大地の住人 ヴィンチの丘で

地球と体に優しいコト ~イタリアから~

フィレンツェの端っこレオナルド・ダ・ヴィンチのふるさとヴィンチの丘に在住。 大地の自然たちと向き合って地球と体に優しい様々なコト、発見・提案・発信!

タグ:バイオダイナミック


一ヶ月前、雨が降って延期となった。

今回も、怪しいね。

やるのかな、やらないのかな。

でも、今回やらないと、また一ヶ月先。


DOCG


バイオダイナミックワインは、天体カレンダーに従う。

畑の作業は勿論

瓶詰め作業もこの日じゃないと

美味しく仕上がらない。


Bottiglie


そのバイオダイナミック農法カレンダーでは

農作に関係するだろう天体の動きが記されている。


Versando


主に

地上のエネルギーが活発になる

Luna Ascendenteルーナ アシェンデンテ


地下のエネルギーが活発になる

Luna Discendenteルーナ ディシェンデンテ


は、
RitmoTropicoリットゥモ トローピコ


月の
27.3日間の内

黄道と天の赤道との二つの交点を

春分点側と秋分点側に分けた二期間




Radiciラディーチ()Terraテッラ(大地)を差し


Foglie
フォーリエ()Aqcuaアックア()を差し


Fiori
フィオーリ()Ariaアーリア(空気)を差し


Frutti
フルッティ()Fuocoフオーコ(/)を差す


RitomoSiderale
リットゥモ シデラーレ


月の
27.3日間の内

天球上の黄道を12等分した恒星運動中の星座



が、大地の恵の作物に影響を与えているそうなのだ。


tappato


まだまだ詳しく言えばあるのだが

追々少しづつ紹介したいと思う。


日本ではあまり紹介されていない天体の動きと農法だから

サイト検索も非常に困難で

イタリア語から直訳するにあたっても

わかりやすい日本語を使って紹介することに

時間がかかる。


comunque imbottigliati


ヨーロッパではメジャーな4つのエレメント

大地・水・空気・熱()


よく考えてみると

よく考えなくても


確かにこの4つの生体力で生物は生きている。


Controllo


バイオダイナミックワインの瓶詰め作業は


その
Luna Discendente

Frutto=FuocoFiore=Ariaの日にやる。




時間が経ってワインとなったブドウの果実は

天体や気体の持つチカラと共に

シリカ素材の瓶に詰める。


Chianti


この日、晴れ男でもいたのか天気に恵まれ

8000本のChiantiキアンティを瓶詰めした。


Imbottigliatore


こんな瓶詰め業者がトラックで来る。


工場みたいにロボット化されているが

やはり人間がチェックしてないと

ロボットだって急にへまをする。


所々、人間が手を加え

瓶を入れたり

箱に詰めたりしていく。


箱つくりも箱のラベル貼りも

人間がする。


Etichetta in Inglese


こちらのバイオダイナミック農園は

アメリカと友好関係があるようだ。


日本にもどんどんこういった小さな農園の

目に見えない信仰心のような自然の法則に従う

バイオダイナミック農法で造られたワインを口にする機会を

私からも応援したい。


a mano


どうぞ興味のある方は、ご連絡下さい。

日本語でコンタクトのアシストをいたします。


まずは個人輸入から。


ワイン専門宅配会社へ委託してお届けいたします。


orizzontale


一度飲み始めると他が飲めなくなる

我バイオダイナミックワイン。


大袈裟な言い方かもしれないけど

私たちの鈍感になっちゃった体や味覚でさえ

農薬や添加物の無い

Genuinoジェヌイーノ感がはっきり分かるし

(純粋さ。ビオ商品で感じる無添加の素朴な感覚をいう)


逆に次、一般ワインを飲むと

強力な農薬と添加物の味に嫌気がさすほど

体や味覚が覚えてくる。


頭痛も無いし悪酔いしない

毎日飲むなら無農薬・無添加のものを

と伊在住リピーターは声を揃えて言う。


marchio BIO


ご褒美とギフトにバイオダイナミックワイン

(在庫を確認の上、ご紹介いたします。)

地球と体に優しく造られた自然が成したワインを

是非お試し下さい。



*過去の関連記事はこちら↓*

ご褒美とギフトにバイオダイナミックワイン ViniBiodinamici 2016

ワインのボトル詰め Imbottigliamento

ブドウの収穫その2ノ2 Vendemmia2016

 Grazie di aver visitato!

最後まで拝読していただきまして

ありがとうございました。

Instagram ≫≫≫ obatamakivincirealmakici



天国という名の大地。

春は春らしく、夏は夏らしく。

種を蒔いたって一人で大気とコンタクトを取り、調節しながら一人で生きていく。

Vigneto Biodinamico
Vigneto Biodinamico / Cerreto Guidi (FI)

ここは現代バイオダイナミック農法で栽培しているブドウ農園の新ブドウ畑

向うでは、男たちがInnesto接木作業をしている。私は草摘み。

Cima di Rape
Cima di Rape

日本名セイヨウカラシナ、イタリアではこのCima di Rapeチーマ ディ ラーペ黄緑色の莟たちを摘み食す。

Aglio Selvatico
Aglio Selvatico

Cipollina Selvatica
Cipollotto Selvatico

横には、Bietolaビエトラ(ふだん草)が手の加えた畑より元気に育っている。
いました。

菜の花畑で安心して住処にするテントウムシ。大きな葉のBietolaの中に隠れていました。

Coccinella sulla Bietola
Bietola Selvatica

そして・・・Piselliピゼッリ(エンドウ豆)の先の方は食べれそう!

食べてみると、グリーンピースの味。摘んでみよう。

Cima di Piselli
Cima di Piselli

家に帰って早速、ハーブランチ!

Aglio Selvaticoアーリオ セルヴァーティコ(野生ニンニク)Cipollotto Selvaticoチポッロット セルヴァーティコ(野生ネギ)で炒めたCima di RapeBietolaの絡めパスタ。

Pasta con le erbe
Pasta con l'erba spontanea

Cima di Piselliのミックスサラダ。

我が家ご自慢の自家栽培オリーブオイルで。

春のお庭でヴィンチの春ランチ。

Insalata mista con Cima di Piselli
Mix Salada

日が暮れ始め、アペリティフにはカリカリスキアッチャータとアイルランドのウィスキー入りチーズ、Cima di Piselliなんかのせて、バイオダイナミック農園の白ワインで乾杯!

Schiacciatina con Formaggio e Cima di Piselli
Aperitivo : Vino Bianco Trebbiano 100%
Schiacciatina + Formaggio Irlandese con wisky + Cima di Piselli

「トスカーナは最高!」と私を訪ねヴィンチでミニヴァカンスをしているアイルランドのダブリン在住の友がポツリ。

確かに何年住んでても、トスカーナの気候と食べ物は最高だと思う。うん。


*関連記事*

カテゴリー【ブドウ】【ハーブ】【食アレンジ

ブドウの枝を縛るLegare』←この日のつづき。

天国という名の大地Terrasi chiama Paradiso

タンポポを噛みしめるTarassaco

旬な草フェンネルFinocchiSelvatici

カリカリスキアッチャータSchiacciatina

ご褒美とギフトにバイオダイナミックワインViniBiodinamici2016


 ↓ありがとう↓


   人気ブログランキング

Corso di Agricoltura Biodinamica

コルソ ディ アグリコルトゥーラ ビオディナーミカ

【バイオダイナミック農法講座】


「大地を活かすのだ!

たくさんの種を蒔くことで、大地のたましいは健やかで肥沃な土壌をつくる。根は資源を吸収し、痕跡をつくる。その痕跡は、天地の万物である。」

と、フィロソフィックに熱く語る現代バイオダイナミック農法を推進するAgronomoアグローノモ(農業経済学者)Leonello Anelloレオネッロ アネッロ氏。

Corso

Biodinamicoビオディナーミコは、生存するチカラを活用する。

私たちが生きるために食べていく食物を、化学肥料や農薬そして化学合成物質で味や栄養、成長を調整するのではなく、一つ一つの個体が持つチカラが調和されて、ホンモノの食物が生まれる。

nel Montalbano

農作は決して自然ではない。生きるために知恵を使って、常に人類の手で創り上げてきた。

森は自ら生きている。

私たちは生産しなければならない。

Agricoltura Biodinamicaアグリコルトゥーラ ビオディナーミカは、Sovescioソヴェーショ(緑肥→マメ科・アブラナ科・イネ科を肥料として蒔いて青刈りし、耕土に施し大地に栄養を与える)をすることで、土壌の性質が均一になり活性化するという。

Sovescio

冬の始めの霜月、大地のチカラが地下に滞る頃、大地の表面を耕し、緑肥作物を蒔く。深く耕さないことで泥からまないそうだ。


生産者は、視・聴・嗅・味・触の感覚を使ってよく観察する。

Elementiエレメンティ(エレメント→光・風・水・土)Eteriエーテリ(エーテル→熱・乾・湿・冷)のリズム、天体の動き(太陰暦黄道座標十二宮惑星)を調和させる。


Rudolf Steinerルドルフ スタイナーが発表(1924年)したバイオダイナミック農法よりさらに研究された現代法(1991年現代バイオダイナミック農法で更新)で進化させたいようだ。

BiodinamicaNaturalistaナトゥラリスタ(自然主義者)ではないとズバリいう。
トラクターや機械だって反対ではない。
疑念があるならば、牛だって馬だって使えという。
土を耕すことにあるようだ。

土壌や位置、気候の違う大地で、まずは実験すべき、という。

Montalbano

そんなことを言われ、私が管理するオリーブ畑や小さな我が家の菜園が頭に浮かぶ。

私が住むVinciヴィンチや協力しているブドウ畑のCerreto Guidiチェッレート グイディは、バイオダイナミック農法を実施している農園が数多くある。彼らを参考に、できる範囲で大地を活性化させたい・・と、帰り道参加したG.A.S.グループと語り合った。


********


Agronomoアグローノモ(農業経済学者)Leonello Anelloレオネッロ アネッロ氏は、多数の農園のTecnicoテクニコ(農作技術を経済も含め進行させる専門家)業以外に↓の協会で学者としても活躍している。


AssociazioneBio-Distretto del Montalbano

アッソチャッツィオーネ ビオ-ディストレット デル モンタルバーノ
 
BioDistrettoMontalbano

Firenzeフィレンツェ県・Pistoiaピストイア県・Pratoプラート県を跨ぐ山-Montalbanoモンタルバーノを囲む10の市町村で結束された、環境・農業・生物・健全性を尊重し、オーガニック・バイオダイナミックでの生産を推薦し、地球と体を守る意識を広げる会。

誰でも参加できる集会や講演会を繰り広げ、ドンドン知識を増やしていく。

また、未来の地球を守っていく子供たちの学校給食を全てオーガニックにしよう!!という運動もしている。



Viticoltura Biodinamicaヴィティコルツゥーラ ビオディナーミカ
DSCN2714

現代バイオダイナミック法のブドウ栽培を推進する協会

集会や講演を繰り広げ、普及させる。



*関連記事*

カテゴリー【BIO講演】【ブドウ

地球と体を守る会 パート3:バイオダイナミック農法推薦

地球と体を守る会 パート1:農薬による危険性

ブドウの苗木Barbatella

ブドウの接木Innesto

ブドウの芽かきScacchiatura


ありがとう↓

Convegno di VitiViniColtura Biodinamica Moderna

コンヴェーニョ ディ ヴィーティヴィーニコルトゥーラ ビオディナーミカ モデールナ

【現代バイオダイナミック法によるブドウ栽培ブドウ酒造の集会】

『パート3:バイオダイナミック農法推薦』


午後、Alchimiaアルキミーア(錬金術)の歴史から始まった。

古代エジプトに起こり、アラビアを経てヨーロッパに伝わった原始的な化学技術。卑金属を貴金属に変化させたり、万能薬の研究などを哲学・神学・医学・宗教・心理学・化学と様々な視野から考えた術。

バイオダイナミック法は、こんな時代に遡る。

とても興味深く、居眠りなんかしてられない。


Ariaアーリア()Acquaアクア()Fuocoフオーコ()Terraテッラ()

生体力であるこの4つのElementiエレメンティ(要素)は、芸術においても表現されている。

FirenzeフィレンツェPalazzo Vecchioパラッツォ ヴェッキオSala degli elementiサーラ デッリ エレメンティで伺えるそうだ。(一例)

そして、7つの金属元素を7つの太陽系惑星と関連させ、シンボルが生まれた。

そのシンボルも芸術で表現されている。

FirenzeフィレンツェGalleria degli Uffiziガッレリア デッリ ウッフィッツィStanzino delle Matematicheスタンツィーノ デッレ マテマーティケや、BotticelliボッティチェッリPrimaveraプリマヴェーラAlchimiaアルキミーアシンボルが伺える。(一例)

さらに、現在のAmbulanzaアンブランツァ(救急車)Farmaciaファルマチーア(薬局)のシンボルもAlchimiaアルキミーアからきているものだそうだ。

Alchimistaアルキミスタ(錬金術師)の発見で、塗料も生まれている。


太古から存在する錬金術は、現在の化学物質を扱う技術の基となっている。


そこで、Rudolf Steinerルドルフ スタイナーが発表した頃のバイオダイナミック農法よりさらに進歩した現代バイオダイナミック法での農業を*viticolturabiodinamica.itヴィティコルツゥーラビオディナーミカ(バイオダイナミック法ブドウ栽培協会)Agronomoアグローノモ(農学士)Leonello Anelloレオネッロ アネッロ氏は断然と推薦する。

Naturaナトゥーラ(自然)Agricolturaアグリコルトゥーラ(農作) なんだそうだ。

土地を上手に利用し、植物を守る工夫をする。

植物の病気をよく知る。

作業の時期を確実にする。

などなど掻い摘んでいうと、そんなようなことを言っていた。


そして、機械化されたブドウ園の映像を見せた。

機械でザクザクザクと剪定され、機械でバサバサバサと摘心し、機械でグオォォォォォと収穫する。

ブドウは裸で鞭を打たれているようなものである。病気になるのは当たり前だ。

草が生えれば除草剤を撒き、虫がつけば殺虫剤を撒き、病気になれば薬で治す。農薬は、呼吸をしている葉から、栄養を吸い取る根から樹内に浸透していく。樹内から抵抗させるのである。

Anello氏は、栽培についてしか言わなかったが、その後も簡単に想像できる。

発酵させる薬、透明にさせる薬、味を調整する薬、保存させる薬をごちゃまぜて、安くておいしいワインとやらが出来上がる。食卓では、鈍感な舌で化学飲料と化学食品を味わい続け、病になる。

全て個人の選択だし、個人の責任だと私は思う。

しかし、健康や自然・未来を長~い目で考えると、必然的に守りたくなってくるはずだ。


私も以前は、オーガニック食品や商品は値段が高くてなかなか手が届かなかった。・・・と思い込んでいた。

しかし、G.A.S.(ブログ『GASローカル興しのBIO商品』)のような方法で購入し始め、大地の恵みを吸い込んだ野菜や果物を食べだすと、野菜を含む産業食品の味がだんだん口に合わなくなってくる。

今や、フシギと夢のようだったオーガニック商品を購入し、知らずと他を節約しているようだ。

そして長い目で見ると、自然も体も病知らずとなり、実は経済的なことに気が付くはずだ。

そう納得した一日。


Anello氏は”文化を変えなくてはいけない!!”と熱く語る、'500年代の屋敷の窓から窓へ聴衆者の間を通り抜ける風が心地よかったVilla Medicea di Cerreto Guidiヴィッラ メディーチェア ディ チェッレート グイディの一室であった。

Convegno nella Villa Medicea


午前の部もどうぞ。↓

『パート1:農薬による危険性』



*viticolturabiodinamica.itヴィティコルツゥーラビオディナーミカ

現代バイオダイナミック法のブドウ栽培を推進する協会
DSCN2714

集会や講演を繰り広げ、普及させる。

↑このページのトップヘ