大地の住人 ヴィンチの丘で

地球と体に優しいコト ~イタリアから~

フィレンツェの端っこレオナルド・ダ・ヴィンチのふるさとヴィンチの丘に在住。 大地の自然たちと向き合って地球と体に優しい様々なコト、発見・提案・発信!

タグ:バイオダイナミックワイン

私たちは水を汲みに行く。

Vinciヴィンチの山Montalbanoモンタルバーノへ。

夏の水汲みは頻繁。冬の水汲みも面倒でも行くが、夏はもっと。今年はもっともっと。

Muove l'acqua


イタリアの夏は乾燥していても、暑けりゃ汗をかく。体の熱りと発散で、知らずとカラカラに気付く。これで涼しいところにじっとしていると、夏の代謝で発散しなければいけないモノが溜まり、炎症を起こす。


手術後のエコグラフィーで、欠けた水分補給を指摘された。怠けているとすぐ体に出る。また酷い炎症になっては困る。自ら病気を起こしているようなものだ。また反省。

Dintorno alla Fontana


一人一日
2リットルの水分補給が必要なんだそうだ。家族3人、計6リットルの消費を計算しなければいけない。

Acqua Potabile


水分補給に癖がない私は、水を薬だと思って気を配って飲んでいる。

水を飲めば、便通も良くなる。便だって内臓フィルターで漉したいらないモノ。排出しなければいけない。

Mamma e Figlio sull'Acqua


水を飲むことが体の調子を整えることの一つ。

水頼みで、この暑い夏を乗り切ろうと想う。


***************


ブドウの樹は、地下の水から自ら補給する。

Chiantiキアンティ地方の葡萄酒用のブドウは、灌漑が禁止されている。

一年目に植えつけた樹だけ灌漑が許される。

Uva Bianca


私が手伝うバイオダイナミックワインを手掛けるブドウ農園の畑のブドウの成長を観察に行った。

Canaiolo


この日照りと猛暑でも、ブドウはきちんと育っていた。

確かにMostoモスト(ブドウの果汁)の量は期待できない。

が、健康なブドウの収穫と濃厚な美味しさは期待できそうだ。

このまま日照りが続くと、収穫は早くなるだろうと農主は言う。

Vermentino


バイオダイナミック農園は、自然を尊重する。

ブドウの葉を残す。

葉が呼吸をし果実を守る。

葉が栄養素を摂り循環させる。

果実に水分が足りなくなると、葉の水分から補給する。

Assaggino


もう
Vermentinoヴェルメンティーノ(白ブドウの一種)なんか、甘味を感じる。

わ~~、美味しい!

少年も収穫を楽しみに待っている。


***************


ヴィンチの丘のポッと口を開けたような八月の満月は、メラメラと黄金色で大地を照らしていました。

Luna Piena agosto 2017

*関連記事*

カテゴリー【暮らし】【】【ブドウ】【ハーブ

ボクのカクテル MOJITOanalcolico

水を飲むのだ Acqua

水汲み Fontana

ブドウを摘んでから Foglie d'Uva

ありがとうGrazie↓

今年の乾杯は一度で終わった。(昨年のはなし『少年からの贈り物)

少年は、私の誕生日の食事後に書き終えた。

Brindisi

家族だけの会の食事を用意している間もガリガリ仕上げていた。

Carpaccio di Salmone con Olio Evo Bonissimo

私の誕生日のもう一つの楽しみ。

収穫して、確実に水分と油分が分かれる機械で搾油し、フィルターで漉して、小分けにして冷凍庫で凍らせ、解凍したオリーブオイルを味わう日である。(オリーブオイルの保存』にて)

サーモンのカルパッチョにドドド~~~。

口コミで広がっているヴィンチの隣町にある肉屋で購入した牝牛のBistecca Fiorentinaビステッカ フィオレンティーナ(Tボーンステーキ)は、超レア焼きでドドド~~~。

Insalataインサラータ(サラダ)にも、ドドド~~。

美味しい~~~。本当に味が搾り立ての11月のまま!

裏切らなかった肉屋の口の中でとろけるような旨みのあるお肉に、ピリッとNovelloノヴェッロ(11月の新鮮なオイル)の苦味のあるオリーブオイルは、素晴らしくマッチした。

Bistecca con filetto

このように特別な日には、バイオダイナミックワインも大切にセレクトされたボトルを開ける。2011年と大事に大事に保存されたボトルは、食べる一時間前には開けておこう。(ここから選んだ『ご褒美とギフトにバイオダイナミックワイン2016)

時間がさらに味を引き立たせた一本。

ヴィンチの会は、私のオリーブオイルと私も加わるワインが合う、シンプルで素材の味が噛みしめる食が一番の献立かもしれない。

Harmonia 2011 apro per secondo piatto

おめでとう!

ありがとう!

titolo Un viaggio nelle regioni d'Italia

昨年に続き、今年のプレゼントも少年の書き上げた絵本。二作目!

タイトル 「Un viaggio nelle regioni d'Italia

(イタリアの州を周る旅)

あらすじ・・・マキは大金持ちで、イタリアの州ごとの観光ポイントを車で周るのであった。

おにぎりなどのお弁当を持って出発。ステキなホテルが夢だったり、リアルのホテルが今一だったり。最終地サルデーニャには豪華クルーズでシチリアから渡る。サルデーニャの豪華邸宅ホテルには少年と夫も登場。会食(上記のメニュー。用意している間も筆に夢中だったもんで。)をする。その夜、旅行の素晴らしさに感動し涙を流しながら寝ているマキ。ヴィンチの丘の家に帰宅し、パノラマに向かいながら土産話をして、家族と抱き合う。

Una pagina

それでは母からも少年のお誕生日に完成しなかったプレゼントをあげよう。

Foto Disegno Storia

タイトル 「コロコロビンボ」

あらすじ・・・マキちゃんの頃から少年の誕生を待ち続け、マキチの頃お腹の中にいる時に考えた名前の由来、お母さんは優しかったり怒ったりする訳

なかなか手にとって見ることもなくなった写真。誕生から10歳までの記憶を記録としてアルバムを作ってあげたのでした。

copertina album

想い出すときに、PCを開けるのではなく、扉を開けて手にとって想い出せたら・・・と想う。


*関連記事*

カテゴリー【思い出】【少年】【BiodynamicWine

この日に Anniversario

かたみ imiei tesori

出会いを祝ったSanValentinoの日

少年からの贈り物

オリーブオイルの保存

ご褒美とギフトにバイオダイナミックワイン ViniBiodinamici2016


ありがとうGrazie↓

一年の贈り物。一年の宴。一年のご褒美。

そんな大切な想いを込めた時に

Vini Biodinamici da Vinci

大地・天空・宇宙、全ての生体力と私たち人間のコラボ作、「たから」と「ちから」の詰ったバイオダイナミックワインはいかが。
 

Trebbiano 100%

白ワイン 『Aurea』 2015

Trebbianoトゥレッビアーノ100% 13%vol

とてもフルーティで滑らかに膨らむ口当たりの良さは、アペリティフやお寿司などの日本食にピッタリ。
 

Chianti 2015

赤ワイン 『Sincere』 2015

Chianti base 13vol

Sangiovese 80%、Canaiolo Nero 12%Trebbiano 4%Colorino 4%

調和のとれたコクのある滑らかな喉ごし。ミネストラ、赤身肉、熟成チーズなどにどうぞ。
 

Sangiovese 100%

赤ワイン 『Il Cavaliere』 2011

Sangiovese 100% 14vol

清らかで滑らか。バランスのあるコク。トスカーナの丘を想像させる余韻。

友とグリルパーティ、友とおしゃべりのひととき、友と趣味を過ごす・・・グラスだけでも満たしてくれるワイン。
 

Chianti 2011

赤ワイン 『Harmonia』 2015

Chianti riserva 14vol

Sangiovese 85%Canaiolo Nero 10%Trebbiano 5%

その名の通りバランスのとれたフルボディ。デカンターによるお持て成しは、香りと余韻をさらに引き立たせ、ハーモニーが増す。

スープやパスタ、熟成チーズ、お肉のグリルなど、トスカーナ料理に最適。 
 

Canaiolo Nero 100%

赤ワイン 『Tindilloro』 2015

Canaiolo Nero 100% 14vol

深みのある赤は香りと調和し、芳醇で生き生きした飲み応えのある一本。
Canaioloのフレッシュ感は、冷たい料理、サラミ・ハムのスライスや腸詰めソーセージ、リゾット、白身肉、牛肉やラムなど。チーズでは、ペコリーノ、カプラレス、ロックフォーレ、ゴルゴンゾーラなどにオススメ。


どれも現代バイオダイナミック法で造られている。オーガニックよりさらに厳しく自然に従った有機栽培の一つである。

()・風・水・土・・・本来の生体力と宇宙の動き、そして私たち無言への愛情、神秘への喜び。ワインの決定版ともいえるバイオダイナミックワイン。

年間の栽培は、農主の・・植物と大地、自然への想いから丁寧な作業が行われていく。私は栽培に関わり、この目で見ている。そして彼らと語り合う。彼らにはウソがない。自然に対する想いが伝わってくる。

これらのワインには、大地の「たから」、自然の「ちから」が詰っている。

自分へのご褒美に、大切な人との会食、そして愛しい方へのプレゼント、地球と体に優しいバイオダイナミックワインで乾杯。

Pulito dal Vento

風の吹いた日、彼らは黙って舞い上がり、無言で舞い落ちていく。
ふーっと月日が過ぎ去りもう師走。

黄から茶へ、ヴィンチの冬が始まった。


*関連記事*

カテゴリー 【ブドウ

一肌脱いだ果皮たちSvinatura

ブドウの果皮のちからRimontaggio

ブドウの収穫その2ノ3Vendemmia2016

ブドウの収穫その2ノ2Vendemmia2016

ブドウの収穫その2ノ1Vendemmia2016

ブドウの収穫その1Vendemmia2016

地球と体を守る会 パート3:バイオダイナミック農法推薦

ワインのボトル詰めImbottigliamento

ブドウの枝の誘引Allacciamento

ブドウの芽かきScacchiatura

ブドウの接木Innesto

ブドウの苗木Barbatella

ブドウの木の剪定PPotatura delle Viti

ご褒美とギフトにバイオダイナミックワイン』(2015 

ブドウの木の紅葉


*バイオダイナミックワイン生産者とコンタクトのお手伝いをいたします。ご希望の方は、プロフィール内のメッセージマークをクリックしご記入下さい。


ありがとう↓

夏の降水量が少なかったおかげで、丈夫でキレイなブドウが大量に収穫できた。(『ブドウの収穫その1Vendemmia2016『ブドウの収穫その2ノ1Vendemmia2016『ブドウの収穫その2ノ2Vendemmia2016『ブドウの収穫その2ノ3Vendemmia2016)

pieno Strettoio

その丈夫なブドウたちの果皮をよーく浸し、果皮のちからを十分に引き出す。(『ブドウの果皮のちからRimontaggio)

Pressa Strettoio

Mostoモスト(ブドウの搾り汁)は発酵し、糖分がアルコールに変身したら、果皮を圧搾する。果皮の栄養分と液体を、最後の一滴まで搾り出す作業をイタリア語でSvinaturaズヴィナトゥーラという。

何種も造っている農園は、醸造タンク内のMosto状態で決めるから、一気にはできない。

Dentro Tino

Mostoは別のタンクに移され(Travasareトラヴァザーレ)、果皮だけが残ったタンクを覗くと「お疲れさま」と言いたくなるほどクタクタになっていた。

metà Strettoio

StrettoioストレットイオもしくはTorchioトルキオ(圧搾機)内は、果皮を二層に分ける。層間にわら座布団を一枚。

Disco di Paglia
 我が家ではゴザのように使っている。

Disco di casa mia

ギュゥゥゥゥゥ。

fuoriesce

圧搾後のブドウの果皮は、Grappaグラッパ(アルコール度45°50°のブドウの蒸留酒)造酒業者(Distillatoreディスティッラトーレ蒸留酒製造業者)が引き取り、最後のお役目をする。

以前はこのグラッパ造酒業者がブドウの搾りかすを買い取っていたが、現在ワイン造酒業者は有機物廃棄処分の申告の義務化に伴い、お金を払って持っていってもらうのだそうだ。

Bucce dopo la svinatura

すっかり秋らしい空気のVinciヴィンチの空。

Cielo di Vinci ottobre


ありがとう↓ 

Rimontaggioリモンタッジョ(黒ブドウ(赤ワイン用)の果皮を浸す、撹拌作業)がブドウの収穫が終わると始まる。

ブドウの収穫は天候でハラハラし、Rimontaggioが始まるとモンモンと日に数回行われ、小さな農園の農主はヘトヘトとなる。

Dentro un Tino
Rimontaggioは、赤ワイン用の黒ブドウだけ行われる。

黒ブドウの果皮にはポリフェノールが含まれる。
そのポリフェノールとはタンニン、アントシアニン
(Antocianiアントチャーニ)、酵素(Enzimiエンツィーミ)や芳香(Aromiアローミ)などの各々に活躍する成分のことである。

タンニンは、酸化を防ぎ、色を一定化させ、良性菌を活発にさせ、醸造時に加える亜硫酸(Solfitiソルフィーティ酸化防止剤)を減少させる働きがあるそうだ。

アントシアニンは、赤ワインの”赤”を出す。

そんなスバラシイ成分を持つブドウの果皮を十分に濡らす・浸すことで、酸化防止剤やその他の添加物を加えずにもしくは最小限に抑えられるのだそうだ。

しかし、果皮は浮いてくる。それをモーターで下から汲み上げ人力で浸してあげるのである。

Uva nel Tino
各農園・醸造社によって方法は異なるかもしれない。

が、私が手伝うバイオダイナミック農園では人力で、発酵が始まる頃まで一日4回行ったりする。発酵具合で回数は減っていく。

ブドウの果実には糖分(Zuccheriズッケリ)があり、その糖分がアルコールに変身する。

作業中、発酵のガスで醸造タンク内は充満するそうだ。

糖分を計りながら、収穫時期を決めたり、Rimontaggioの回数を決める。

Durante il Rimontaggio

バイオダイナミックワインは、検出できないほどのSolfitiを加えるが、それ以外の添加物は一切加えない。

果皮の働きを十分に引き出すRimontaggioを確実にすれば、ほんの少しのSolfitiは次第に消えていく。

だからバイオダイナミックワインを飲んで悪酔いしない。

ブドウがワインに変身しただけである。

Fa scorrere il Mosto

Rimontaggio数日後のCanaiolo Nero100カナイオーロ ネーロMostoモスト(ブドウの搾り汁)をみんなで試飲。

発酵し始めアルコールが入り、ビリッ・ジワッと舌触り。

Mosto di Canaiolo

果皮からブドウのちからを抽出したら、Svinaturaズヴィナトゥーラ(圧搾)する。

Arcobaleno a Vinci

向こうを見ればまだ収穫をしているところもあれば、Svinaturaでてんやわんやしているところもある、ヒヤヒヤ空気が冷たい”暖”が欲しくなるヴィンチの大地でございます。


↓ありがとう↓

↑このページのトップヘ