大地の住人 ヴィンチの丘で

地球と体に優しいコト ~イタリアから~

フィレンツェの端っこレオナルド・ダ・ヴィンチのふるさとヴィンチの丘に在住。 大地の自然たちと向き合って地球と体に優しい様々なコト、発見・提案・発信!

タグ:姿


今日もまた一日が終わろうとしている。

日が短い今日この頃

朝遅く明け、日は早々に沈んでいく。

日の長さを恋しく思う日々を過ごす今日

一年という歳月が終了する。

私たちの月日の計り方で

昨日と今日の変わり目の瞬間の

この区切りは、世の中の節目さえも意味する。

元旦から急に変わる予定はないから

新年の未来を想像し構築するよりも

私は、この大晦日の日、じっくり一年を振り返ろうと思う。

過去あっての現在で、過去と現在があるから

ぼんやりの未来がある。


DSCN0331


今日のブログは
2018年の101記事目。

まずはワードにバシバシ下書きをしていくとき

年毎に分けているファイル作成で、番号に気がついた。

週に二回、ニュースレター的に

大地の小さな顔もしくは天空の大きな顔

記憶を記録をみなさんとシェアできたかな

とささやかに願っている。

あまりにも忙しいときは現実に集中したが

このペースだと、考える時間も持てて私にはちょうどいい。

それでも日は追ってくる。

季節に関する話題は、意外と私を急かした。

昨日の朝やったことが、翌日の夜ふと思い出すと

すごく遠い昔に思えたりすることもある。

一週間なんてあっという間なのに

一週間前のことが遠い記憶のように感じたり。

過去の私の体験と提案という小さな未来を

現在の想いで時間の過ごし方を書いていたように思う。


DSCN0172


今年もクリスマス&年賀カードを送ることにした。

しかし、今年も郵便切手の値上がり。

ここ数年、友たちや親戚にはまとめて郵送していたが

友も親戚も、同じ日本にいて同じ州にいて同じ県にいても

会えていないということを知った。

私に置き換えれば、フィレンツェにいる友に会っていない

ということである。

ずいぶん失礼なことをしていたな・・・

まとめて届いた友にも、会えない友にも。

友が悪いわけではない。

自分でも日常の忙しさで動けないのに

自分のことを一方的に押し付けていた私がいけない。

手紙というのは、やはり一つ一つ丁寧に送るものだと反省した。


DSCN0174


送り先の中に、そのイタリアから送られてくる私の手紙に

イライラしている人がいた。

たいていは、言葉に責任を持つように話すのが大人だと信じているが

面と向かって言ってくるのだから相当だったのであろう。

私がいけないのか、イラついた人がいけないのか

これもまたそれぞれに論はあるだろう。

しかし、私は、イラついた人の身を想った。

報告なんて、誰しも葛藤後の話。

みんな一秒一秒幸せな人なんていない。

それを見抜けずに過ごしていたことを残念に想った。

その人は、義母の世話をしていて、話では大変そうであった。

夫が今、実母の世話で失望する日

私が少年と平和な空気にいると、イラつくのである。

そのイラつきが、その人のイラつきとそっくりで

いつもいつも、面と向かって言われたことを思い出すのである。

どうすれば、葛藤の助けができるものか。


DSCN0177


フィレンツェでアパートをシェアしたスイスの友に手紙を書いた。

イタリア語は、少年が添削してくれた。

チャットというリアルタイムは便利だが

手紙というずれた時間を受け取るのも温かみがあり想像力が増す。

彼女は年始、名物のチョコレートを同封してくれた。

こんなことができるのもEU圏内だからこそ。

彼女とのテーマは、家族独立。

子離れと夫婦それぞれの時間の尊重。

マンミズモのイタリア、就職難のイタリア、物価高のイタリア

果たして完璧な家族独立ができるのであろうか。



と、不安になるようなことを書いていると同時に

イタリアの良いところを探す自分が常にいる。

これはなんといっても気候と食べ物しかない。

太陽を浴びたホンモノの植物を食べて

大地を守れれば最高だとつくづく思う。

これだけのためにイタリアにいることの不思議な満足感。

それともルーズなようで保守的な国民に惹かれるのか。


DSCN0244


手紙やブログを書いていると、考えたり検索したり辞書を引っ張ったり

私には、生活の中の良い手段となっている。

本がなかなか読めない持てない環境の中

ボキャブラリーはお粗末平行線であるが

現代風にSNS生活ではたくさんの方のブログを拝読し

勉強・参考にさせていただいてる。

私も、そのたくさんの中で、一つのカテゴリーにすると

ちっぽけな人間の大きな大地の恵みを、紹介できればと想う。

メッセージを生み出せる日々の暮らしを送れること

みなさまと共有できただろう幸せを抱き

一年の培った想いを来る年へ向けて

2018年も幕を閉じたいと思います。

ありがとうございました。





*私がセレクトした過去の関連記事Best 3 Archivi Selezionati

ヴィンチの地平線 Orizzonte

ぬけがらと たまご Spogliee Rinascita

イタリアからの手紙 FrancobolliFilatelici 2017



Grazie di aver visitato!

最後まで拝読していただきまして、ありがとうございました。




にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ


Instagram ≫≫≫ obatamakivincirealmakici




快晴な空は、清く澄んでいる。

6marzo2018 -1


雲のある空は、空の息が見える。


曇り空じゃなくって


雲のある空。

6marzo2018 -3


吐息がゆっくり動いてる。


何か言いたそうだけど、スロー過ぎて。


目を放した隙に、形を変えている。

6marzo2018 -2


雲の吐息が、ダンスにも見える。


手をつないだり、離れていったり。

7marzo2018 -1


手でハートをつくるように、雲でハートをつくって


太陽を飲み込む。


雲のハートの口で、太陽をのみ込むの。


アーンムッ。

7marzo2018 -2


ある時は、太陽に照らされ雲は色を創る。


光によるグラデーションやコントラストは見事である。

7febbraio2018


雲は、一団となったり、疎らとなったり。


厚くなったり、薄くなったり。


モコモコしたり、サラサラしたり。



***************



フィレンツェで、またブラックが殺された。


人種差別をするイタリア人が犯す。


ブラックは、怒り出した。


彼らは、人権を強く主張するが、脅える。


土曜日、ブラック集団がフィレンツェでデモをするそうだ。


結果は知りたくないほど、気持ちはわかる。

6marzo2018 -4


私は、現在ここイタリアで命あって生活させて頂いている。


しかし、ある日、殺される危機は逃れたにしろ

嫌な思いをしたことがある。


私は、夫と出会ったときから、フィレンツェ郊外に住んでいる。


最寄駅から自宅へ歩いている時

自転車で気分良く走ってる若年金者の男が通り過ぎた。


その時


ぺっっ


と私に唾を吐いたのである。


私は、当然固まった。


何で?


男は大股漕ぎで、何事も無く過ぎ去っていった。


言葉を失うとか、声を失うって

残念ながら、こういう時に体験する。


気を取り直したときには

悔しくって悔しくって涙が出てきた。


帰宅して、夫に事情を話し、夫はなだめてくれるが

アナタにはわからない!

とまた悔しさが込み上げてきた。

Pesco e Goccia


酷いことはそれっきりだが


たくさんのイタリア人は興味を持って歓迎してくれる。


しかし、外国人であることを感じながら生きている。


生まれ育っていない国で

100パーセント国民になりきることは無理がある。


世界はグローバルに多国民化している。


移民する理由、その国に滞在する理由て

各々に想いがあるはずだ。

2gennaio2018 -2


スローな雲のダンスは


手をつないだり、離れたり


一段となったり、疎らになったり


色を創りだしたり、のみ込んだり



そんな空が、グローバルな世界にみえることもある。

2gennaio2018 -1


*関連記事はこちら↓*

包まれた莟 Pallinedi Mimosa

白の時間 Oradi Bianco

天空と気流

 Grazie di aver visitato!

最後まで拝読していただきまして

ありがとうございました。

Instagram ≫≫≫ obatamakivincirealmakici




束の間

銀が交じる大地。

Tarassaco con la Neve


冬は冬らしく

春は春らしく

Rosmarino con la Nave


温暖な冬は

一週間冬を迎えた。

Tronco di Olivo con la Neve


一歩遅れて

北の極地から反射してきた寒波

反射を受けた温暖な土地を震わせた。

Vigna fronte


この束の間の寒波では

きっと打撃は少ないだろうと信じる。

Olivo con la Neve


銀交じりの大地を歩くことはそうもない。

霙となり始めた。
歩いてみよう。

もうすぐ溶けちゃう。

Verso Vinci


前にヴィンチの銀世界を体験したのは

2009年の12月頃だった記憶。

ミニな少年がニンジンを持って

真っ白な大地に立っている写真がある。

今回もニンジンを持って出た。

Ghiaccio staccato dal Vetro


毎日眺める風景は

四季折々の風景で

緑、黄、茶、赤、白

と変化する。

そこが面白い。

飽きさせない自然な風景は

まるで土地土地を移動する

旅でもしているかのような気分にさせてくれる。

ある農夫が、言っていた。

あまり旅行に行きたいとは思わないんだよ。

あぁ、私も。

Vigna laterale


私は、渡伊する前、学生の頃

北欧5カ国周遊の贅沢ツアーをしたことがある。

そして、サンフランシスコの修学旅行。

渡伊して、イタリア各地を周り

ギリシャ、ブルガリア、ルーマニア、ハンガリーの東欧

南ドイツ、南フランス、スイスへ四ヶ月かけて旅し

トルコへ二度も魅了し

イタリアからお隣のスロベニアへ小ヴァカンス

ギリシャ本島へ車で駆け巡り

チューニジアの島でヴァカンス

イタリアから自家用車でフランス、スペイン、ポルトガルの

5000Kmの旅をし

メキシコを一ヶ月ほど歩き

オーストラリアに半年ぐらいのんびりし
キャンピングカーで大自然の中佇んだことがある。



割と短期間の旅行歴は

もしかすると十分かもしれない。

これらの体験が

同じ風景の四季折々の姿と交錯することさえある。

日常でも

旅のワンシーンのようだったり

あそこのあの時と同じ・・と感じるように

交錯が日常的で

同じコトでも同じモノでも

違う見方で見れるテクニックは

旅の体験が大きいのではないかと思う。

Nella Vigna sulla Collina


少年には、親子で旅行をするより

自分の意思で世界を歩いて欲しい。

Camina sulla Terra


少年は、街を歩きたいと言う。

人で織り成す街。

様々な人が様々な色を創り出し

コミュニティーの中で産出していく街。

Oliveto


片田舎で育った私も無性に街を歩きたかった想いを思い出す。

歩いた織り成った街は、再び自然が織り成す大地へ向けた。



**********



三月三日の上巳の節句、雛祭。

女児のいる友人宅にて会食。

友は、日本の伝統行事らしく

日本食で招いてくれた。

Festa della Bambina


日本食でもマッチするピュア風味の

バイオダイナミックワインで乾杯。

Fragola ODAIRISAMA e OHINASAMA


イチゴのお内裏様(庭のミント)とお雛様(庭の桃の莟)を飾った

スノーホワイトケーキ。

白い丘のスノーホワイト(生クリーム)の下は

大地のココアスポンジケーキ!

寒波の後の雛祭にピ~ッタリww



*関連記事はこちら↓*

カテゴリーVinciの空】【食アレンジ】【暮らし

寒の暖 Sciroppoallo Zenzero

冬の大名残 ilgelo siberiano

持ち寄りランチ iPranzi

 Grazie di aver visitato!

最後まで拝読していただきまして

ありがとうございました。

Instagram ≫≫≫ obatamakivincirealmakici



あの先は、どうなっているのだろう。

Olivo sul'Orizzonte

ヴィンチの地平線は近い。

Salici


うわー。


また丘。

Canna


そして、そのまた丘の向こう。

una pianta da bosco


わー。


また丘。

Luce di Tramonto verao ovest


こうして

ヴィンチの地平線は

山と谷の丘が連なっている。

verso Empoli


まるで人生を見ているようだ。

Vigneto Biodinamico


息を切らせて天辺へ行き

下る時

横を見たり、後ろを振り返りながら

大地を歩き、足跡を残していく。

impronta di cinghiale


谷に着いたら

前を見て上っていく。

Vigneto dopo tramonto


お日様に当たりやすいところもあれば

当たりにくいところもある。

朝と夕とでも違う。

Tramonto verso sud


そんな丘を歩くのが好き。

丘の上で生活することが好き。

Vigneto


まさにヴィンチの地平線が

私の人生だから。


*関連記事はこちら↓*

カテゴリー暮らし】【Vinciの空

夏休みのある朝 DuePassi di Mattina

食後のサマータイム DopoCena

白の時間 Oradi Bianco

一日の終わりの姿 FineGirnata

 Grazie di aver visitato!

最後まで拝読していただきまして

ありがとうございました。

Udon con le Erbe e Olio di Oliva

朝、少年を見送った後、ランチ用のハーブを摘みに行った。

Brinata la Terra

白い霜は見るだけで寒。

でも歩くと、彼らのある一面が伺える。

空は白く、大地も白く、
ハーブたちも白くデコレーションされていた。

è Brinato nella Vigna

年中咲いているBorragineボッラージネ(ボリジ)、

今日は吸い込まれそうなくらい輝いていた。

こっち向いて。

真上からなのに後姿を見ているよう。

Brragine Brinata

白い大地の中の老いた葉をくっつけたブドウの樹は

冬の装う着姿だった。

Bianca Terra e Rossa e Gialla di Viti

Barragineの葉

Rapeラーペ(セイヨウカラシナ)の葉と莟

こぼれた種から芽を出したRucolaルーコラ

畑のCipollineチポッリーネ(小さいネギ)

ミニ菜園のニラ

Raccolta di Oggi 5 ERBE

500gBioの小麦粉に

25gの塩を混ぜた食塩水250cc

手打ちうどん。

Udon Fatto in Casa

出しは、煮干出し。

お醤油とお砂糖とお塩で味を調えて

BorragineRapeを煮て

上にRucolaと炒って少し磨り潰した白ゴマとCipolline

我が家のオリーブオイルをかけて。

Udon con le Erbe e Olio di Oliva Buono Delicato Gustoso

和風と洋風、ハーブの新鮮さと

この間収穫したばかりの濃厚なオリーブオイル。

Italo-Giapponeseイタロ・ジャッポーネゼ(イタリアと日本をMixした)な味は

さっぱりと、また食べたくなる上品な味でした。



*オススメ関連記事*

カテゴリー【ハーブERBA】【Vinciの空

大地の春・草・味 Erba Spontanea

ボリジ Borragine

落ち葉の上で

師走のはじまり

田舎ルック Vesto da Campagna

ありがとうGrazie↓

↑このページのトップヘ