大地の住人 ヴィンチの丘で

地球と体に優しいコト ~イタリアから~

フィレンツェの端っこレオナルド・ダ・ヴィンチのふるさとヴィンチの丘に在住。 大地の自然たちと向き合って地球と体に優しい様々なコト、発見・提案・発信!

タグ:思い出

あ~もう少し。

手が届きそう。

あの雲、触ってみたいなぁ。

nuvola vicina

すぐ近くに見える雲が現れた。

手を伸ばせば、届きそうなほど近くにいる。

よく見ると、モコモコしたところが煮え立っているかのよにグツグツ動いている。


Cammino


歩いて手が届いた。

歩けること、手の届くことって、こんなに嬉しい。

最近だって、五月の手術後も、寝たきりの赤ん坊のように、下の世話までしてもらった。

そこにある飲み水さえ届かなかった。


Mamma e Figli


母の命日は七夕の日。

痛みを抑えるモルフィネが効いて、笑いながらスーっと天へ上っていった母。

手を伸ばしながらフワフワと織姫となって、天での愛を求めに去ったような。


2anni


私は生まれ、歩き、未来へ向かった。

今日きっと人生の半分を生きている私は、これが未来だったことを知り、その先の未来へまた向かう。

過去と現実と未来を振り返るよい機会が今日のこの日、誕生日かもしれない。


記憶と記録は目の前にある。

しかし姿は、あの雲のように手には届かない。


Primo Pomodorino come la mia guancia


今年のトマト。日照りにも関わらず、トマトは熟れた。

まるで私が2歳の頃のほっぺのよう。

パリッとした歯応えに、濃厚な味。

そうよ、そうよ。私もシャキッとして濃厚な人生を送らなきゃ!



*関連記事*

カテゴリー【思い出

白い箱の部屋 Quadrifoglio

ブドウを摘んでから Fogliedi Uva

祖母とマキちゃん



ありがとうGrazie↓

私にはもう実家はない。

私が帰るところは今の家しかない。

私を守ってくれた家族はもういない。

Libreria di Tesoro

母の部屋にあった本棚を、今の家ヴィンチの丘の家まで運んできた。

思い出や記憶、そして小さなおもちゃが詰っている。

この扉を開けるとゴチャゴチャしてて、いつでもうわ~と胸がふくらむ。

幼少時に返らせてくれる「おかえり棚」である。

neonata obatamaki

誰にでもこんな頃はある。

凡人も天才も。

善人も悪人も。

polvere per neonati

どうしてこんな物を持っているのか、どこで見つけたのか、誰のものだったのか、記憶にはない。

でも、赤ん坊の頃の写真を見ると、似たような物が置いてある。

Giocattolo Antiquariato

これだって記憶にはない。

しかし、実家にあったのだから、誰も捨てられなかった一品なのであろう。

きっと、母の記憶の品なのかもしれない。

Mamma e Figlia

それらこれらをギュッと詰めた棚。

記憶の品というかたみを詰めた棚。

もしかしてもしかすると、家具つくりが趣味だった祖父の作品かもしれない棚。

もう問うことはできない。祖母さえもいない。

記憶と想いを詰めた棚。

少年もこの扉を開けるとワクワクする。

そうっと、大切に。

今日も開けてみよっか、母の命日に。


*関連記事*

カテゴリー【思い出

マキちゃんの春の香り Profumodi Primavera

継いだ切手 FrancobolliFilatelici 2016


ありがとうGrazie↓

20年以上前、フィレンツェに初々しく滞在していた頃、早速、Vinciヴィンチ村の外れにあるレオナルド・ダ・ヴィンチの生家を見学したく、一人でフィレンツェから電車とバスを使って訪れた。

短距離のハイキングコースを歩けばいいものの、きっと・・・道に迷うと思ったのかそれとも一人で畑道は怖いと思ったのか、アスファルトの車道を辿って行くことにした。

車道もオリーブの木々を分けていく。

見渡す限り、オリーブ。

オリーブの坂道は、どこまでも続く。・・・ような気がした。

時間に制限は無い。休憩することにした。

そこ、オリーブの木の下で。

ヴィンチを囲む街々や畑が一望できる。

あの時も6月だった。

ヴィンチの丘・・オリーブの丘を通る風は心地良かった。

当時、自分がヴィンチの丘の大きなオリーブの木がある家に住むなんて思いもしなかった。でも、この心地良さは、そう簡単には見つからないと予感した。

あ~~~気持ちがいい。昼寝までした。

Sotto l'Olivo

今、ヴィンチの丘の大きなオリーブの木の下にいる。

あの時と同じ6月。あの時だって暑かった。でも日陰にいると、このサラサラした空気はあえて気持ちがいい。

風が通る度に、枝が動く。影が動く。

日がチラチラとこぼれ注ぎ、チカチカと輝く。動く影も輝いて見える。

逆光から見るオリーブは、私を見ているようだ。

Ombra dell'Olivo

このオリーブの木は、私の一番すぐ近くにいる。

毎日観察して、毎日撫でる。雨が降った後もオリーブに会いに行く。

このオリーブの木は、どの畑の中でも一番元気で一番実をつける。

5月の開花中、急に熱い日差しに照らされても、彼らの吐息は樹を潤した。

こんな帽子被っちゃって。

Cappellino di Oliva

私のオリーブ。

このオリーブが元気だから私も元気になる。

こんなオリーブの木の下で、私とオリーブは気が一つになる感じがした。

Olivo e Tramonto


*関連記事*

カテゴリー【オリーブ

ボクのカクテル MOJITOanalcolico

水を飲むのだ Acqua

オリーブの粒 Migne

オリーブオイルを美味しくさせる Consigliodi Frantoio Bio

ありがとう↓

『節約・創作・満足』

Bèret

マキちゃんの生地。

ずーっと持ち続けたマキちゃんの生地。

Piccola Maki

50cm四方くらいの端切れを

どうやって使うか

いつ勇気を出して使うか

ずっと迷ってた。

Tracolla

チラッと見えるトコロに使ったよ。

Bèret e Spilla di Farfalla

とてもセクシーな蝶が近づいてきました。

image

Come questa

春の香りと甘い思い出がプンプンします。

**********

私の好きな色、黄色の蝶ブローチは自分へのプレゼント。

Spilla di Farfalla ORIGAMARE

ブランドORIGAMAREを設立したKumiさんは

イタリアで和の伝統*折り紙*を伝授するアーティスト。

彼女のセンスは、イタロジャッポネーゼ。

テーマ、紙質、色選び・・どれもこれも魅力的。

イベント、インテリア、ブライダル等々活躍中。FB

大人のカッコイイ冴えるorigamiです。




*関連記事*

カテゴリー【衣アレンジ】【作品

ゆっとり万能グレーColoreGrigio

忍者なサムエルNinjaStile

小さな白・冬のお裁縫BiancoInvernale

新月の黒・冬のお裁縫Coloredi Novilunio

お裁縫・秋服2016

お裁縫・秋カバン2016

お裁縫・夏アクセサリー2016

お裁縫・夏カバン2016

お裁縫・夏服2016


   ↓ありがとう↓


   人気ブログランキング

少女時代をマキちゃん。

長い青春時代をMakiciマキチ

子を産んだ頃からかマキさんと呼ばれるようになった。

それぞれにハッスルした時代である。

少年には、マキちゃんの頃・・・マキチの頃・・・お母さん・・・と三つに分けて語る。少年は、愉快に時代を選び、思い出を聞きたがる。

Ingresso di Mostra

そう、それはMakiciの時代のSanValentinoサンヴァレンティーノ(バレンタインデー)の日、私はFirenzeフィレンツェのとあるBorgoボルゴ(古い地区のある通り)で個展を開催していた。

あの時代、リサイクルペーパーとリサイクルフラワーでリサイクルアート制作に夢中だった。

Catalogo fatto da me

今は直々に植物の剪定で現在・過去・未来に向き合うが、当時はモノとコトの現在・過去・未来をグルグル考えていた。

今も変わらない。

あの青春時代のMakiciが一生懸命考えて考えて狂おしいほど考えたコトは、時間が過ぎた今でも変わっていない・・・と作品を見て想う。

そんな作品たちを一気に並べた個展では、時と出会いと作品を祝ってSanValentinoの日、チョコレートを頬張ってもらった。

Regalavo un cioccolato

日本のバレンタインデーはアレンジな風習を思い出すが、出会いに感謝を込めてチョコを食べる日でもいいかもしれない。

Mostra in Loft

あの日、ちょっとセンチメンタルな曲(あるトルコ映画のサントラ)を会場で流していた。

曲にそそられて立ち寄ってくれた人もいた。

「ここはいったいどこ~??」

私の部屋のように招待し、紹介したっけ。

「どうしてもアナタの作品が欲しい!」 

「サインを作品の表にして。」

Makici sta firmando

今やSNSで自分と似ているヒトや好きなモノを探せるIT社会。

Makiciの頃は「出会い」に出会うのに、考えて作品をつくって個展をして、出会いのチャンスをつかんでいた。本当のところは、現在もそうなのかもしれない。

Stampata su Carta Riciclata Fabbricata

手でつくる出会い。

2017

そんなきっかけと思い出に、チョコでも食べよっか、少年。

ぽっと空は紅く染まる。


*関連記事*

ヴィンチの住人、ミラノでふくらむ

自然の皮Pelledi Natura


ありがとう↓

↑このページのトップヘ