大地の住人 ヴィンチの丘で

地球と体に優しいコト ~イタリアから~

フィレンツェの端っこレオナルド・ダ・ヴィンチのふるさとヴィンチの丘に在住。 大地の自然たちと向き合って地球と体に優しい様々なコト、発見・提案・発信!

タグ:散歩

冬休みのある晴れた日。

年が明けた翌日かな。

Collina in Inverno


あの日、静かな日だった。

風も無く、日が低く傾きながら差していた。

日が私たちを呼ぶ。

Badminton e pallone


羽子板ならぬバトミントンでもするか。

羽を飛ばしてみると、やや風があることに気がつく。

親子は、お互いに息を切らせながら、続かないバトミントンを

空を見上げながら大地を駆けながら羽を追った。

Vista Inverno


さらに日が傾き、今にも今日が終わりそうだった。

いつもの、あのアグリトゥリーズモの丘まで散歩しよう。

Passeggiata con pallone


少年は始めたばかりのサッカークラブのせいか

サッカーボールを蹴りながら散歩した。

でも雨の中の晴れだから、大地はぬかる。

少年は、ぬかる大地にかまわぬショートゴム靴で

クロスカントリー。

Vinci e Terra e Sole e Ragazzo


泥まみれの動物少年の姿を見ながら散歩をする。

Fine


いつまでこんな光景が続くのかな・・・と

近そうな未来と遠くなりそうな距離が

私の脳裏だけではない体全身にかすみ

少年と風景を眺めた。

Brilla la Terra


手が届きそうで、遠くに行く。


この言葉が出てきたとき、胸が熱くなってしまった。


キーボードを打ちながら

ぐぅっと目頭や鼻まで熱く上昇してきた。

Tracce di Pioggia


最近、息子をもつ家族と会うと

あまりの成長振りに言葉を失ってしまう。

青年となってゆく彼らを見ながら

我が少年を被せて想像してしまう。


いつか少年は青年となり、自らの道へ羽ばたいていく。

そんなことわかっているし、自分だってそうしてきたけど

親はこんな気持ちで子を眺めていたと想うと

そして今やっとわかるなんて

人生の中の発見の一つであるような気がする。

Chiesa di Streda e Ragazzo di 10 anni


子を産み、成長していくって

自分の発見、未来の発見、過去の発見のよう。

自分だけではない人生の発見。

彼らの歩みが私の歩みを再発見することもある。

gentilmente sole


少年との散歩は

今後変化があるような気がしてならない。

Erbe da giardino


一月七日は、七草粥ならぬ七草パスタ。

Trassaco Borragine Bietola Rapa

Cipollina Rucola Erba Cipollina 

タンポポ、ボラジ、ビエトラ、カラシナ、ネギ、ルーコラ、ニラ。

遅摘みのパンチのあるオリーブオイルをた~っぷりかけて。

今年も大地に感謝しながら歩めますように。

Pasta con le Erba

*関連記事はこちら↓*

カテゴリー少年】【散歩

夏休みのある朝 DuePassi di Mattina

食後のサマータイム DopoCena

時間

 Grazie di aver visitato!

最後まで拝読していただきまして

ありがとうございました。

ESCHERエッシャー

あまりにも有名で今更・・かもしれない。

しかし、時代を受け継ぐ若者たちには
知って欲しい近代アート界の一人である。

provare


少年を連れて、ピサへ。

エンポリから特急電車で30分程度。

フィレンツェへ行くより、少し距離が伸びる。

3時間はたっぷり観賞したい。

その後、ピサの斜塔まで散歩しようか。

お弁当のパニーノは、ガラガラ電車の中で食べてしまおう。

Fiume Arno di Pisa


ピサの古い通りは
クリスマスの街頭と雨で白黒の似合いそうな町並みと化していた。

Palazzo Blu


ESCHER
の作品は
学生時代デザインの授業で出会った記憶がある。

今見る中年の私には
彼の奥行きのあるビジュアルイメージは
瞑想を駆け巡る現実とマッチしない時代
それは人生の若き頃、全ての若者におけて見えた。

guardare


彼の生い立ちや精神的な実状をこの展示会でじっくり知った。

sentirsi


私たちのいるこのイタリアにも深く関係していたなんて。

版画家ESCHER
ここトスカーナ、シエナやサンジミニャーノを愛していた。

そして、ティレニア海も。

展示会ではトリック体験もあり
少年は身をトリックに操られていた。

giocare


じっくり読み、じっくり観賞し、優に三時間の時は経過していた。

予想通り。

pubblicità


三時間前と明るさが変わらない曇り空の下
親子は腕を組みながら散歩をした。

乾燥した展示会の後
カラカラの喉に、ジェラートはたまらなく美味しかった。

Street

雨降り続きの冬休み。

雨の中、親子でデートするのも悪くない。



*関連記事はこちら↓*

カテゴリーミュージアム】【散歩

フィレンツェへデート FirenzeDECO

ミュージアム:古生物学 Paleontologia

SanMiniatoで白トリュフ TartufoBianco

 Grazie di aver visitato!

最後まで拝読していただきまして

ありがとうございました。

Obata Maki a Firenze

ヴィンチの住人、フィレンツェをしっとり歩く。

Regalo a Firenze

VinciヴィンチEmpoliエンポリ(隣の大きい市)だけの休日(1130Sant'Andreaサンタンドレーア)、家族でほんの少しフィレンツェを散歩。

イタリアでは、各市町村に各々休日がある。

(Patronoパトローノ守護聖人が各地を見守ってくれる日なんだそうだ。)

そんな日は、稼動している街へ行こう。

verso Duomo

今度あのクーポラの天辺に行こうね。

と少年に約束しながら、雨上がりでキラキラ光った石畳の上を歩いた。

Duomo nel pozzetto

時々フィレンツェを歩くのはいい。

フィレンツェに住んでいた頃を思い出す。

街の発見より、懐かしい気持ちでいっぱいになる。

nella vetrina

フィレンツェの街はクリスマスにデコレーションされていた。

このシーズンの楽しみ。

街中がイルミネーション。

Fiocco a Firenze

我が家もクリスマスデコを少年と製作中。



***************



ある土曜日の午後、フィレンツェの緑に囲まれた小さなTeatroテアトロ(劇場)でピアノとクラリネットのコンサートがあった。

今やファンである山口詠子さんの語る奏では、今回ピアノで演奏されても伝わってきた。

そして、細くて長い手の指から、あんなにリズミカルで時には静寂を音色で醸し出す町田さゆりさんのピアノ演奏。

クラリネットUgo Garasso氏との共演、お二人の息の合ったピアノ連弾・・・

un Concerto di Pianoforte a Firenze

少年が「コンサートどうだった?」と聞く。

映画を観ているようだったよ。

映画の中に音楽ってあるでしょ。

木々の中を歩いていたり、会食をしている様子だったり、走っている様子だったり・・・

「うわー。」と少年は嬉しそうに、感想を聞いてくれたことに私も嬉しかった。

とてもリラックスしたフィレンツェの土曜日の午後となった。

Bar


*オススメ関連記事*

カテゴリー【散歩】【音楽】【衣アレンジ

フィレンツェ、住宅街のB&B

魅せられたチェンバロ

お裁縫・秋服2016

お裁縫・夏カバン2016

SanMiniatoで白トリュフ TartufoBianco

人生の響きを奏でるコンサート OneDrink Concert

ありがとうGrazie↓

Olivo illuminato dall'Alba


11
月のヴィンチの丘は

黒に支えられた黄が白に包まれる。

Panoram Bianco Giallo e Nero


ワタシの好きな色たち。

Foglie di Uva Fine


白く濡れた黄は、ヒラヒラと舞ってゆく。

Vigneto Bianco Giallo e Nero


舞った先は、黒が受け止める。

solo Bianco e Nero


白は黄を愛し

黄は黒を愛し

黒は白を愛す

Intrecciarsi


我が家の窓から、向うを見る。

Mimosa Bianco Giallo e Nero


白と黄と黒がいる。

Vite e Terra


行ってみよう。

Terra Brilla


小さな森は、愛し合っていた。

un Albero Bianco Giallo e Nero


木の葉たちよ

なんと見事な

Coesistere


なんだかそっとしておきたくなった。

Mimosa Nera


グローバルな愛は

無言に愛し合っていた。

un paesino Giallo


*オススメ関連記事*

カテゴリー【Vinciの空】 

白の時間 Oradi Bianco

落ち葉の上で

師走のはじまり

黄になるホルモン Autunno

ありがとうGrazie↓

この日も秋晴れ。

Alberi di Castagne


朝は静寂な白に包まれ

昼は陽気な日が差し

暮れる頃、空は濃厚に焼ける

ヴィンチの丘。

Fglie di Castagne Giallo e Verde


あちらこちらで秋の旬が目に飛び込んでくる。

indice


散歩がてら栗でも拾ってみよっか。

Cera dai Pini


三分で行ける山

Montalbanoモンタルバーノへ。

Bosco di Montalbano


山は静かかと思ったら

私たちと同じような家族連れ、カップル、

老夫婦などの賑やかな声が木霊コダマする。

da Montalbano


秋の週末は、猟人だって山を歩く。

銃の音が、まるで私たちを狙っているかのように

近くで聞こえる。

イノシシも気が気でない秋だ。

Coperte le Foglie di Castagne


白く包まれていただろう朝の山へ

足を踏み込んだ者だってたくさんいる。

籠から落ちたキノコを見つけた。

Convivenza


そうやって秋の山は賑わうのである。

Strada in Cielo


私たちも
Paniniパニーニ(サンドイッチ)

バイオダイナミックワインを持って

ピクニック。

Picnic sotto l'albero di castagne


所を変えて、外で食べるのは

ホント、イイ気分転換。

Castagne in Guscio


栗、あった。

いっぱいあった。

でも小さかった。

Aprire


みんな栗拾いだから

落ちてる栗の中身がない。

Vivere insieme


お散歩しよう。

Arte Naturale


山の木々はステキに共存してる。

Deco Naturale


コーディネートは抜群。

森のインテリアも最高。

色も形もアートしてる。

イルミネーションだって意気投合。

Tracce di Mattina


私たちも暗黙の了解で

キレイに共存したい。

センス良く。

象徴しつつ尊重しつつ。

Controluce


秋晴れはいつまで続くのだろう。

それはそれで農民は疑問を抱く。


***************


東京札幌で、イタリア中オリーブの収穫で大賑わいの搾り立てオリーブオイルを使って、イタリア/フィレンツェ在住お料理研究家&イタリア政府認定オリーブオイル鑑定士shinomaiさんのオリーブオイル講座が開催されます。


ヴィンチの丘の地球と体に優しいピュアで誠実なオーガニックオリーブオイルも参加!


フィレンツェから直々に運ばれた本物のオリーブオイルを味わうチャンス。

我がふるさとニッポンで、正真正銘のオリーブオイルが拡がることを応援します。

お問い合わせは、shinomaiさんへ直接ご連絡下さい。

shinomai corso di olio di oliva


*オススメ関連記事*

カテゴリー【散歩】 

芽生える春 Nascere

落ち葉の上で

暗闇ハイキング PasseggiataNotturna

レオナルド・ダ・ヴィンチが工夫した堰 Pescaiadel Mulino della Doccia

Vinciヴィンチの山、Montalbanoモンタルバーノ

ありがとうGrazie↓

↑このページのトップヘ