大地の住人 ヴィンチの丘で

地球と体に優しいコト ~イタリアから~

フィレンツェの端っこレオナルド・ダ・ヴィンチのふるさとヴィンチの丘に在住。 大地の自然たちと向き合って地球と体に優しい様々なコト、発見・提案・発信!

タグ:収穫

 

六月二十四日、キリスト教は

イエスの十二使徒の一人

San Givanni Battistaサン ジョバンニ バッティスタ

(聖・ヨハネ)の洗礼・聖名祝日であるそうだ。


フィレンツェの守護聖人であり

街は祝日となり、盛大に花火が打ち上げられる。


buon profumo

この日は、夏至に近いことから


大地の花を清らかにする水に浸け


日のエネルギーを夜空の気に晒し


翌日、そのこしらえた聖水を浴し

自然界のエネルギーを浴びることで

心身を労わる言い伝えがあるそうだ。



私はカトリック信者ではないので、信仰行事に疎い

が、それこそSNSで知った。


まるで
Biodinamicoビオディナーミコ(バイオダイナミック)のようだ。


自然界の生体力


火・水・気・土


次回は、私も自作聖水
L'Acqua di San Giovanni

ラァクア ディ サン ジョバンニ(聖ヨハネの水)を浴びてみようかと思う。


con il sole di tramonto

植物の手入れは

バイオダイナミックカレンダーを見ながら

作業日を決めるようにしているのだが


その六月二十四日は

*Luna Discendenteルーナ ディシェンデンテ

(地下にエネルギーが集中する)


Giorno di Fiore
ジョルノ ディ フィオーレ

(花の日:星座は空気にあたる)であった。


目で確認できる月の位置は満月に向かう上弦期。


Giorno di Fiore
は収穫に適している。


地上の花や葉、実などの収穫は

*Luna Ascendenteルーナ アシェンデンテ

(地上にエネルギーが集中する)が適しているが

今年は、樹を労わりたかったので

地下にエネルギーが集中している時期を選んだ。


Farfalla Bianca

紋白蝶がラベンダーに集まってくる。


太っちょのハチが集まってくる。


ラバンダーが好きで好きで仕方がないほど離れない。


太っちょのハチは、一日が終わっても家に帰らない。

ラベンダーに抱きつきながら夜を過ごすのである。


少年に

「お菓子の家で寝てるみたいだね。」

「うん・・いいなぁ。」


Dormono sulla Lavanda

一足遅れて

タイガー模様の大きな蝶がヒラヒラ飛んで来る。

まるで、紙で作ったような蝶である。


この蝶が現れた頃

ラベンダーの収穫時期かなと察した。


ちょうど、全部の花が咲き終わってない頃。


使い方によって収穫期が変わる。


私は、
Oleolitoオレオリート(オイル漬け)

Infusoインフーゾ(煎じる)

Vaporeヴァポーレ(蒸す)にする予定。


Farfalla disegnato tigre

昨年、花の収穫後

半分の樹が枯れた。


すごく心配した。


枯れた部分を剪定する。


そんな剪定は、春

三月の地下にエネルギーが集中する時期に。


せっかく我が家の男子から頂いた

プレゼントだから長持ちさせたい。


Raccolta

増殖は、花が完全に咲き終わった頃


10
15cmの先の方を切り取り


下の方の葉を取り、水に浸けて


小さな鉢に植えて、根が生えてくるのを待つ。


春の剪定の時に出てきた枝も増殖できるはず。


若そうな枝を見つけて水に浸けてみよう。


legato

蝶々ゴメン

ハチさんゴメン

と謝りながら、花を収穫した。

働きバチは、未練がましい。


少年は、ビクビクしている。

お友だちだと思えばいいんだよ

追い払っちゃダメ。


それにしても、イイ香り。



**

地上のエネルギーが活発になるLuna Ascendenteルーナ アシェンデンテ

地下のエネルギーが活発になるLuna Discendenteルーナ ディシェンデンテ

は、Ritmo Tropicoリットゥモ トローピコ

月の27.3日間の内、黄道と天の赤道との二つの交点を

春分点側と秋分点側に分けた二期間





*過去の関連記事はこちら↓*

ラベンダーの収穫 la Raccolta di Lavanda

ラベンダー入りオリーブオイル石鹸 Sapone all'Olio di Oliva con infuso di Lavanda

ラベンダーで自家製アロマテラピー Lavanda


Instagram ≫≫≫ obatamakivincirealmakici



Grazie di aver visitato!

最後まで拝読していただきまして、ありがとうございました。




Olio di Oliva Extravergine 2017 Filtrato con cielo fine autunno

最後の
Frangituraフランジトゥーラ(搾油)は、山や北で雪が降っている冷たい雨と風が吹きつけた日。

それからというもの凍るような強風が叩きつけ、風と共に冬も訪れたようだ。

Belle Forme e Colore


新オリーブ畑(関連記事はこちら)の緑のオリーブの収穫(関連記事はこちら)はまだ終わっていなかった。

Autunno


私たちは、少量でも短時間で
Frantoioフラントイオ(搾油所)に持っていくようにする。(関連記事はこちら)

Finocchi Selvatici


二人っきりの収穫は、静寂なオリーブ畑で黙々と作業を進める。

Frangituraの時間が来れば、終わってなくてもストップ。

その残りを収穫した。

Foschia verso Est-


大地からモヤモヤと靄モヤが出る
11月の朝。

大地は白くキラキラと輝いている。

それは、大地の吐息の光にも見える。

粒たちは、収穫用の網を濡らす。

しばらくすると、お日様が乾かしてくれる。

Bagnata la terra


オリーブの樹は濡れていてはいけない。

収穫の傷が炎症してしまう。

優しく接すれば、強いオリーブの樹になるさ。

だから、樹が濡れていたら、私は収穫をしない。

Borragine


紅葉しないオリーブの樹の周りには、色付きの良い秋の果物が成っていた。

pieno di Kaki


カキが完熟していくと、大きな実が赤く透き通っていくように見える。

その透き通る赤味は、口の中まで届く感じがする。

視覚だけで甘味を感じる。

Colore Autunno


ザクロは、パッカリ口を開け、まるで食べてくれぇとでも言っているかのようだ。

そのお相手は、果物大好き少年。

甘くて美味しいね。

全然すっぱくない。

もっと、もっと!

Melograno


これで今年のオリーブの収穫終わり!

私たちのように収穫が終わっていない・・天気の回復を待つ・・Frantoioの空き待ち・・という小さな農園やHobbistiオッビスティ(自分のために栽培している)で、Frantoioは賑わっていた。

Olive sono nate da miniramo


小さ目な実をつけた樹が多かったオリーブも、今年は
4回も搾油ができ、まずまずのオリーブオイルの量ができあがった。

2017年、量より質の年となった。

Olivine in fila


天の気、オリーブのチカラ、栽培士の想い、
Frantoioの技・・・全てがコラボレーションでできるホンモノのオリーブオイル。

Olio di Oliva Extravergine 2017 Filtrato con vista panoramica


私の息子たちが変身したオリーブオイルは、応援して下さるみなさまの食を豊かにし、私たちの持つ五感を満喫させ、健康のサプリメントの一つとなると嬉しく想います。


私を信じて、興味を持ってお声をかけて下さったみなさま、心より感謝を申し上げます。

みなさまのお気持ちを握りしめて、引き続きオリーブ栽培に精進したいと想います。

ありがとうございました。


☆☆☆オススメ関連記事☆☆☆

カテゴリー【オリーブ】【OliveOil

緑のオリーブ laRaccolta delle Olive 2017③

オリーブオイルの美しい味 laRaccolta delle Olive 2017②

我が息子たちよ laRaccolta delle Olive 2017①

新オリーブ畑 Nuovo Oliveto

オリーブオイルを美味しくさせる Consigliodi Frantoio BIO

オリーブオイルの保存

オリーブオイルを試飲する

ありがとう↓

秋晴れが続いた10月と日の長いサマータイムが終わり、緑が輝く秋晴れのこの搾油日の翌日、久しぶりにヴィンチの11月らしい雨が大地を浸透した。

雹も降ってきた。

濡れた大地は、もやもやと湯気のような霧を発し、そして真っ白く覆い、湿度120%はありそうな濡れる冷たさは、住民を惑わせた。

そんなお天気の訪れの前の話である。

Mattina


明日から天気が崩れる。

早く収穫してしまいたい。

しかもサマータイムが終わり、日中が短い。

気持ちはざわついた。

Leccino


そんな私の気持ちを他所に、オリーブたちは、緑の大地と輝く太陽の光の下で生き生きしていた。

Giornata di Raccolta


日の当たりは良い畑
だが、五月の開花時の夏到来で打撃を受けたオリーブたち。

その後の旱魃は、オリーブの成長にばらつきがでた。

Gremignolo pieno


結実しなかった樹もある。

成長が止まってしまった樹もある。

metà maturazione


緑色のオリーブはいったいもう熟さないのか。

実の中を覗いてみると、果肉もあるし果汁も出てきた。

果肉の色はイイ感じだ。


Gremignolo


成長の早い品種と成長の遅い品種が植えてある。

本数が少なくても成長の早い品種を優先に考え、収穫をすることにした。

Macchina Furgonata


私がひいきしているこだわりの
Frantoioフラントイオ(搾油所)は、山奥にあるBioしか受け付けない頑固なトコロ。

Frantoio Bio Balduccio


Frantoiano
フラントイアーノ(搾油所長)は、私たちのオリーブを触る。撫でる。

Toccare


小さ目な実もあった。

熟されたか半信半疑の実もあった。

Pronto per la Frangitura


それでも私のオリーブはオイルへと変身した。

半信半疑のオリーブたちは、ちっとも裏切らず、オイル抽出量は抜群。

苦味辛味の効いたパンチのあるオイルとなった。

Uscito


世の中ではハロウィンで賑わっていた夜、我が家は
HOKKAIDOというカボチャをスープにし、我が家のオリーブオイルをたっぷりかけて温まった。

Zuppa di Zucca


ハロウィンの翌日
111日は、諸聖人の日Giorno di Tutti i Santiジョルノ ディ トゥッティ イ サンティOgnissantiオンニサンティ、別名にGiorno di Mortiジョルノ ディ モルティ(死者の日。本来は112日のようだ。)イタリア世帯の他界された親族を想い出す日で、お墓参りをする。

少年は義父の生まれ変わりのように、少年が生まれる数ヶ月前に義父は他界した。

それからというもの私たちは、毎年この日になるとお墓参りをしている。

オリーブの収穫があるときは、その前後の日に。

義父だけではなく、私にまつわった方を想い出し、心の中で一人黙祷をする。

その日が近づくと、鉢植えで育てている菊の花が、莟の姿で知らせてくれる。

Crisantemo prima di fiorire


いじらしい。

黙祷中、想いの彼らへ私たちの様子を知らせた。


***************


東京札幌で、イタリア中オリーブの収穫で大賑わいの搾り立てオリーブオイルを使って、イタリア/フィレンツェ在住お料理研究家&イタリア政府認定オリーブオイル鑑定士shinomaiさんのオリーブオイル講座が開催されます。


ヴィンチの丘の地球と体に優しいピュアで誠実なオーガニックオリーブオイルも参加!


フィレンツェから直々に運ばれた本物のオリーブオイルを味わうチャンス。

我がふるさとニッポンで、正真正銘のオリーブオイルが拡がることを応援します。

お問い合わせは、shinomaiさんへ直接ご連絡下さい。


***************


*オススメ関連記事*

カテゴリー【オリーブ】【オリーブオイル

オリーブオイルの美しい味 laRaccolta delle Olive②

我が息子たちよ laRaccolta delle Olive①

新オリーブ畑 NuovoOliveto

オリーブオイルを美味しくさせる Consigliodi Frantoio Bio

オリーブオイルの保存

オリーブオイルを試飲する

ありがとうGrazie↓

オリーブが搾油され、オイルとなる。

一番ワクワクする瞬間。

Frantoioフラントイオ(搾油所)から持ち帰って、待ちに待ったオリーブオイルを味見する

いいぞ、いいぞ。

Olio Grezzo


Grezzo
グレッツォNon Filtratoノン フィルトラート(フィルターで漉されてない純な状態)は、その名の通り、純な味。

オリーブの実のいろんなものがごちゃ混ぜなだけに、舌触りや味覚がダイレクトに触れる。

視覚も嗅覚もダイレクト。

味わうというより、オイルに目と鼻と口で触れるという感じ。


そのごちゃ混ぜな純なオイルをフィルターで漉す(Filtratoフィルトラート)

漉すことで、口当たりが滑らかになり、繊細になり、味わう輝くオリーブオイルに仕上がるのである。

さらなるメリットは、不純物を取り除いてオイルの劣化を防ぎ、長いこと美しいオイルが味わえる。

漉す作業は、搾油されたらすぐに行うと、さらに美味しいオイルができあがる。

私はドリップ方式でろ過。


フィルターで漉している間に、オリーブの森の収穫へ。

Oliveto


夏の旱魃で、森もカラカラになっていた。

Orticaオルティーカ(イラクサ)も暑さに耐えられなかったようだった。

しかし、秋に入ると、またイラクサが仲間と一緒に生まれてきた。

根は、大地の暑さから凌いでたんだね。

仲間は、タンポポとふだん草。

Ortica, Tarassaco, Bietola

住宅街に近いこのオリーブ畑は、やや日当たりが悪い。

しかし、毎年毎年、実をたくさん産む。

ペットじゃないけど、人間とオリーブは相性がイイのか。


たくさん実はついたが、小さ目であった。

夏の旱魃は、大地の底まで影響した。

それでもキレイな姿で揺れていた。

Pendolino


こちらの畑は、畑の主の奥様が大切に育てられた畑だそうだ。

ご主人は、亡くなられた奥様の畑を放置できないと、私に管理を依頼してきた。

Bosco degli Olivi


こんなに丈夫で子を産むオリーブの森。

たましいでもいそうな畑である。

da raccattare


そうこうしている内に、オリーブオイルがフィルターで漉されて出てきた!

やっぱり私は、フィルターで漉された不純物のない輝くオイルが好き。

透き通った輝きと、繊細なフルーティーな香りと、滑らかな口当たりの中に、苦味辛味はたまらない。

Olio Mio


お次は、緑のオリーブ畑へ!



***************



東京札幌で、イタリア中オリーブの収穫で大賑わいの搾り立てオリーブオイルを使って、イタリア/フィレンツェ在住お料理研究家&イタリア政府認定オリーブオイル鑑定士shinomaiさんのオリーブオイル講座が開催されます。


ヴィンチの丘の地球と体に優しいピュアで誠実なオーガニックオリーブオイルも参加!


フィレンツェから直々に運ばれた本物のオリーブオイルを味わうチャンス。

我がふるさとニッポンで、正真正銘のオリーブオイルが拡がることを応援します。

お問い合わせは、shinomaiさんへ直接ご連絡下さい。



***************



*オススメ関連記事*

カテゴリー【オリーブ】【Olive Oil

オリーブの森 Boscodegli Olivi

オリーブオイルを美味しくさせる Consigliodi Frantoio Bio

オリーブの収穫 Raccoltadelle Olive 2016 その2

オリーブオイルの保存

オリーブオイルを試飲する

ありがとうGrazie↓

20171026日、一発目のFrangituraフランジトゥーラ(搾油)をした。

Bellissime


あぁぁぁ、美味しい。

濃厚でフルーティーで苦く辛く。

Leccino Boss

オリーブの収穫をして搾油して、オイル抽出量と味を確認するまで、今年の出来は報告できない。

眠れないほど緊張する一時である。

Ciao

我が息子のように、毎日観察し撫でてきた私のオリーブの木のオリーブたちは、オイルへと姿を変え、私の前に現れた。

Brave Brave

この毎日眺めたオリーブの木からオリーブがいなくなると、正直寂しい。

収穫って、天候の様子、出来、子が離れる時期で、精神的に追い詰る。

不安、寂しい、嬉しい。

Cari miei figli

無言な植物たちを身近に育てると、無口に私も気持ちを注ぐ。

私たち人間はいろんな方法で表現できるが、彼らは自然との共存で生き、その中で私たちに訴える。

彼らの表現方法は無言なんだから、こちらが気がついてあげなければいけない。

Durante la Raccolta

彼らは、光と風と水と土、そして草や虫たちと一緒に成り立っている。

anche qui

よく考えれば、オリーブに寄生するハエMoscaモスカは、私たち人間が邪魔に思うだけで、オリーブの木はハエに家を提供しながら問題なく生きているかもしれない。

Fine Girnata

2017年は、Moscaも猛暑や気温差の激しい秋のはじまりに耐えられず、産むホルモンはお預けとなったようだ。

Giornata di Raccolta

我が息子たちはキレイな姿で転がった。

時には、上から私の口に飛び込んでくることも。

耳の中にまで入ってきたこともあった。

Tramonto

私のオリーブの木の収穫の次は、オリーブの森の収穫。

オリーブオイルが美味しくなる方法で、秋晴れ続きの間にずーっと収穫。

元気にがんばれる秘訣は、絞られたオリーブオイルを毎日飲んでること!




***************




東京札幌で、イタリア中オリーブの収穫で大賑わいの搾り立てオリーブオイルを使って、イタリア
/フィレンツェ在住お料理研究家&イタリア政府認定オリーブオイル鑑定士shinomaiさんのオリーブオイル講座が開催されます。


ヴィンチの丘の地球と体に優しいピュアで誠実なオーガニックオリーブオイルも参加!


フィレンツェから直々に運ばれた本物のオリーブオイルを味わうチャンス。

我がふるさとニッポンで、正真正銘のオリーブオイルが拡がることを応援します。

お問い合わせは、shinomaiさんへ直接ご連絡下さい。



***************



*オススメ関連記事*

カテゴリー【オリーブ】【Olive Oil

オリーブの木の下で ilmio obmrellone

オリーブ剪定士 Potina

オリーブオイルを美味しくさせる Consigliodi Frantoio Bio

オリーブの収穫 Raccoltadelle Olive 2016 その1

オリーブオイルの保存

オリーブオイルを試飲する

ありがとうGrazie↓

↑このページのトップヘ