大地の住人 ヴィンチの丘で

地球と体に優しいコト ~イタリアから~

フィレンツェの端っこレオナルド・ダ・ヴィンチのふるさとヴィンチの丘に在住。 大地の自然たちと向き合って地球と体に優しい様々なコト、発見・提案・発信!

タグ:家族


ヴィンチから車で45分ぐらいであろうか

幹線道路や高速道路を使って

フィレンツェの南にある

フィレンツェ日本語補習授業校へ

毎週土曜日の午後

少年は通っている。

遥々通うお稽古事のような日本語学校は

私たち親が連れて行く。

Pecole che mi guarda


大抵は、イタリア人のお父さんと日本人のお母さん

というパターンが95パーセント。

逆もいれば、日本人同士というパターンもいる。


授業は三時間、3~6時まで。

三~六歳までの幼稚部は、二時間。


幼稚部、小学部、中学部、上級部と構成され

18歳で卒業し、卒業証書が受領される。

この卒業証書は、スキルとみなされ

その後の活動を始めるのにプラスになるそうだ。


フィレンツェ日本語補習授業校は

政府からも認定されているので

補助も受けていれば

国民同様に教科書が与えられる。


トスカーナ日本人会下にあるため

ボランティア活動で運営され

授業料も他と比べればかなり安いと聞く。


親の想いから生まれた日本語学校。

親たちがボランティアで運営している。

この何年もの間に拡張した学校も日本人会も

日本人らしく各々に役割を果たし

上手に運営され、毎年スムーズに安全に楽しく

通えているのではないかと私は思う。


学校行事は

運動会や文化祭、学習発表会に卒業式。

日本人会の行事も

新年会、お餅つき大会、遠足など

家族揃って参加のできる企画を催してくれる。


こういった場で

日本人同士、ハーフ同士、日本人妻を持つ夫たち

環境の似たり寄ったりの私たちは

ただただ情報交換だけでなく

気持ちを寄り添い合っていたりもする。


オリジナリティの比較的強い私でもコミュニティの中で

会って笑って乾杯して

一週間に一度、平常の生活から

異空間に飛び込む感じ。


夫は、日本人の母を持つ子が日本語を学ぶことに対し

とても協力的なことから、交代で連れて行っている。


少年も、瞬間的に覚える漢字テスト用の漢字が

その場で100点、後で忘れちゃっても

漢字嫌いにはなってないようだし

お友だちとも三歳の年少さんからずっと一緒。

クラス10人個性的な友たちとの付き合いは慣れている。

マイペースに友たちと付き合っているようだ。

日本と同じ、四月に始業式

少年は、小学六年生となる。


家で日本語を教えることは難しい。

日本語で日常会話をして耳を鍛えていくしかない。

読む・書くのマテリアルや宿題という形

発表などの場、そして同じ年の子と学ぶ刺激は

日本語補習授業校が与えるメリットだと思う。


私は、日本に毎年帰る家も無ければ家族もいない。

日本語補習授業校が、私のミニニッポンであったりもする。

このコミュニティーを上手にコントロールして付き合っていけば

とても画期的なメンバーと出会って

楽しい活動や楽しい時間を過ごせると思う。

Compleanno Miwa&Yuri 3

Mさん撮影。


先日、子供ではなくママの半世紀祝いの会が

いつもおしゃべりで花を咲かせるローカルカフェの一室で

学校帰り、集まった。

私も久しぶりの食べて飲んでの場だった。

ママたちの手料理を持ち込んで

さらに話が弾む。

あーでもない、こーでもない。

Polpette con Salsa di Pomodoro e Salsa Giapponese

豚の挽肉と生卵を入れムース上に撹拌した豆腐ペーストと

自家栽培のニラとネギとジンジャーシロップを混ぜ込んだ肉団子。

今回は、片栗粉をまぶして揚げて、そのままでもパクリOK

子供用シンプルトマトソースと

大人用ジンジャースライスとペペロンチーノ入り辛口みたらしソース

を持ち寄りパーティへ。


Polpette Fritte infarinate con Fecola di Patate

Carne macinata di Maiale e Pesto di Tofu con Uova

Erba Cipollina Asiatica, Porri e Sciroppo di Zenzero

Salsa di Pomodoro

Salsa Agrodolce con peperoncini e zenzero



イタリアのミニニッポン

田舎にいればいるほどこういった環境は

家族ともども貴重な存在かもしれない。

Olivi Potati con Nuvola



*過去の関連記事はこちら↓*

リンデンハチミツ入り ColdCream con Miele di Tiglio

コロコロおはぎ

人生の響きを奏でるコンサート OneDrink Concert

 Grazie di aver visitato!

最後まで拝読していただきまして

ありがとうございました。

Instagram ≫≫≫ obatamakivincirealmakici




私が二十二歳になる数日前

母は、乳ガンから発起したガンだらけの身体は

肺に留まり息も引き取った。

モルフィネを打たれ痛みが治まったと同時に

涙をこぼし、ささやかに笑った。

その時、魂が抜けた様子だった。

私はこれからの痛みに泣いた。

今考えると、寂しさに泣いていた。

寂しさが心の痛みだったように思う。

思い出すだけで泣いた。

それでも生きている以上、生活していく。

時間が私を助けてくれた。

同じ日なんてありえない。

前進する意義と生きる愉しさ。

寂しさの涙は、いつしか乾いていった。

mamma e figlio


私はなかなか妊娠しなかった。

不妊相談所のようなところで相談し

(フィレンツェの県立病院Careggiカレッジ内の

Riproduzione Umaniリプロドゥッツィオーネ ウマーニというところ。)

いろいろ検査をすることになった。

調べると、昨年と9年前の手術でも取り除いた

やはり腫瘍が邪魔していた。

卵巣嚢腫というものであった。

卵巣が左右あるうちの右側にあった。

手術をして除去してから妊娠を考えようと

道のりは長くなった。

腫瘍は、さほど大きくなかったので

ちっとも緊急扱いのない手術の予約をし

初めての手術に緊張しながら

首を長くして待っていた。

時間だけが過ぎているような。

妊娠には、少し焦りだす年頃に突入していた。


ある時、なかなか生理がこないから

市販の妊娠検査薬で調べてみると

ポジティブ(=陽性)。

病院に行って、本格的に検査をしてもらって

浮かれて、母子健康手帳を頂いた日

手術の電話を受け取った。


妊娠するための手術だったので、もう必要ない。

浮かれた私はそう思い込みっぱなしだったし

誰も定期検査をしなさいと忠告することもなく。

だから、出産して二年後に痛い思いをそこでする。

ecco


噂通り、つわりを迎え

タバコを止めた。

これだけは自慢に想えること

夫も、タバコを一緒に止めた。

今でも吸うことはない。

人生の学びの一つであろう。


あの時ほど未来が楽しみで仕方がない

という感覚はない。

それでも日常での問題は次から次へと起こり

次から次へと解決していく。

つわりだからとウダウダしてられない。

同じ日は決してない。


当時、不動産も購入し

現在のヴィンチの家の建て直しで

出来の悪い設計士

(Geometraジェオーメートラ、人に依るけどね)

と日々連絡し合っていた。

そのことについては、追々語ろうと思う。


数ヶ月の妊娠期間、順調だった。

国の保険機関で行われる産婦人科ではなく

プライベートの産婦人科の医師について診てもらっていた。

Cielo in Dicembre


四ヶ月目も終わり頃

そのプライベートの産婦人科で定期健診を行った。

医師は、あることを発見した。


胎児の頭の穴がフツーより大きい

というのである。

で?どうなっちゃうの??


胎児の頭の穴は、産まれてからも開いてるし

それがだんだん塞がってくるものなんだが

このまま塞がらず、穴が大きいままだと

知能障害を持った子が生まれてくる

というのである。


私は横になってエコー検査をしている状態。

下から医師を見上げていた。

医師は、下を見るより

なんだか近くにいた夫に向かって話していたような。


イタリアは、障害者に対して厳しい国だから・・・


中絶するには5ヶ月までは法律で許されているから・・・


それ以降だとお金もかかるしイタリアではできない・・・


というのである。

医師は、人工妊娠中絶を勧めているのである。


涙が溢れて止まらなかった。


医師は、他の診療所宛へ手紙を書き

もう一度エコー検査をし診察することの手配をしてもらい

産婦人科を後にした。


それから何日泣いたであろう。

夜も泣いた。

涙は乾いてくれなかった。

涙の海ができそうであった。


四ヶ月の終わりって、もう胎児の動きがわかる。

私の体の中で、命が誕生している。

あんなに望みに望んだ命を、私が殺せというのだ。


私の家族は次々と自ら魂となっていった。

今度は、私が命を殺す?


ありえない。

Vola


私は決めた。

産む。


知能障害でもこの世に誕生して

小さな幸せでもいいから知って欲しい。

同じ日なんてない。

嫌なこともあれば嬉しいことだってある。

知能障害だって生まれて生きる権利はある。

嫌なことを知って嬉しいことを知る権利はある。



私の母は、養護学校の教育者であった。

教頭になり信頼や講演で注目を集めていた頃

この世を去り、期待は続くことなく終わってしまった。

私が青春の頃、彼女の活躍はほとんど後で知ることになるが

少女の頃は、養護学校でイベントがあると

一緒に参加していた。

知能障害で手古摺らせることもあるが

こうやって団体で温かく見守って

一緒に笑える、一緒に学べる

彼らだって好きで障害者やってるんじゃない。


どんな状態でも

同じように扱う、平等でいる

っていうことを一番に学んだ。


可哀想だからと、可哀想に扱うより

平等に扱う。

それは、障害の世界だけでなく

どこの世界においても言えるのではないかと想う。


そんなことを、数日考えた。

産むと決めた途端、涙の波が引いた。


赤く腫れているだろう私を鏡で見た。

鏡に映る私の顔は変わっていた。

その時から私の目は、二重になった。

どんなに擦っても、時間が経っても

二重となった目は今も続く。

母になると決心した顔なのかもしれない。

mamma e figlio nell' ex appartamento

医師の書いた手紙を持って

国の保険機関のエコー検査に行った。

「ちょっと大きいけど、男の子の場合は大抵大きいの。

ほとんどは小さくなっていくから。

毎月、エコーをしながら様子を見ていきましょう。」

母体と胎児、二人でトンネルのCTスキャンも通ったっけ。


その問題以外は、母体も胎児も順調であった。

お腹がはち切れんばかりとなった予定通りの頃

破水して病院へ行き

長い長い分娩室にてやっとこさ産まれてきた。

なんと、プワ~とあくびと伸びをしながら産まれてきた。


その後も頭の穴の検査をしていった。

しかし、異常は見つからず

今では穴どころか石頭。

至って元気にフツーに成長し

今や十一歳の少年。


どうしてあの産婦人科の医師は、あんなことを言ったのか。

Italo-Giapponese


命を授かること、平等に生きる権利を再び学んだことは

このような過程があったからであろう。

人が生まれる、人が生きる人生とは

学ぶために生まれ生きるのだろう。



*************



今日の二月二十二日が、少年の誕生日。

十一年間、病気をすることなく飛び跳ねている。

今日は少年の大好物を食べさせてあげようと思う。

少年のリクエストは

Bisteccaビステッカ(Tボーンステーキ)

生卵ご飯と

プリン!

大好きなものは、毎年同じだ。

con tablet

*関連記事はこちら↓*

カテゴリー少年

晴れ、歩め!Sette Erbe

白い箱の部屋 Quadifoglio

時間

 Grazie di aver visitato!

最後まで拝読していただきまして

ありがとうございました。

Instagram ≫≫≫ obatamakivincirealmakici








≪≪≪ 写真だけ前回の記事の続きです ≫≫≫

***********

記憶を甦らせてもやはりあまり記憶にない。

母と何時間もかけて話した記憶。

しかし、東京近郊で一人暮らしをしていた時には

母に日々電話をし、何かと相談していた。

あの頃、私の中の唯一の大人は

母だけであった。

私のことを一番に想って相談にのり

私のことを信じて生きていた。

そんな風に私もなるのか?

そんな風に子もなるのか?

Ragazzo


日々の生活の中で

話す時間てどのくらいあるだろう。

じっくり話す時間てあまりない。

diventa un concime


少年は、帰宅してもなんだかんだと

ゆっくり話すことはない。

私と夫は、アペリ中、報告し合うことが多い。

ケンカになっても言い合う。

そんなんで、食事の支度が遅くなる時もある。()

食事中、家族の一日を話そうと提案するが

食事の話題になったり、少年の食べ方のしつけで

唯一の家族団欒の時間がおじゃんとなり

意見を交換し合うお行儀の良い会話ができない。

食後は各々に過ごすことが多い。

友人が来るとあんなに何時間もおしゃべりして食事をするのに

家族だけだと・・・なんかまとまらない。

Bianco e Nero


少年とは、横になったときに話すことがある。

「今日はおしゃべりして寝よう」

少年も嬉しそうに床に就きたがる。

そこで、マキちゃんの頃のはなし

マキチの頃のはなし

マキさんの今のはなしをする。

「マキチのはなしして~」

いいよー。

話している内に、私が寝てしまう。

「で、それで?マキチどうなったの??」

zzzzzzzz。

il mio tappetino doc


散歩をしている時も少年と話すチャンスな時間。

でも世代が違うから、同じペースではもう歩かない。

歩いておしゃべりできた時間が貴重だったことを思い出す。

Camminare con Bstone


そういう訳で、一瞬の隙を狙って

話すことが多くなってしまった。

大きくなるにつれて、現実的な話。

私の経験談より、一緒に未来を触れるような

選択していく話が増えてきたように思う。

Mimosa in Gennaio


少年は、イタリアの小学五年生。

今年の九月には、十一歳で中学生。

小学入学申し込みの時もそうだったが

中学入学申し込みも

国立だとオンライン申請。

再び、選択項目の中に

Religioneレリジォーネ(宗教)を取るか取らないか

という項目がある。

Orizzonte del Montalbano


小学の入学相談で保護者会があった。

宗教の授業を選択しないと

どうなるのか、放ったらかしなのか

猛烈に抗議していた無宗教の保護者がいた。

un tocco di colore


私も夫も無宗教だけど

子には、宗教の授業を選択してあげた。

Strada nella Foschia


学校側の返事は

イタリアはカトリックだからカトリックを一番に説明するけれど

カトリック自体の教えは教会で学ぶ、という。

進めば、世界の重要な宗教を学んでいく、と言っていた。

Gocce di Natura


イタリアへ旅行に来て何を見る? 
-教会。

日本へ行って何を見る? -寺や神社。

例えばトルコに行ったら何を見る? -モスク。

などのように、世界の歴史は全て宗教から始まっている

といっても過言ではない。

歴史を学ぶことは、ある意味宗教を学ぶこと。

国の文化を知ることは

宗教を知っていないとおもしろくない。

これから大きくなって世界に興味が沸いたとき

宗教の知識があるだけでも

視野が広がるのではないかと思う。

Scheletro


今、イスラエルのユダヤ教について学んでいるそうだ。

歴史と宗教は繋がっているでしょ?

うん。

ボク、宗教の授業とるよ。

verso futuro


隙間な時間のおしゃべりでも

少年の理解力は、やはり成長している。

もっともっと良い子になって欲しいけど

ま、いっか。

一緒に未来を触れていこう。

Bosco Brilla

*関連記事はこちら↓*

カテゴリー少年】【暮らし

生命の誕生 BuonNatale

晴れ、歩め!Sette Erbe

時間

 Grazie di aver visitato!

最後まで拝読していただきまして

ありがとうございました。

お呼ばれしたり我が家に集まったり。

友家族と家で会食するって楽しい。

tavola


みんなが持ち寄り。

それぞれ得意な料理を持ってくる。

Vino Biodinamico


アンティ、プリモ、セコンドなんてない。

全部テーブルに広げてゴチャゴチャ食べる。

Agnello da Vinci e Salsciccia da Vinci


ヴィンチの我が家では、
BBQ(バーベキュー)がメインとなる。

写真↑は、ヴィンチのAgnelloアニェッロ(子羊)

ヴィンチのSalscicciaサルシッチャ(ソーセージ)

Bistacche Costola e Filetto


ヴィンチのちょっと先の美味しいお肉屋さんの

Bisteccaビステッカ(Tボーンステーキ)は、牝牛なんだそう。

イタリアだって、美味しい肉を売っている所と

美味しいパンを売っている所を見つけるのは難しい。

コック家(こちら)の料理人たちも

お肉とジェヌエンなバイオダイナミックワインに

満足した様子。

ステーキには、早摘みのまろやかタイプのオリーブオイルが合う!

Bistecca alla Fiorentina


私はもっぱらつまみつくり。

ハーブだって摘んでくる。

天気が良いときに摘んでこよう。

バイオダイナミックの畑の緑肥。

Senape


セナペを先の方だけ摘んでお浸しに。

こちらは、遅摘みのパンチの効いたオリーブオイルを!

Cake


Dolce
ドルチェ(デザート、甘菓子)だってみんな手作り。

手作りは話が弾む。

あーでもない、こーでもない。

美味しいね!

alto!


お呼ばれ先では、こんなオシャレな手まり寿司。

Sushi fatto da M


子どもたちは、お菓子のおうちを制作。

クリスマスらしいアイデア、ありがとう!

stanno costruendo una casa dolce


お呼ばれ先では私が
Dolceを持っていくよ。

バイオダイナミックワインがまだイケるチョコレートケーキ

ガトーショコラ。

Gàteau chocolat con vino  biodinamico rosso


忘年会、クリスマス会の次は、大晦日。

その次は、新年会?! そのまた次は・・・

と、一年間賑やかに集まる。

家族で集まれるなんて素敵だな。

笑いながら時を過ごせるなんて平和としか言いようがない。

こういうひとときって、あっという間に過ぎていくんだよね。

Foto foto


食べ終わると暖炉の前に集まる。

大変な日々なのに、集まると笑い飛ばせる。

フシギだね。

Camino

*関連記事はこちら↓*

カテゴリー食アレンジ】【OliveOil

モコモコ手作り BuoneFeste

オーガニックファームでネバ草見っけ Portulaca

土鍋さんと乾杯 Paperoin DONABE

ご褒美とギフトにバイオダイナミックワイン ViniBiodinamici 2016

 Grazie di aver visitato!

最後まで拝読していただきまして

ありがとうございました。

夏、人で賑わう海辺は、大晦日、私たちのように浴びに来たちらほらの人たちで、沈む地に足跡を残した。

Auguri

白浜はひんやり。気持ちがいい。

nalla Sabbia

海水もひんやり。ギラギラの夏の海水と同じかもしれないと体感した。

nell'Acqua

正午、日は、自らエネルギーを放していた。横になって日を浴びずにはいられない。

Prendo il sole dell'ultimo dell'anno

ブレーメンの音楽隊のようだ。日々の光景そのままである。

come musicista di Brèma

少年は、掘る、蹴る、走る、転ぶ。開放的な空間に身を任せていた。

BucareCalciare

魚を食べる。季節外れのCecinaチェーチナ(Livornoリボルノ)の町、ブラリ訪れた海の町だけど、しっかり席を予約してまた訪れたい。

Pesce Fritto al Ristorante di Cecina

日が沈み、空気がひんやりし始めた。

過去と現在と未来を想いながら、いつもと変わらない一年の最後の夕日を眺めた。

いや今日は違う。水平線に沈んでいく日を見送っている。

2016

日が落ちたら、樹に目をおく。海辺の樹も凛々しく聳え立つ。

Pini di Cecina

いつもと変わらない日だけれど、こうやって暦があったり節目をつけたり見方を変えることで、新しく更新される気分になる。


☆ ☆ ☆ ☆


新年、明けましておめでとうございます。

今年も、記憶を記録ブログ大地の住人オバタマキをよろしくお願いいたします。

みなさまが、健やかであること、穏やかであること、そして、五感を持つ自然と私たちが繋がり合えることを心からお祈り申し上げます。


ありがとう↓

↑このページのトップヘ