodori

イチジク Fichi

ありがとうGrazie↓

暑くても・・暑くても・・暑くても・・寒くても、年がら年中一週間に一度は食べる我が家の定番料理、PIZZAピッツァ

Pronta la Pizza!

Lievitoリエヴィト(イースト菌)の量や小麦粉にも気を配るようになって、だいぶイイ感じに作れるようになってきたぞ。

我が家はフワフワよりパリパリより・・カリカリを好む。

そして、La Pasta di Pizzaラ パスタ ディ ピッツァ(ピッツァ生地)は、超万能!Pizzaだけでなく、ちょっとアレンジするだけで簡単にイタリアンが完成。

家庭にしっかりオーブンがあれば誰でもできる!自家製を是非!

impastare nella ciotolona

小麦粉1kg Farina integrale Farina 0

全粒粉と強力粉を自分でミックス。糖分の少ない全粒粉だけだと膨らみが悪いかもしれない。

●↑に塩小さじ4Cucchiaini di Sale

DSCN2909

ほんのちょっと温めた水 500ml Acqua tiepida

フツーのヨーグルトからYogurt Grecoヨーグルト グレーコ(ギリシャヨーグルト)を作ったときに出てくるSiero di Latteシエーロ ディ ラッテ(ホウェイ)は、発酵を助ける。

◎↑にキビ砂糖小さじ2Cucchiaini di Zucchero di Canna

◎↑に生イースト菌をほんのひとかけらを崩しながら加えて混ぜる。

poco poco poco di Lievito di Birra

poco poco Lievito di Birra

最後に、エキストラヴァージンオリーブオイルを大さじ5。

Cucchiai di Olio di Oliva Extravergine

per mescolare uso una ciotolona e un cucchiaio

私は大きなボールの中で、●◎○を混ぜ、グチャグチャ作業を行う。(友人伝授)

グチャグチャしなくなったら、そのままボールの中でしっとりするまで手でこねる。

impastata la pasta di pizza

こね終わったら、そのままボールの上にお皿かなんかで蓋をする。

汗をかきながら、しっとり膨らんでくる。

息ができるよう、隙間を開けて。

冬は暖炉の横で、暖まりながらヌクヌクゆっくり膨らむ。

Raddoppiata la pasta

所謂2倍に膨らんだら、Pizzaの開始!

kgの1/=Pizza

・打ち粉をしながら生地をのばす。

・天板に移動させ、Polpa di Pomodoroポルパ ディ ポモドーロ(カットトマト)もしくはPomodori Pelatiポモドーリ ペラーティ(ホールトマト)をのばす。我が家は少なめに生に近いトマトを好む

・具をのせていく。

Mozzarellaモッツァレッラを散りばめ、Olio di Oliva Extravergine(オリーブオイル)をかけ、Saleサーレ(塩)を全体にふる。

・Fornoフォルノ(オーブン)(火力を上下とモーターにセット)200210℃15min.、中段で一枚ずつ焼く。

Pomodori Pelati in conserva

好みで、Olio Piccanteオリオ ピッカンテ(ペペロンチーニオイル 我が家は自家栽培のPeperonciniOlio di Olivaで)をタラッタラッとかけてみよう!ピリッと一味増して、さらにピッツァが美味しくなる。目の前のドリンクもすすむ!

Olio Piccante fatto da me

Pizza Biancaピッツァ ビアンカはトマトソースなし。

さっぱりPizza。トッピング素材の味が引き出るような。

出来上がり5分前にトッピングしたり、生地だけ焼いて(10分くらい)後でトッピングしたり。


Calzoneカルツォーネは包んだPizza

定番は、MozzarellaProsciutto Cottoプロシュット コット(加熱ハム)

包んだら、オリーブオイルをかけ、塩をふり、Pizza同様に焼く。


Focaccia(Schiacciataスキアッチャータ)は、厚めに指で生地をのばしていく。

オリーブオイルをたんまりかけ、塩をふり、1820分かけて焼く。

アレンジして、タマネギ、ポテト、ズッキーニをのせたり。

アペリティフに登場させることもしばしば。

シンプルだったら、食事のパン代わりにも。

Focaccia con Tonno e Cipolla

残った生地は・・・

冷凍保存 in Congelatore

翌日Focacciaフォカッチャ作り

48時間常温放置が可能 早めに作ろう。前日にこねて発酵させる!

冷蔵庫保存 早めに作ろう。in Frigorifero

長持ちするカリカリスキアッチャータ作り

タコスのトルティーヤにも使っちゃえぃ。生地をフライパンで焼く。Tortillas!

ギリシャのピタだってイイ!生地をフライパンで焼く。Pita Greca!!

Schiacciatina Semiintegrale con Semi di Sesamo

とっても万能なピッツァ生地。

自分の手でこねた生地で焼くPizzaは、弾力のある楽しい食事となること間違いなし。


*関連記事*

カテゴリー【食アレンジ】【

カリカリスキアッチャータ Schiacciatina

タマネギリング

ヨーグルトチーズ

ズッキーニのお花 Fioridi Zucchina

トマトの保存 Conservarei Pomodori

ilPesto al Tofu con SHISO シソ入り豆腐ペースト

Peperonciniペペロンチーニ

ありがとう↓

Schiacciatina Semiintegrale con Semi di Sesamo
おやつ・おつまみ、あると便利なSchiacciatinaスキアッチャティーナ

フィレンツェ在住のスーパーお料理研究家shinomaiさんの『オリーブオイルのかりかりクラッカー』レシピを参考に!

我が家の定番Schiacciatinaは、Semintegraleセミンテグラーレ(全粒粉と強力粉を半々)のピッツァ生地で。

さらに白ゴマ混ぜて。

勿論オリーブオイルは、自家栽培のオリーブオイル。

Olio di Oliva 2016

我が家では、アボカドサラダやトーフペースト等々トッピングして、フルティー白ワインと一緒に、アペリティフでは大活躍!


*関連記事*

カテゴリー【ブドウ】【食アレンジ

ご褒美とギフトにバイオダイナミックワイン(2015)

タマネギリング

ありがとう↓

↑このページのトップヘ