大地の住人 ヴィンチの丘で

地球と体に優しいコト ~イタリアから~

フィレンツェの端っこレオナルド・ダ・ヴィンチのふるさとヴィンチの丘に在住。 大地の自然たちと向き合って地球と体に優しい様々なコト、発見・提案・発信!

タグ:オリーブ畑

DSC01430


私が小豆島に行きたかった一番の理由は

日本のオリーブ畑を歩きたかったからである。

小豆島にフェリーで着いた途端、オリーブの木があちらこちらにある。

バスまでもオリーブバスなどという名称になっている。

島は、オリーブで有名になり島の経済を回しているようだ。

オリーブ牛、オリーブ豚、オリーブ素麺、オリーブソルト・・・

勿論オリーブオイル、オリーブオイルドレッシング、オリーブ塩漬け

オリーブ茶、オリーブソープ、オリーブローション

オリーブオイルクリーム、オリーブオイル化粧品・・・

日本人の開発力やビジネス力に驚く。

オリーブを使ったことでオリーブの効果がどこまで発揮できるか

私は疑問だが、土地興し的なマーケティングは日本に向いている。


DSC01401

DSC01402


しかし、小豆島に着いてすぐに気がついたことがある。

私は、トスカーナに住みオリーブ栽培をトスカーナで学び

トスカーナで独自栽培をしていることもあって

小豆島のオリーブの樹形や剪定の仕方が

私が学んだ剪定と全く違うことに一目瞭然だった。

私たちがざっくり二つに区別しているフルーツ樹形と

正真正銘オリーブ樹形(それでもいくつもあるが)に例えたら

フルーツ樹形っぽく、なんかモサモサしているのである。

枝もヒョロっと上へ伸び、中心部も枝だらけ。

目にするオリーブがどれも似たような剪定でなんか納得いかない。

なんでだろうな。


DSC01349


小豆島で唯一か数少ないであろう有機で栽培している

オリーブ業一本で賄っている農園を訪ねることにした。

この人もいい人だ。わざわざ宿舎まで迎えに来てくれた。

島の不便さを分かっているからであろう。

有機農園のご主人も、東京からの移住者であった。

オリーブに魅了され相当の情熱があっただろうと想像する。

ご主人は、土地を数件借りてやっているそうだ。

私と同じだ。移住者は土地を持っていない。

だから島民が面倒見きれなくなった土地を管理しているのだ。

だからあっちこっちにあるそうだ。


DSC01350

DSC01351


それで、剪定の質問をすると

「あの樹形は間違ってはいないんですよ。」

「あ、そうなんですか?」

「小豆島はもともとみかんの栽培が盛んだったんです。」えーっ!

あのフルーツ樹形だなーと眺めていた樹形は

みかんの木の樹形だったのであるw

みかん農園の方たちが、巷でオリーブが騒がれ始めて

オリーブ農園に切り替わったのだそう!

だから、オリーブ栽培はみかん栽培のつづきなのだそうだ。

収穫もみかんのように一粒づつ収穫しているんだそう!

地面に編みを敷いてガタガタと振動機で落とす

イタリアの収穫風景なんて未知の世界なのであろうか

それとも野蛮な世界なのであろうかw

イタリアのオリーブ栽培からすると

手摘みでお腹のポケット(籠とか)に仕舞い込むやり方は

大袈裟に言うと100年前の話かもしれない。

オリーブ文化の国は、どれほど収穫に時間をかけてはいけないか

そこで採算があわなくなってくることを知っている。

収穫してすぐに搾油した方が良いことは日本人も認識済みで

各農園に少量でもできる小型搾油機を持っているそうなのだ。

人件費をつかってまでも丁寧に摘んで

様々なオリーブ商品に展開するのが日本のやり方なのである。

オリーブの収穫をイタリアより早々から始めているのも

塩漬け用だったり

、超ポリフェノール満点のオリーブオイルだったりと

オリーブオイル文化の国と違う商品を目指しているそうなのだ。

時期をずらして化粧品用オリーブの収穫をして

肌にしっとり馴染ませるベトつかないオリーブオイルを生産したりする。

食品として使うには不味なオリーブオイルは

実は、収穫期を遅らすことで強力なオリーブの持つ成分を抑え

アレルギー肌にも対応し、香りもソフトになり

化粧品として最適になるのだそうだ。

オリーブオイル100%の無添加には間違いない。

そしてお茶の国ニッポン。

オリーブの葉の効能に注目し

飲料のお茶や飼育用に葉だけ栽培していたりする。

ちなみにイタリアでオリーブの葉のお茶が一般に出回らないのは

薬草として肝臓の病に効果があると知られている。

摂取過ぎに要注意と薬草師は言う。

そんな葉摘み用オリーブの木は若く、実をつけない状態で

葉だけ刈り取られていくそうだ。

だからオリーブの苗木屋さんを見かけるし

小さなオリーブの木もあちこちに点在する。


DSC01407


しかし、日本でオリーブ栽培は不向きなのではないだろうかと

ご主人は言う。

まさに私が伺った梅雨真っ最中の小豆島は

草が生い茂る時期である。

ご主人は、刈っても刈っても生えてくる草刈りの日々。

トスカーナでオリーブ栽培してる私がここにいられるのは

トスカーナは、初夏の草刈りをすれば

乾燥で草は生えてこないのである。夏は茶色い大地のイメージ。

年に2回ほど草刈りすれば大丈夫だったりする。

それをご主人に言うと、驚かれそして項垂れた。


DSC01434


そして日本でオリーブ栽培に不向き

なんじゃないかという決定的なことは

日本にしかいないオリーブアナアキゾウムシとかいう

寄生虫が存在していることである。

イタリアでの寄生虫はオリーブミバエという

オリーブの実に卵を産み付ける小さいハエである。

ミバエの産卵期が収穫時期に近いと収穫したオリーブの実と共に

搾油されてしまい酸味が強くなってしまうところが欠点。

オリーブの実の成長期に産卵されてしまうと

三週間で飛び立っても、実が傷んでしまう。

日本に生息するオリーブアナアキゾウムシは

オリーブの根本や新梢や葉を食べて

オリーブの木を枯らしてしまうそうなのである。

枯らしてしまっては大変だ。

そこで有機栽培のご主人、毎日毎日畑を見回り

ゾウムシをひっ捕まえているのである!

日本でなかなかオリーブの有機栽培ができないのは

その寄生虫をやっつけるために

殺虫剤を撒かなくてはいけないそうなのである。

そこだけが難点な部分なようだ。

イタリアでミバエ退治の有機栽培は

色で誤魔化す方法で、白くカオリンや石灰を撒く。

それだけで全然違うんだから、ゾウムシの研究できっと

有機で簡単に予防できる方法が見つかるはずだ。・・と思う。

ご主人は、ゾウムシを飼って、日々研究している。

ご主人のオリーブ栽培の情熱が、ゾウムシ退治の研究まで・・・。


DSC01439


ポリフェノール満載のオリーブオイルも是非試飲してみたかったし

もっともっと情報交換でもしたかったが、農業人に時間はない。

ご主人の血と汗の有機オリーブオイルは

東京の方が応援してくれることが多いそうだ。

私も微妙に察したことは、地方の人たちより

都会の人たちのほうが、地方に興味をもって応援している。

島での開業は

移住者と島民との引き合いでぶつかることもあるであろう。

それでも島の外は、やはりいいことといいものを見分け求めてくる。

一刻も早くアナアキゾウムシ予防法を生み出すことを祈っている。

・・祈っています。ありがとうございました。

ご主人に、オリーブ公園まで送ってもらった。


DSC01677


オリーブ公園でランチをすることにした。

オリーブ豚と瀬戸内産レモンのチャーシューラーメンと

温かいオリーブ素麺を注文した。

なんだか味的にあまりよくわからないけど

お土産にしない代わりに土地で食べておく。

オリーブ公園には、小豆島にオリーブが植えられた歴史館がある。

日本の中で一番地中海性気候に近い場所

それは小豆島ということで国が試験的に植え

定着したことから、オリーブの研究と生産が始まったらしい。

しかし、日本でオリーブの何を求めたのであろう?

公園内のオリーブは大きく、トスカーナをイメージさせるが

枝が多すぎるのと葉に元気がない。

どれも台風で倒れないよう支える設置がしてある。

「もう少し中央の風通しを良くしたらどうですか?」

「そうですね。風が抜けやすいかもしれないですよね。」

ともう一軒オリーブ農園を訪ねた栽培部の若い部長さんが答える。

彼も東京からの移住者。総務さんも関西からの移住者。

情熱をもったオリーブ好き移住者と

ミカン栽培から移転した島民。

こんなにオリーブ騒ぎじゃ、もうオリーブ業から離れられない。

オリーブだけでは生計が困難なことは世界どこでも同じようだが

マーケティング上手なニッポン人は第六次産業まで展開していく。

島興しから始まった瀬戸内芸術祭もかなり恩恵を受けてそうだ。

DSC01447


DSC01454


海に囲まれ、オリーブは常に海の風に揺れている。

歩くビーチには誰もいない。

雨が降ってきた。誰もいない海の家で雨宿りしよう。

誰もいない海の家だと思ったら、主がいた。

「あぁいいよ、雨宿りしていきなさい。

この雨でわしはちっとも儲からんよ。」

雨が多すぎてもいけないし、暑すぎてもいけない。

農業もほどほどの一年が毎年来ればいい。

土地を守りながら、土地に合う農業で、土地に合うビジネスで

土地に合う暮らしができたら最高なんじゃないかと思った。



*私がセレクトした過去の関連記事Best 3 Archivi Selezionati

ブルーな島、清い島SetouchiRegion - Shòdoshima vol.1

親切な島、甘辛い島SetouchiRegion - Shòdoshima vol.2

 『オリーブをモスカから守るgiàinvaiatura



Grazie di aver visitato!

最後まで拝読していただきまして、ありがとうございました。




にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ


Instagram
 ≫≫≫ obatamakivincirealmakici




昨年、私が意図する・・私が想う・・樹形を整えた。

まずは、オリーブの背を低くする。

次は、一本のオリーブの木から、最高4本の主枝にする。

私の理想は3本。

さらに主枝から出てくる枝を減らす。

そして、広がりを抑える。

とにかく、エネルギーの拡散を抑え、集中できるように仕上げた。

そうすることで、リンパの流動を最小にし濃縮させ

枝・葉・実に彼らの持つ役割と作用を発揮させるためである。

私は、堆肥を控えることにした。

人は笑うだろう。

どのオリーブ栽培士は、肥料を撒く。私も講座で教わった。

二年前まで、あるメーカーの鶏の糞を製品化された肥料を

撒いていた。講座でそう教わったからである。

しかし、何も・・・変わらなかった。・・・と思う。

緑肥をする人は、あんなの水だよ、という。

緑肥をすることは賛成だが、成長したときの緑肥の高さと

オリーブの下がるフサフサが重なるだろう辺りがすごく私は気になる。

風通しが悪くなると、やはりそれはそれで病気になるからだ。

しばらく無肥料でダイエットさせようと思う。

私の思うようにバサバサ切りたいところも、そこは労わって

樹への想いは、剪定で操作することだけとしてみようと思う。


DSCN1086


その昨年の意図した剪定に、攻撃に出たオリーブは

彼らの発散を小さな新枝を産出することに代えた。

彼らは、私に何かいいたいようだ。

そんなに剪定が好きならどんどん切ってくれ、とでも。

一本一本、彼らの前に立つと溜息が出る。お前もか。

私のエネルギーは、私のオリーブたちに吸い取られ

剪定中、魂が入り込んだようになるのである。

私の精気は、オリーブに移り代わり

オリーブの精気は私に移り変わるような。

一本のオリーブといっても

主枝が3~4本あるオリーブの剪定が終わると

すぐに次へ進むが、一本一本の精気を交換し合っているようで

すごく重たいのである。

一日、そういうわけで細かく彼らと向き合っていると

すごく疲れるのである。

家族に、オリーブに精気奪われちゃって疲れちゃったなー

というと、オレも仕事でスピリト奪われちゃって毎日疲れてるよー

あ、ボクも!勉強ばっかり座ってばかりで精魂尽きちゃったー

・・・・・・・・・・・。

違う!違う!その疲れじゃない!


DSCN1017


私のオリーブオイルを支援してくださっている

有難き友たちが何人もいる。

そんな友たちがいるから、私は経験を積むことができる。

彼ら支援して下さる方たちがいなければ

家族用のオリーブオイルを自己満足で生産し消費するだけである。

精気を奪われる剪定に弱音を吐きたくなるが

収穫していることを想像しながら

みんなが喜んでいる姿を想像しながら、私はガンバル。

そんな支援の友たちから嬉しいコメントを下さった。

ノヴェッロといわれるオリーブオイルが最高に美味しい摘み立てから

3ヶ月が経ち、そろそろ味も落ち着いてくる頃である。

フィレンツェ在住の友たちは、イタリア居住という特権で

いろんな農家からオリーブオイルを入手する。

私は、それでいいと思う。

私を信頼してたくさん注文してくださる友たちには

早摘みと遅摘み、二種類に分けて届けたりしている。

私のオリーブオイルは、収穫・搾油毎に分けている。

それは、畑ごとに品種が違うのと土壌やストーリーが違うからである。

管理を任せられている畑があっちこっちにある。

似たような品種でも、私は搾油後ブレンドしない。

そこが少量生産でできることとおもしろいところなんじゃないかと思う。

こんなことをしているのは、私だけかもしれない。

しかし、味が違うんだから、混ぜちゃぁ面白味を

足で踏み躙っているようなものである。

二種類手に渡った支援の友たちには

まろやかな早摘みを先に、パンチのある遅摘みを後に

もしくは料理で使い分けることを薦めている。


DSCN1018


そんな支援の友たちから

私のオリーブオイルは、他と違うというのである。

ワインのソムリエ級の友だったり、家庭料理の達人だったりする。

オリーブの生産地イタリアで

私のオリーブオイルを気に入って下さったんだから

それはそれは嬉しいの一言では収まらない。

他と違うことが、子どもにだってわかるほど、味が違う。

イタリアだって、同じトスカーナだって、ここヴィンチだって

味は作り手の魂に変わってくるのかもしれない。

友たちは、オリーブオイル文化のここイタリアで

私のオリーブオイルは、フルーティで軽く味が変わらず
エネルギーを感じる
とまで褒めて下さった。
がんばって続けてくれとまで。


DSCN1090


私の髪の毛は、色を染めない、パーマをかけない、ブローをしない

自然派シャンプーとオリーブオイルをぬるだけである。

見せる決め手は、カットのみということになる。

もし家に例えたら、光の演出と風通しの良さで家を守る、みたいな。

なんだかそれらと似ていて、肥やさない、抵抗させない

ケアは必要な時のみ予防する。

美味しくさせる決め手は、栽培では剪定のみということになる。

それと、収穫時の所要時間と搾油方法が更に決定的となる。

そのままのワタシは、そのままのオリーブをつくる。

だから精気が入れ替わってしまうのかもしれない。


DSCN1080


オリーブと私ポティーナ(剪定士)の精気が交錯するオリーブ畑で

道端に捨てられていたまだまだ使えるセンスの悪い椅子は

椅子まで精気が伝わるほどオリーブ畑にあっているではないか。

私の疲労を受け止めてくれるのはこの椅子しかない。

この椅子に座って、ランチにしようと思う。



*私がセレクトした過去の関連記事Best 3 Archivi Selezionati

女剪定士の弱音 Potaturadegli Olivi④

我がオリーブオイルのヒミツ Frantoiod'Oro di Vinci

そのままのワタシ Hoi capelli bianchi


Grazie di aver visitato!


最後まで拝読していただきまして、ありがとうございました。



にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ


Instagram
 ≫≫≫ obatamakivincirealmakici




年が明けて・・・なんていつのこと?もう二月も半ば。

立春も過ぎ、春の気配だって感じる今日。芽はポツッと膨らみ

ツンとしてれば呼吸の芽、ポチャとしてればいただきますの芽。

天を見上げれば、新月から満月に向かうスリムなお月様。

雨が降ったり風が吹いたり、雲からはみでたお日様は

光の線をつくって、空へ大地へ私へライトアップ。


DSCN0935


世の中が忙しくしていた十二月

私はぼんやり翌年来る年を描いてた。

イタリアは年明け早々稼動するみたいなことをいうけれど

基本的にはやっぱり学校が開業している時期が

一番稼動しているような気がする。

日本へ一時帰国する喜びで色々妄想中の私には

妄想と問い合わせだけでもう息苦しい。

自分が動くということは、人も同時に動かしているということで

自分の考える時間と相手の時間も

計算しながら尊重しながら進めていく。

そうこうしている内に、あれやこれや新しい知らせが飛び込んでくる。

大晦日の日SNSのフォローたちが、翌日に迫る新年の抱負では

来る年の予定が次から次へと沸いてくることの喜びに嘆いていた。

ほー、世の中の人々は何ヶ月も前から

いろんなことが決まっているのか・・と別世界に感じてた大地の住人。

しかし新年一ヶ月強経った今、人の忙しなさがようやくわかった。

それは、自分の活動を練っているのだ。

活動することは人との繋がりだということも改めてわかったし

早く早くに動くということは

相手の時間も含めた二倍の時間を計算した上のことだった。

農婦を目指す田舎者の私は

仙人的な思うがままのゆったりとした時間が流れていたようで

それは、慣れない最後のマラソンランナーのように息を切らせた。


DSCN0951


気が立っている中

少年の反抗期や家事のあれこれオーガナイズできず

何一つ中途半端に一日が過ぎてしまうこともある。

頭の中はグルグル妄想で

洗濯物を干したかまで忘れてしまう始末。固まって乾き出すw

夫が、本気で大丈夫か心配していた。

日本行きだけではない、ヴィンチの生活もあれよあれよと降りかかり

そうだ、一つ一つ解決していこう。いや、同時進行だ。


DSCN0937


一つ一つ解決していく中に、オリーブの剪定がある。

昨年バッサリ剪定したので若い枝がいっぱい生えてきた。

まるで私のグルグル頭の中のようである。

バッサリ剪定すれば

樹のエネルギーだってどこかで放出しなければならない。

太い枝に集中して流動していたのだから

それがなくなった分、子は生まれてくる。

それを選択しながら除去するか減らすのである。

同時進行に解決していこう。

そして、枯れた枝も除去してさっぱりさせたい。まるで散髪のようだ。

時間を優先する場合は、小さな枝は剪定せず

太くなった枝をグループで剪定したりする。

私は、一度さっぱりさせたいので

小さな枝もハサミでチョキチョキ剪定する。


DSCN0936


あ、目に異物が入った!

剪定用にメガネを持っているのに

うっとうしいからと外した矢先のことであった。

家の近くのオリーブ畑を剪定しているので

すぐに家に帰れるだろうと、手持ちの水は無かった。

以前・・確かあれは収穫最中・・・

鍔付の帽子を被っているにもかかわらず

メガネをしているにもかかわらず

目に異物が入って、すごーく困ったことがある。まだ記憶に新しい。

どうやっても取れない。もうネット頼み!片目でネット検索したっけ。

擦らない、目を洗う、瞼の裏側をひっくり返してみる、綿棒で取る

などなど色々試したが、全く取れなかった。

救急病院に行こうかとも思ったぐらい、ごろごろしていた。

翌日も様子を見ようと寝ることにした。

疲れていたせいか、ごろごろでもすぐ眠れた記憶がある。

しかし、朝起きてみると、ごろごろがない!

目やにと一緒にごろごろが出てきたようなのである。

また自然のチカラってスゴイなーと身に染みた事故であった。

今回のごろごろは、上瞼をひっくり返したときに取れた様子だった。

以前より早くに対処できて良かった。

目に入ったとき、翌日の朝まで無理かと半諦め状態だったが

取れちゃったので、また剪定に戻った。

この暖かい陽気の内にやっておかないと

いつ雨が降るかわからないし

いつ他のことが入るかわからない。

何をやるにも焦りながら向かっている自分にはっとする。


DSCN0962


今年は、夫が仕事で忙しく、私に手伝う時間がなさそうだ。

大地に落ちている枝たちを拾う作業もあるし

まとめて分ける作業もある。

超肉体労働で、足腰もすぐ痛くなる。ハサミを持つ手は膨張する。

剪定の計画を立てていると、電話が鳴った。

手に負えなくなったオリーブ畑の管理をして欲しい・・・と。




*私がセレクトした過去の関連記事Best 3 Archivi Selezionati

女剪定士の弱音 Potatura degli Olivi④

大地派剪定 Potatura da Terra

鳥が舞うようこそ立春 Crochettona al forno


Grazie di aver visitato!


最後まで拝読していただきまして、ありがとうございました。




にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ


Instagram
 ≫≫≫ obatamakivincirealmakici




DSCN0684

DSCN0678


寒い、寒い。

年明け、冬らしい冬を迎えている。

零度を下回る夜が続き、息が凍る。

暗い夜から青い早朝そして白い朝またしばらくするとだんだん橙色に。

今日は靄で私たちまで白く包まれた。

少年は、白い丘の上でスクールバスに乗り登校した。

賑やかな冬休みもようやく終了。ほっ。


DSCN0657


この寒さの中、お粥とかお茶漬けを朝ごはんにすることが多い。

温かい料理は即効で体が温まる。

ランチで食べるときは

スープをしっかり拵えてご飯にかけて雑炊にしたりする。

夜は、スープを濃くしてラーメンにしている。


DSCN0255


クリスマスのランチでは

オーガニックファームのアントネッラの鶏を一羽

オーブンでカリカリに焼いた。

オリーブオイルでマッサージし、塩を擦りつける。

オーブンのときはシンプルに、ハーブは使わない。

オーブン中、ビオディナミの白ワイン一杯と、野菜出汁を数回かけて。

オーブン皿に網を敷いた底には、脂と汁のスープが出来上がっている。

肉は、皮がパリッとして、中がジューシー。

パサつく胸肉には、そのスープをかけてもいい。

我が家は食べきれず、胸肉はちぎってサラダに。

スープは翌日分離した脂を取り除いてラーメン汁の出汁に。

全部たいらげた。

頭と足は、あらためて出汁つくりに使う。

ラーメンの麺は、五分で茹で上がる卵入りのFettuccine a nido

細いきしめんパスタを使っている。

中華麺の風味を出すには、重曹を入れたりするそうだが、お好みで。


DSCN0653


我が家の小さな庭で七草を摘み、七草粥を拵えた。

ご飯は至って残り物だが、お湯を足してお粥にする。

七草を軽く茹で、刻んで混ぜる。

ニラだけ生でパラパラと。

塩だけで味付けをして、オリーブオイルをかける。

生き生きした七草の緑に、玄米入りご飯

黄金のオリーブオイルの組み合わせは

お粥とは思えないほど見栄えがした。

「お粥にオリーブオイル、美味しいじゃない!」

「今頃気が付いたの?」

あ、そっか、義母はいつもこうして食べていた。

夫は、幼少からお粥とオリーブオイルで育っていたのである。

少年の小学校の給食にも

ライスにオリーブオイルがよく献立されていた。

イタリアでは、フツーのことのようである。


DSCN0662


塩とオリーブオイルだけの味付け

これほどシンプルで素材の味を活かせる食べ方はない。

オリーブオイルは生で摂れば、成分の効能が発揮する。

ハーブのっけうどんにもオリーブオイルをかけてこくを出し

スープだけにもオリーブオイルをかけると濃厚さが増す。

パスタにも仕上げにグルグルとオリーブオイルをかける。

パスタの場合、調理に使うオイルは控えめに

仕上げにたっぷり使うと逆にサラッと仕上がる。

こうやってオリーブオイルを知らずと生で摂取して

健康な体を維持しよう。

ニュースでインフルエンザや風邪の話をしているが

冬こそ元気な我が家でございます。



*私がセレクトした過去の関連記事Best 3 Archivi Selezionati

ハーブうどんにオリーブオイル Udoncon Dashi, Erbe e Olio di Oliva

イタリアで餅を食べる

ニンジンポタージュ Cremadi Carota



Grazie di aver visitato!

最後まで拝読していただきまして、ありがとうございました。




にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ


Instagram ≫≫≫ obatamakivincirealmakici




私は日本人だから

収穫を始める何日も前から

用意万端に5回分の予約を搾油所にした。


人気のある搾油所だし

昨年、たくさんの人は予約がいっぱいで搾油ができない!

なんてことになることは・・・考えたくない。


DSCN1042

その後、十一月の七日まで予約がいっぱいだってことを知り

予約成功の一安心と、搾油所の人気に嬉しくなった。




しかし、天候の都合で

自分が予定していた搾油日以外にも収穫をして搾油したい。


私みたいに予約はしても、状況次第って人はいっぱいいる。


一か八かでお願いしたところ、空きが出て

早摘みの収穫が一気にできたことは大満足している。




今年は、昨年より一回分少ないほどの収穫量だった。


生き返ったオリーブたち
がいる丘は豊作だった。


土地なのか風向きなのか

丘沿いのどのオリーブ畑も小さな粒がゴロゴロくっついてる。


しかし、向こうの丘の新オリーブ畑は、遅摘み用の実の付が悪かった。


こちらの畑を管理し始めて
2回目の収穫となるわけだが

一昨年は、樹の様子を観察した。


DSCN1029

私は承知の上で、一か八かの研究を試みた。


よし、元気はありそうだ、思い切って樹形を整えよう。


上へ上へ伸び、上へ上へエネルギーを吸い込む枝を

収穫しやすい位置まで下げた。


そして、横へあちこちにエネルギーが分散してしまう枝を

集中できるよう減らした。


その欲張りだった樹形の中を覗くと

重なり合いすぎて病気のような症状が発生している。


放置されすぎて虫たちも集まっている。


風を通す空間を創り


日の当たるトコロを設けた。


あぁ、まるで我が家の住宅設計のようだ。




実のなる枝は、今年生まれた枝を使っても実はならない。


翌年以降、枝たちは実を産むカラダとなるのである。


実を産むカラダではなくなった老いた枝は取り除き


後継できる若い枝たちを見分け


リンパを通りやすくしてあげるのが


剪定士の役目である。・・・と思う。




大量に剪定された樹は


今まで流動していたエネルギーの行く場を見失い

若い小さな枝をいっぱい生んだ。


エネルギーの放出は、このように表れた。




翌年の実の産出は


気候条件も栄養条件にもよるが


一昨年前の後継の為に生まれた実の種から


翌年へ向けて指示が出されているのである。


自然ておもしろい。


DSCN1061

収穫をしていて気がついたこと。


病気のような虫のたまり場みたいな症状が無くなったこと


肥料をあげていないのに、生き生きした葉を生んでること。


突然管理主が変わって

生活を一変しダイエットして体力つくりをいるようである。


変化に過酷な期間だろうが

オリーブたち、我慢してくれ。


だから、私も収穫の少量に我慢する。


DSCN1049

2018年のヴィンチの丘は


夏の降水量が少なかった。けれど、湿気はあった。


オリーブ好きのミバエもチラホラ飛び回った。


秋の入りの九月の降水量や気温は

収穫を待つ実にとって、とても重要な月。


しかし、秋の入りも降水量は足りなかった。


そうすると果実のホルモンは熟れが進んでいくそうだ。


今年は、どこも収穫を早くに実行したところが多いであろう。




遅摘みと呼ばれる品種も、どんどん熟れていった。


早く収穫しなきゃ!


・・・とまだ十月の話である。




早摘みから、天候状況、夫の仕事状況、生活状況から

十一月五日の搾油でオリーブの収穫は終了した。


当初予約した最終日である。


だから私は、これでも幸いに予定内に終了できたのである。


まだまだ何千本とあるヴィンチの農園は、先が長い。


DSCN1060

十月終わり頃、イタリア各地で悪天候の災害が相次いだ。


見てられないほどソワソワした。


私たち田舎暮らしは、いつ襲われてもおかしくない。


本当に他人事ではないのに対策ができない。


家も畑も家族たちも。


今、イタリアでは被害地の対策問題で渦を巻いている。


この気候現象の変化の対策は・・・


表面的に技術的に解決していくのではなく


もう遅いかもしれないけど


実は私たち一人一人の気持ちと行動で


引き起こすことも妨げたかもしれないし


現象を抑えることもできたかもしれない。


オゾン層と生態系の破壊は覿面に現れているのではないだろうか。


ちっぽけなワタシができることは


想いを込めて地球を守ることだと想っている。


それは、私たちの体を守ることでもあり


オリーブの種と同様、次世への指示でもあるような気がする。



*私がセレクトした過去の関連記事Best 3 Archivi Selezionati

緑のオリーブオイル laRaccolta delle Olive 2017 ③

自然の輪にありがとう laRaccolta delle Olive 2017 ④

女剪定士の弱音 Potaturadegli Olivi ④



Grazie di aver visitato!

最後まで拝読していただきまして、ありがとうございました。




にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ


Instagram ≫≫≫ obatamakivincirealmakici




↑このページのトップヘ