大地の住人 ヴィンチの丘で

地球と体に優しいコト ~イタリアから~

フィレンツェの端っこレオナルド・ダ・ヴィンチのふるさとヴィンチの丘に在住。 大地の自然たちと向き合って地球と体に優しい様々なコト、発見・提案・発信!

タグ:夏

Hiyayakko!

去年のシソの種から栽培したシソたちに水遣りをしながら・・・
Basilico Giapponese - Shiso
無性に冷奴が食べたくなってきた。


しかし、イタリアのスーパーの豆腐はケミカル豆腐。

オーガニックの豆腐も真空パックの固い豆腐か、一人分あるかないかの量でお肉家族分並みの値段・・・。ため息。


ふるさとの味は自分でつくるしかない。

No OGM大豆とオーガニック店で簡単に見つかるニガリで、体に沁みる豆腐をつくる。

手間はかかるがやり方は簡単。


一晩大豆を水に浸す。

大豆を少しづつミキサーで水を足してゆるくして、よく粉砕する。

粉砕させた分の1.52倍になるよう水を足し、火にかける。

火にかけるとボワボワ出てくる泡を取る。

時々・・いや頻繁に、底が焦げ付かないよう木ベラでゆるりとかき混ぜる。

2030分ぐらいかしら?青臭さが取れ始め、甘味のある匂いに変身したら、火を止める。

ガーゼで漉し、絞る。

豆乳とおからの出来上がり。(豆腐よりおからの方が大量にできる。)

Puro Latte di SoiaOkara
グラス : オバタマキ作

ここからが成功の決め手となるらしい。

【豆乳にニガリを注入】

豆乳は75℃なんて書いてあるが、温度計なんかあるわけない。感と知恵でいく。

沸騰100℃がボコボコなら、フツフツは8590℃だろうか?

それでは75℃は、湯気がホワ~ンと出てくる頃かもしれない。

というわけで、湯気がホワホワ出た頃にニガリを木ベラに伝わせて注入。

(液体ニガリを豆乳の量に対し2%。)

全体に混ざるくらいに木ベラを動かす程度。少しでいい。

10分休憩。

ブニャブニャと固まりだした豆腐のタマゴ(?)を、ガーゼを敷いた豆腐型やザルに入れ、ふたをし重石をする。

Tofu-prima di formaresollevando, formare col peso

それから
2時間。

豆腐の完成!!
Tofu-appena fatto
翌日の分は、水に浸けて冷蔵保存。
 nell'acqua in frigo

それでは、みなさん、いっただっきま~す。

Hiyayakko 
なぬっ、少年も好物・・・。

あらぁ、今年、剪定しなかったらこんなに成ったよ。
Anno di Frutta Pera Coscia
本当だったら、樹の中心辺りの新枝を減らしたりして、空気のとおりを良くしなくてはいけない。上へ伸びる枝も剪定して横へ広がるようにするのがいいようだ。
Pera Coscia sui Rami di 2 anni
私が管理しているオリーブ畑に洋ナシの樹がある。

良くついた樹は Pera Cosciaペーラ コシャという種で実が小さい。

薄黄色く、実が柔らかく、甘い汁がた~っぷりの時が、熟れ頃。

熟す前の緑がかった頃に食べると、サッパリ感のある日本のナシ風味が味わえる。


こんなにあるんだからどうしよう。 

洋ナシの樹がない隣人へお裾分け。

朝食・間食・アペリ・デザート。

Formaggioフォルマッジョ(チーズ)と合う洋ナシは、Semistagionatoセミスタジョナート(半熟成のチーズ)や辛味のチーズは大人のお供。

甘口Ricottaリコッタだって合う。よく離乳食で使ったなぁ。

チーズケーキやチョコタルトにも合うジューシーな洋ナシは、季節感があり一層美味しさが増す。

方法はいくつもあるが、他のフルーツも熟れる夏。・・・食べきれない。

熟れの速い洋ナシは、紙の袋に入れ冷蔵保存も可能。


重みのある実は、一人でコロコロ落ちていく。

雷雨が来ると、ボトボト落ちる。
sono cascate le Pere Mature
それはそれで勿体無いと残念がる我が家族。 

 

Raccolta Pera Coscia
スーパーでは一年中見かけますが、イタリアの洋ナシ、今が旬です!


熱い陽が差すVinciヴィンチの丘。

夏が来た!と思った頃から雨が降らず、草は枯れ、アチコチ道端でポイ捨てされたタバコから火事を招く事件が連日相次いだ。放火魔もまぎれて火をつける。そんな噂が大地の住人たちの間で広がった。

雨が降ったと思ったら、叩きつけるような怒りの雨が降る。


大地の風に当たり、大地の光を浴び、大地の水を吸収し、大地に眠る大地のイチゴは、春も終わりのの五月頃、イチゴは赤くなる。
Fragole in Maggio
 
五月のイチゴは、たいてい感のいいナメクジに先にやられることが多い。
mangiato da lumaca
人間の好物とナメクジの好物は、どうやら同じらしい。


ナメクジには耐えられない隠れ場所もない七月頃、またイチゴは赤くなる。

水分の摂取が減ったせいか、実は小さい。

しかし、旨みの詰った味は濃厚。甘い。

夏のイチゴは一番美味しい時期かもしれない。

Raccolta di Fragole

我が家の少ないイチゴは、アッという間になくなる。

だから、GASやマーケットでイチゴを見かけると、喜んで買う。
Fragole Biodinamiche di Gas
今頃売っているイチゴは、自然の恵みを浴びた大地のイチゴに違いない。

そんなイチゴを大切に育てているのは、きっとオーガニック農園かもしれない。


そして、アラ?春と間違えちゃったの?と思われる晩秋の十一月頃、またイチゴは赤くなる。

Fragole in Novembre
年に3回も実ごもる大地のイチゴ。

彼らの生命力を一つ一つ噛みしめよう。

我が菜園にキュウリが並ぶ。

少年が日本語学習にジブリシリーズを次々見繰り返す。トトロのワンシーン、さつきちゃんが近所のおばぁちゃんの畑のキュウリをガプリと食いつくシーンが妙に印象深いようだ。

「ボクもキュウリに食いつきたい!」と菜園リクエスト。


キュウリの芽もナメクジやカタツムリは好物。

第一弾のポット内はほぼ全滅だった。

諦めず、第二弾のポットに再び3粒ずつ蒔き、双葉の次の本葉が出てきた頃、間引きせずポットを増やして株分けをした。
DSCN2399 

ポットに一つの苗で様子を見る。
DSCN2450 

そこで元気に育っているものだけ大地に植えるようにした。

雨がよく降った初夏後、夏開始の今、未だ水をやることなくドンドン成長している。

フシギと夏が来ると夏野菜も出来上がる。
DSCN2873

日陰はサマーベットでも置いてゴロゴロしたいぐらい気持ちがいいが、陽の下は暑い。

陽に当たると私たちの体力は消耗する。


キュウリには、水分で構成されているといっても過言ではない。夏野菜のキュウリの水分で体を冷やそう。

酒石酸(イタリア語でAcido Tartaricoアーチド タルターリコ)成分を持ち、ドンドン脂肪化する炭水化物の貯蓄を妨げてくれる作用があるそうなのだ!嬉しいダイエット野菜!

さらに、ビタミンABC、カリウム・鉄分・カルシウム・ヨウ素・マグネシウムなどのミネラル成分を多く含むそうだ。キュウリの利尿作用や浄化作用で体内をキレイにしよう。


小腹が空く頃キュウリを食べる。

少年、キュウリにトゲがあることを知った。

キュウリに食いつけない。

トゲをとってみる。
DSCN2920

ガプリ。

?ちょっと固い。(自力で水分補給させたためかもしれない。)

?ちょっと苦い。(成長し過ぎたかもしれない。)
DSCN2903

皮をむいてスティックでカプリ。

Oh!ヨーグルトチーズがあるではないか。

Oh!ホエィもある。漬け物だってイイ。


キュウリの潤いが垂れていた。
DSCN2910

6月も終わりに近い今日、*Biodinamicoビオディナーミコのカレンダーを見ると、*Luna Ascendenteルーナ アシェンデンテだった。地上にエネルギーが集まる期間。さらに、*Giorno di Fruttoジョルノ ディ フルットの日だと、うまみの詰ったおいしい実が収穫でき、暫くの間保存が可能だそうだ。

種からBiodinamicoのカレンダーに沿って育てたキュウリは、こうやって美味しくなる日に出来上がる。

無言の自然は、こうやって繋がっている。

私たち人間が鈍感なことにまた気付かされる。


*Biodinamicoビオディナーミコのカレンダー(Calendario Lunareカレンダーリオ ルナーレ(月のカレンダー:Metodo Biodinamicoメートド ビオディナーミコ(バイオダイナミック農法))


*Luna Ascendenteルーナ アシェンデンテ(28日間のサイクルをする回帰運動中、天体の赤道から見て月が春分点(上降)側の約14日間:Metodo Biodinamicoメートド ビオディナーミコ(バイオダイナミック農法))


*Giorno di Fruttoジョルノ ディ フルット(実の日。地球の周りで恒星運動をしている12の星座中、Arieteアリエーテ(牡羊座)Leoneレオーネ(獅子座)Sagittarioサジッターリオ(射手座)Fruttoフルット()に影響を与えるそうだ。地上の生体力では、Fuocoフオーコ(火=陽)に値する。)

早く実が成らないかなぁ。

もう少し実が成ってくれないかなぁ。


こうして実が成るのを待ち続ける間お花を食べる。

DSCN2657DSCN2661
DSCN2670
お花の中央のおしべやめしべを取り除く。

我が家のトップは、おひたし。茹でずにノンオイルで(もしくは少量のオリーブオイルかごま油の手も!)ササッと炒め、塩か醤油で食べる。・・・といっても、お花はほんの数本だし、熱を通すと小さくなるので、私一人分だったりする。

DSCN2667
アーティチョークのオリーブオイル漬けとズッキーニのお花のおひたし。

次に、超シンプルパスタのAglioアーリオ(ニンニク) Olioオーリオ(オリーブオイル) Peperoncinoペペロンチーノ(唐辛子)などのときに加える。Acciugheアッチューゲ(アンチョビ)も加えると相性がイイ。

Frittataフリッタータ(オムレツ)に混ぜ込んで歯ごたえを楽しんだり。

お客さんが来たときには、Frittoフリット(フライの意だが、この場合は天ぷらと訳したい)にする。SalviaサルビアやタンポポもFrittoにし、カリカリとAntipastoアンティパスト(前菜)。ケラケラと会話が弾み、グイグイと冷えた白ワインがすすむ初夏。

お料理上手なMammaマンマ(ママ)がいるイタリア人の友は「お花の中にRicottaリコッタ(リコッタチーズ)を詰めるのよ~~~」と自慢する。

美味しそうだなぁ。


カボチャ科の黄色いお花は食べられる。

イタリアの各地でSagra del Fiore di Zuccaサーグラ デル フィオーレ ディ ズッカカボチャのお花祭りと題してカボチャやズッキーニのお花を使ったいくつものタイプの料理が味わえる。

Sagraサーグラとは、収穫を祝った祭りの意味がある。


ズッキーニ(カボチャも)のお花は、ビタミン(Vitamin ACB1B2B3B9)やミネラル(カリウム・マグネシウム・鉄分・カルシウム)リンがあり、免疫強化や浄化作用をするそうだ。

わぁぉ。生活習慣病予防に強い見方だ。

DSCN2469

朝一番、煌煌と咲いているお花をぼんやり眺めたら、ランチのお伴にもぎとる日々を過ごすVinciヴィンチ6月でありました。

↑このページのトップヘ