大地の住人 ヴィンチの丘で

地球と体に優しいコト ~イタリアから~

フィレンツェの端っこレオナルド・ダ・ヴィンチのふるさとヴィンチの丘に在住。 大地の自然たちと向き合って地球と体に優しい様々なコト、発見・提案・発信!

タグ:ジャム


薬剤耐性(AMR:AntiMicrobial Resistance)とは

抗菌薬(抗生物質、抗生剤)が効きにくくなる

または効かなくなることです。


耐性菌が世界中で増え

一部の感染症では従来の薬では治らない

治りにくい場合が生じています。


薬剤耐性(AMR)の拡大を防ぐために

抗菌薬を服用する際には、医師や薬剤師の指示に従って

必要な場合に、必要な量を適切な期間、服用してください。


tappo

外務省海外安全から

在留届を提出した人と、たびレジに登録した人へ

七月に入って配信されたメールである。


Pere Limone Zucchero

国によって気候や植物、食べ物や水の性質などが変わる。

普段慣れた母国の体は、旅先で変化に気がつくこともあるであろう。


一つの国だって、北から南

食文化や生活習慣が異なることもあるんだから

国が変われば、なおさらである。


その国に行ったら、その国の気候に合った

その国の食文化に合わせることは

体を早く馴染ませる一つの手段かもしれない。


buon punto

イタリアだって、最近では

季節を問わず、一年中何でも野菜や果物も手に入る。


今収穫した洋ナシだって、スーパーには一年中ある。


洋ナシなんか、家に置いておいたらすぐ熟して

生で食べれる期間なんて、ほんの少しだけ。


大きな鍋がないから、毎日鍋に入る分ずつジャムにしてるの!

そんな洋ナシの実が一年中あるなんて。


冬の洋ナシは、きっと南半球の真夏の国からかなー

なんて思いながら、横目に見るけど

冬の私の体は、洋ナシを欲する体ではない。


あの瑞々しさは、夏に摂取する糖分と水分だと思う。


sottovuotare

冬のお寿司つくりに、私はキュウリを選ばない。


キュウリは、体を冷やす作用があるから夏に食べる野菜なの。


お寿司に河童巻があるとニッポンらしいけど、そこは工夫一つ。


生で食べられる魚が少ない国でも

季節の野菜を活用すれば

愛情のこもった素敵なお寿司でお持て成しできると思う。


お魚だけがお寿司ではないし

キュウリだけがお寿司に合うわけではない。


でもさ、河童巻するなら、今よ今!


Pomodori mini

トマトも今頃から、お日様をいっぱい浴びたトマトが出回る。


私たちも日に浴び始める頃

トマトのリコピン効果は、皮膚を紫外線から守る。


そして、キュウリと同じで体をヒンヤリさせる。


冷房の無い西日の入る我が家には必要な野菜。



今年の我が家のトマトは、ミニばっかり。


一月に蒔いた種が発芽せず

二月に蒔いた種しか成長しなかった。


それが、どれもミニトマトだったみたい!


いくつか別種はあるけど、ミニが
90パーセントww


これじゃぁ、
Pane e Pomodoroできないじゃん

と、早速夫から文句アリ。


しかし、自然農法の藁敷き効果アリ。


水遣りを一度もしていないのに、トマトの木は成長している。


遅れた移植作業だったけど、やっと今トマトの実が赤くなってきた。


一口サイズのミニトマト、つまみ食いばかりで

料理なんかできないww


ancora ancora

日本と比べればカラッとしたイタリアの暑い夏


七月の旬は


トマトとキュウリ、ナスとペペローニ

ズッキーニやインゲン、サラダ菜も。


洋ナシ、モモ、スイカ、メロン

プラムやスモモ


山の実、ブルーベリーやラズベリーも登場。


ローカルの野菜や果物を食べて夏を越そう。


Pera Etrusca

季節の野菜や果物を食べてれば

そんなに病気もしないと思う。


誰でも持っている私たちの自然のチカラが強くなってくると思う。


ちょっとした欲望を抑えて

食べたい野菜が今手に入らなくても

違うプランを立てられる臨機応変さは

実は、体を強くしていく能力だと思う。


もし時間が許せるものなら

野菜やハーブのチカラを借りて

ちょっとした風邪も吹き飛ばしたい。


Sigorina Scarabeo

私たちが食べたい野菜や果物を同じく大好物にする虫たちもいる。


人間は、商売しなきゃいけないから

虫がついてちゃいけない。虫に食べられちゃいけない。


困ったものだ。


無言の虫や植物たちは

殺され、肥やされ、商品化される。


しかし、農薬を使えば使うほど

虫たちの生命力は増すそうだ。


彼らの体は、その農薬では効かなくなる。


人間の手で左右された自然たちは

人間の手には負えなくなるんだと。


Ciao

冒頭の、私たちの体は抗生物質が効かなくなってきたなんて

農薬と同じじゃない。


もう遅いかもしれないけど、次世のために。


薬の服用の指導も必要だけど

薬のいらない体にすることを大いに指導して欲しい。


物が豊富過ぎて、いい大人さえもわからない。


外務省の一通のメールは、どう気をつけるか書いていない。


服用を左右させる医師にかからないような生活手段とは?


AMR生活は、結局のところ私たち次第なのである。


政府広報からのアドバイスページはこちら






*過去の関連記事はこちら↓*

トマトのヒミツ Pomodoro

キュウリでヒンヤリ Cetriolo

イチジクを保存する Conservarei Fichi


Instagram ≫≫≫ obatamakivincirealmakici



Grazie di aver visitato!

最後まで拝読していただきまして、ありがとうございました。




黒いイチジクが食べたい。

Fichi Neri Arte della Natura


我が家の男子が喜んで摘んできてくれた。

Fichi Neri

イチジクは、すぐ食べないと悪くなる。

黒イチジクは、ジャムにして保存。

Fichi Neri in Coccio per la Marmellata

黒イチジクは、果皮が薄いから、少し洗って、皮ごと煮る。

レモンとキビ砂糖を加えて。

砂糖は、保存の役割をする。

少しでも入れた方が良いとイタリアの友が教えてくれた。

Marmellata di Fichi Neri

私は、果肉が残る方が好き。

あまりにも果肉や果皮が多いときは

最後の方、ハンドミキサーでブルンブルンとほんの少し撹拌する。

Pronto i Fichi Secchi

我が家の緑イチジクは、乾燥に成功!

ヴィンチの大地のヴィンチの光。

一週間天日干し。

日が落ちれば、イチジクも家に帰る。

Fichi Secchi in Barattolo

瓶に詰めたが、あまりの美味しさに、あっという間になくなった。

Pomodori Pelati

ワタシのトマトは、煮込まず果皮だけ剝いて

Pomodori Pelatiポモドーリ ペラーティ(ホールトマト)


こうして夏を保存して、夏を納めていく。


cielo di fine agosto

ヴィンチの丘は、まだまだ夏の日差しがふりそそぐ。

それでも日に日に日は短くなっていく。

夏だっていつか終わるさ。

空を見上げると、夏の足跡のような雲が広がる。


*オススメ関連記事*

カテゴリー【畑】【食アレンジ】

ヴィンチのイチジク eccoi Fichi

イチジク Fico

トマトを保存する Conservarei Pomodori

ワタシのトマト imie pmodori

ありがとうGrazie↓

畑の角にあるイチジクを、家から庭から毎日毎日眺めていました。

まだかな・・・できるかな・・・大丈夫かね・・・

Goccia di Fico


初夏から猛暑のヴィンチのイチジクは、急に膨らんで落ちてしまいました。

その後、小さな実たちは枝につかまって、膨らみ始めました。


Albero di Fico


イチジクの樹は、イチジクの森ができています。

大きな葉は、実を守ります。

そんなところは、ブドウと似ています。


Foglie di Fico 3


今、まだまだ続く夏のヴィンチ。

生き残った実たちは、熟れてきました。

中は赤く、甘味が目に飛び込んできます。


Foglie di Fico 2


おやつに。


Merenda


アペリに。


Fico con Proscuitto Crudo


乾燥イチジクも!

水分が抜け、成分が増し、保存食にはもってこい。

保存食になるのか、少年はもうつまみ食い。


primo giorno essiccare


イイ感じです。

次の収穫は、恒例のジャムつくり。


Proviamo i Fichi Secchi


*オススメ関連記事*

カテゴリー【】【食アレンジ

イチジク Fico

花の脱衣 CiaoPetali

芽生える Nascere

ありがとうGrazie↓

8月も終わり頃、Vinciヴィンチの大地では
イチジクが一気に熟れだした。
Albero di Fico

雨が降る前に摘んでしまおう。

Raccolta di Fichi


カゴいっぱいに。

Tanti Fichi!!


乳液がベタつく。樹の保衛だから仕方がない。

蚊がいる。熟れた樹の周りは湿度だって高くなる。仕方がない。

Fico


イチジクの中を見ながらつまみ食い。

Merenda Fico


洗わずに皮をむく。

Fichi Sbuciati


日本から
『旅する土鍋』プロジェクト中の土鍋と陶芸家の我妻珠美さん
(工房Cocciorino/ tamamiazuma.com
)
ヴィンチの少年とやいのやいのと賑やかにジャム作り。

Fichi+Zucchero +Limone


保存の力を持つ砂糖(私は黒砂糖使用)
変色を抑える力を持つレモンを加えて土鍋でグツグツ。

Cuocere


かき混ぜては待つ。

土でできた鍋は、熱の回り方が違う。
熱の力を持つ土鍋。

Marmellata di Fichi pronto 


ギュッと濃縮されたイチジクジャムのできあがり。
消化を助ける力を持つイチジク。

Fichi

Vinciの大地のFichiフィーキ。 


↑このページのトップヘ