大地の住人 ヴィンチの丘で

地球と体に優しいコト ~イタリアから~

フィレンツェの端っこレオナルド・ダ・ヴィンチのふるさとヴィンチの丘に在住。 大地の自然たちと向き合って地球と体に優しい様々なコト、発見・提案・発信!

タグ:日本人


夏のお客様は、やっぱりトスカーナよ!


時の同居人
は、仕事の合間に


時の姉妹がいるヴィンチにやぁやぁやぁと現れた。


Yukata

いくつになっても、アネキ。


私がつくったアネキ。


ほんの少しの時間を共にしたアネキ。



私たちは、フィレンツェに足跡を残した。


そして足跡を埋めるように語り

ヴィンチにまた、足跡を残した。


多彩な話に、彩る食事

風が残していく雲と踊る湿気。


活きる野菜と潤った果実。


Pranzo alla giapponese

アネキがね

時の妹のことを想像しながら

飛び跳ねる夏の浴衣を贈ってくれた。


そうだ、そうだ。

お着物先生から頂いた帯紐をいくつか持ってる。


日のような黄色い帯に


オリーブ色の帯紐を選び


夏のカラカラな大地色の浴衣は


時に黄色く映える白地となった私の髪の毛にも


剪定用の体にも


今のワタシにピッタリ合った。


そのピッタリ感に照れてしまったほど。


どこに着ていこうかしら・・・



あの頃のようにアネキと

撮影セッティングにワイワイ。


あっち向いて、こっち向いて


コレつかんで、コレかけて


食を彩るトッピングを考えて


そんなことをしている間にタイムスリップして。


話しても話しても足りない

私たちの時間をワイワイで埋めていく。


少年も気がついたようだ。


ケタケタ笑う私たちを放っておく。


たまに割り込み、少年の宿題を三人で考えた。


少年には、親戚のおばちゃんみたいな存在なんだね!


ふと、私の少女期の母たちのケタケタ笑うシーンを思い出した。


お台所で、ケタケタしてたなー


美味しくできたとか失敗したとか言ってたなー


立つのも面倒だから1~2杯のお茶で

ずーっとおしゃべりしてる夏の団欒。


母たちがケタケタしている間

いとこたちとずーっと遊んでた。


少年は、一人で宿題をしてる振りしてゲームで遊び

だから、宿題をしてる振りしながら割り込んでくるんだ。


私も少年を放っておいた。


Trebbiano

アネキは、農主のバイオダイナミックワインのファンである。


ヴィンチの日・風・水・土で育ったブドウの

濾されていないピュアな葡萄酒は

天然の味が素朴に味わえる。


その美味しさを絶賛するアネキに

収穫前のブドウを味わいに

ヴィンチの丘を通って、農主のブドウ畑にワイワイ行った。


アネキのサンジョベーゼ好きに

サンジョベーゼとカナイオーロのブドウの粒を食べてもらった。


アネキのトレッビアーノ好きに

トレッビアーノとサンコロンバーノのブドウの粒を食べてもらった。


生のブドウの粒を食べると、ワインの味が想像できる。


それほど純粋なバイオダイナミックワイン。


それが魅力なバイオダイナミックワインなのである。


arcovaleno vicino

あ、雨が近づいてくる!


少年、ブドウ食べてる場合じゃないよ!


ホラ、行くよ!


ずぶ濡れになることを想像しながら

もしくは雨宿り先を考えながら小走りな帰路。


雨は、向こうの丘の上を這って行ったようだった。


家に向かう一本道の我が家のある辺りから

大きな虹が出現していた。


虹のあまりの太さと小さな雨雲の雨が我が家の辺りに見え

私たちは胸が弾んだ。


虹の下に行きたい!と少年。


虹の下には行けないんだよ。


虹の下に行こうとすると消えてしまうんだよ。


アネキが、アネキの母から教わったように、少年に教えた。


各々に虹への想いや記憶を言いながら


想像した虹の出先だった我が家にたどり着いた。


received_1892953197665597
photo by Tamami Azuma


虹の架け橋は移動し

ヴィンチの丘にはキラキラと白ワインを黄金にみせる夕日と共に

私たちは、前回と今回と次回の再会に、乾杯した。




*過去の関連記事はこちら↓*

時の同居人 Camera Doppia

土鍋さんと乾杯 Papero in DONABE

やっぱりトスカーナ! Amica come Sorella



Grazie di aver visitato!

最後まで拝読していただきまして、ありがとうございました。




にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ


Instagram ≫≫≫ obatamakivincirealmakici






ヴィンチから車で45分ぐらいであろうか

幹線道路や高速道路を使って

フィレンツェの南にある

フィレンツェ日本語補習授業校へ

毎週土曜日の午後

少年は通っている。

遥々通うお稽古事のような日本語学校は

私たち親が連れて行く。

Pecole che mi guarda


大抵は、イタリア人のお父さんと日本人のお母さん

というパターンが95パーセント。

逆もいれば、日本人同士というパターンもいる。


授業は三時間、3~6時まで。

三~六歳までの幼稚部は、二時間。


幼稚部、小学部、中学部、上級部と構成され

18歳で卒業し、卒業証書が受領される。

この卒業証書は、スキルとみなされ

その後の活動を始めるのにプラスになるそうだ。


フィレンツェ日本語補習授業校は

政府からも認定されているので

補助も受けていれば

国民同様に教科書が与えられる。


トスカーナ日本人会下にあるため

ボランティア活動で運営され

授業料も他と比べればかなり安いと聞く。


親の想いから生まれた日本語学校。

親たちがボランティアで運営している。

この何年もの間に拡張した学校も日本人会も

日本人らしく各々に役割を果たし

上手に運営され、毎年スムーズに安全に楽しく

通えているのではないかと私は思う。


学校行事は

運動会や文化祭、学習発表会に卒業式。

日本人会の行事も

新年会、お餅つき大会、遠足など

家族揃って参加のできる企画を催してくれる。


こういった場で

日本人同士、ハーフ同士、日本人妻を持つ夫たち

環境の似たり寄ったりの私たちは

ただただ情報交換だけでなく

気持ちを寄り添い合っていたりもする。


オリジナリティの比較的強い私でもコミュニティの中で

会って笑って乾杯して

一週間に一度、平常の生活から

異空間に飛び込む感じ。


夫は、日本人の母を持つ子が日本語を学ぶことに対し

とても協力的なことから、交代で連れて行っている。


少年も、瞬間的に覚える漢字テスト用の漢字が

その場で100点、後で忘れちゃっても

漢字嫌いにはなってないようだし

お友だちとも三歳の年少さんからずっと一緒。

クラス10人個性的な友たちとの付き合いは慣れている。

マイペースに友たちと付き合っているようだ。

日本と同じ、四月に始業式

少年は、小学六年生となる。


家で日本語を教えることは難しい。

日本語で日常会話をして耳を鍛えていくしかない。

読む・書くのマテリアルや宿題という形

発表などの場、そして同じ年の子と学ぶ刺激は

日本語補習授業校が与えるメリットだと思う。


私は、日本に毎年帰る家も無ければ家族もいない。

日本語補習授業校が、私のミニニッポンであったりもする。

このコミュニティーを上手にコントロールして付き合っていけば

とても画期的なメンバーと出会って

楽しい活動や楽しい時間を過ごせると思う。

Compleanno Miwa&Yuri 3

Mさん撮影。


先日、子供ではなくママの半世紀祝いの会が

いつもおしゃべりで花を咲かせるローカルカフェの一室で

学校帰り、集まった。

私も久しぶりの食べて飲んでの場だった。

ママたちの手料理を持ち込んで

さらに話が弾む。

あーでもない、こーでもない。

Polpette con Salsa di Pomodoro e Salsa Giapponese

豚の挽肉と生卵を入れムース上に撹拌した豆腐ペーストと

自家栽培のニラとネギとジンジャーシロップを混ぜ込んだ肉団子。

今回は、片栗粉をまぶして揚げて、そのままでもパクリOK

子供用シンプルトマトソースと

大人用ジンジャースライスとペペロンチーノ入り辛口みたらしソース

を持ち寄りパーティへ。


Polpette Fritte infarinate con Fecola di Patate

Carne macinata di Maiale e Pesto di Tofu con Uova

Erba Cipollina Asiatica, Porri e Sciroppo di Zenzero

Salsa di Pomodoro

Salsa Agrodolce con peperoncini e zenzero



イタリアのミニニッポン

田舎にいればいるほどこういった環境は

家族ともども貴重な存在かもしれない。

Olivi Potati con Nuvola



*過去の関連記事はこちら↓*

リンデンハチミツ入り ColdCream con Miele di Tiglio

コロコロおはぎ

人生の響きを奏でるコンサート OneDrink Concert

 Grazie di aver visitato!

最後まで拝読していただきまして

ありがとうございました。

Instagram ≫≫≫ obatamakivincirealmakici




快晴な空は、清く澄んでいる。

6marzo2018 -1


雲のある空は、空の息が見える。


曇り空じゃなくって


雲のある空。

6marzo2018 -3


吐息がゆっくり動いてる。


何か言いたそうだけど、スロー過ぎて。


目を放した隙に、形を変えている。

6marzo2018 -2


雲の吐息が、ダンスにも見える。


手をつないだり、離れていったり。

7marzo2018 -1


手でハートをつくるように、雲でハートをつくって


太陽を飲み込む。


雲のハートの口で、太陽をのみ込むの。


アーンムッ。

7marzo2018 -2


ある時は、太陽に照らされ雲は色を創る。


光によるグラデーションやコントラストは見事である。

7febbraio2018


雲は、一団となったり、疎らとなったり。


厚くなったり、薄くなったり。


モコモコしたり、サラサラしたり。



***************



フィレンツェで、またブラックが殺された。


人種差別をするイタリア人が犯す。


ブラックは、怒り出した。


彼らは、人権を強く主張するが、脅える。


土曜日、ブラック集団がフィレンツェでデモをするそうだ。


結果は知りたくないほど、気持ちはわかる。

6marzo2018 -4


私は、現在ここイタリアで命あって生活させて頂いている。


しかし、ある日、殺される危機は逃れたにしろ

嫌な思いをしたことがある。


私は、夫と出会ったときから、フィレンツェ郊外に住んでいる。


最寄駅から自宅へ歩いている時

自転車で気分良く走ってる若年金者の男が通り過ぎた。


その時


ぺっっ


と私に唾を吐いたのである。


私は、当然固まった。


何で?


男は大股漕ぎで、何事も無く過ぎ去っていった。


言葉を失うとか、声を失うって

残念ながら、こういう時に体験する。


気を取り直したときには

悔しくって悔しくって涙が出てきた。


帰宅して、夫に事情を話し、夫はなだめてくれるが

アナタにはわからない!

とまた悔しさが込み上げてきた。

Pesco e Goccia


酷いことはそれっきりだが


たくさんのイタリア人は興味を持って歓迎してくれる。


しかし、外国人であることを感じながら生きている。


生まれ育っていない国で

100パーセント国民になりきることは無理がある。


世界はグローバルに多国民化している。


移民する理由、その国に滞在する理由て

各々に想いがあるはずだ。

2gennaio2018 -2


スローな雲のダンスは


手をつないだり、離れたり


一段となったり、疎らになったり


色を創りだしたり、のみ込んだり



そんな空が、グローバルな世界にみえることもある。

2gennaio2018 -1


*関連記事はこちら↓*

包まれた莟 Pallinedi Mimosa

白の時間 Oradi Bianco

天空と気流

 Grazie di aver visitato!

最後まで拝読していただきまして

ありがとうございました。

Instagram ≫≫≫ obatamakivincirealmakici




束の間

銀が交じる大地。

Tarassaco con la Neve


冬は冬らしく

春は春らしく

Rosmarino con la Nave


温暖な冬は

一週間冬を迎えた。

Tronco di Olivo con la Neve


一歩遅れて

北の極地から反射してきた寒波

反射を受けた温暖な土地を震わせた。

Vigna fronte


この束の間の寒波では

きっと打撃は少ないだろうと信じる。

Olivo con la Neve


銀交じりの大地を歩くことはそうもない。

霙となり始めた。
歩いてみよう。

もうすぐ溶けちゃう。

Verso Vinci


前にヴィンチの銀世界を体験したのは

2009年の12月頃だった記憶。

ミニな少年がニンジンを持って

真っ白な大地に立っている写真がある。

今回もニンジンを持って出た。

Ghiaccio staccato dal Vetro


毎日眺める風景は

四季折々の風景で

緑、黄、茶、赤、白

と変化する。

そこが面白い。

飽きさせない自然な風景は

まるで土地土地を移動する

旅でもしているかのような気分にさせてくれる。

ある農夫が、言っていた。

あまり旅行に行きたいとは思わないんだよ。

あぁ、私も。

Vigna laterale


私は、渡伊する前、学生の頃

北欧5カ国周遊の贅沢ツアーをしたことがある。

そして、サンフランシスコの修学旅行。

渡伊して、イタリア各地を周り

ギリシャ、ブルガリア、ルーマニア、ハンガリーの東欧

南ドイツ、南フランス、スイスへ四ヶ月かけて旅し

トルコへ二度も魅了し

イタリアからお隣のスロベニアへ小ヴァカンス

ギリシャ本島へ車で駆け巡り

チューニジアの島でヴァカンス

イタリアから自家用車でフランス、スペイン、ポルトガルの

5000Kmの旅をし

メキシコを一ヶ月ほど歩き

オーストラリアに半年ぐらいのんびりし
キャンピングカーで大自然の中佇んだことがある。



割と短期間の旅行歴は

もしかすると十分かもしれない。

これらの体験が

同じ風景の四季折々の姿と交錯することさえある。

日常でも

旅のワンシーンのようだったり

あそこのあの時と同じ・・と感じるように

交錯が日常的で

同じコトでも同じモノでも

違う見方で見れるテクニックは

旅の体験が大きいのではないかと思う。

Nella Vigna sulla Collina


少年には、親子で旅行をするより

自分の意思で世界を歩いて欲しい。

Camina sulla Terra


少年は、街を歩きたいと言う。

人で織り成す街。

様々な人が様々な色を創り出し

コミュニティーの中で産出していく街。

Oliveto


片田舎で育った私も無性に街を歩きたかった想いを思い出す。

歩いた織り成った街は、再び自然が織り成す大地へ向けた。



**********



三月三日の上巳の節句、雛祭。

女児のいる友人宅にて会食。

友は、日本の伝統行事らしく

日本食で招いてくれた。

Festa della Bambina


日本食でもマッチするピュア風味の

バイオダイナミックワインで乾杯。

Fragola ODAIRISAMA e OHINASAMA


イチゴのお内裏様(庭のミント)とお雛様(庭の桃の莟)を飾った

スノーホワイトケーキ。

白い丘のスノーホワイト(生クリーム)の下は

大地のココアスポンジケーキ!

寒波の後の雛祭にピ~ッタリww



*関連記事はこちら↓*

カテゴリーVinciの空】【食アレンジ】【暮らし

寒の暖 Sciroppoallo Zenzero

冬の大名残 ilgelo siberiano

持ち寄りランチ iPranzi

 Grazie di aver visitato!

最後まで拝読していただきまして

ありがとうございました。

Instagram ≫≫≫ obatamakivincirealmakici



少年が小学生になる頃、職安に行った。

ちょうどその時期(2013年冬)Fondo Sociale Europeo / Programma Operativo Regionale2007-2013によるCorso di Agriformazione(農業士養成講座)の募集があることを知った。応募の締め切りは翌日だった。

私を導いたあの日、最後の年の最後の日の最後の応募だった。
(現在2017年の今プログラムは改正され、1826歳までと年齢制限がある。)

「女性の場合は、ひょっとして?!ということもありえるわよ。」とフェミニストな女性の指導員は応援してくれた。

定員15人中女性5人の枠。しかも日本人の私なんて・・・。

Depliant  -Corso di Agriformazione

試験があった。会場には、大学入試を思い出すような人だかり。貸し切ったEmpoliエンポリ(ヴィンチ村から10Km。地域では中心となる街)のある高校は無職の・・農業を学びたい人たちでごった返していた。


数日後、試験にパスした連絡が入った。

私の履歴書を持ちながら、本気でやる気があるかを強く問う。(6歳までの子を持つ母親にベビーシッター制度もあった。少年は7歳になったばかりだった・・・。)

この講座は、450時間の講義・実習・研修を一年かけて学び、最後は認定試験があり資格まで取得できるホンモノの講座である。ヨーロッパの社会基金をトスカーナの地方開発事業に当てられているため、授業料は無料。


数日後、連絡が入った。

5人の中に選ばれたのである。

本命の大学には落ちたけど、こんなところで受かるなんて。日本人の私だったからか・・・。


ほとんど休まず通った。

時に少年も私の横で講義を聞いていた。実習の畑にもついてきたっけ。

講座の仲間が助けてくれる。講師軍も日本人の私を応援してくれた。

言語のセンスのない私は、イタリア語で専門用語を覚えるのが大変だった。

時々テストだってある。イタリア語の説明じゃぁ面倒!と何時間も日本語サイトで調べたっけ。


植物のカラダの話は、だんだん小・中・高の理科の授業へタイムスリップしていった。

生態系・植物の病気・虫・・大人になって勉強すると、毎日歩いている大地の生き様を思い知って恥ずかしくなる。


オリーブの話は、おもしろかったな。特に試飲の授業。こんな風に五感を使うのか。

実習までオリーブの木をまじまじと見たことがなかった。どこから実が生まれるのか。定義がわかると彼らのカラダを眺めることができる。


ブドウの剪定は、誰よりも早く覚えたような気がするよ!

1年目の枝・2年目の枝・・最初はさっぱりわからなかった。頭で考えてるだけでなく、目で彼らのカラダの色や形、手で固さを感じ、リンパの流れを理解してあげる。


トラクターだって訓練した。傾くトラクターを運転している私は自然に身を任せられなかった。トラクターや機械は、農作民の力を代行する。


テストの前は血眼となって勉強した。

女パワーは輪だってつくる。集まって勉強会をしたことも。


2014年の初夏、私は認定試験に無事合格し、Certificato di Competenze(資格認定書)を授与した。

Certificato di Competenza

トスカーナの農産物、ブドウとオリーブを中心に。

剪定をするにはいろんなことを知ってなくてはいけない。剪定を学ぶということは、栽培を学ぶことと同じだ。

オリーブ剪定・・講師Sani Graziano

ブドウ剪定・・・講師Tamburini Daniele

植物・生物学・・講師Achilli Massimo

トラクター・・・講師Lupi Sandra & Maccanti Sergio

現在活躍中の講師軍。彼らの経験談を聞くために休んでられなかった。


この講座の目的は、知識のある人材を増やすことにある。安全な農業で安全な生産をすること。安全に働き、安全な食物を提供し、地球を安全に守ることである。

代々継がれることの多い農園は知識が狭いだけでなく、外部の薬品を売るバイヤーたちの話にのり、地球の生態系を崩壊し、大地も空気も水も私たちのカラダまで汚染させてしまった。

そんな状況にやっとやっと気付き、やっとやっと動き出したのである。


私は、人間社会で大切な職業は、農業であると思う。農業をやってる人がいないと食べていけない。

食物を生産するということは、人のいのち以上に地球のいのちにも関わってくる切実な職業だと私は思う。


世の中は、やっと少しずつ動き出す。

Proiettarsi

私は講座を受けたはいいものの、所有の土地は我が家の小さな菜園のみ。

ヴィンチの目の前の大地で、果実からアルコールへ、果実からオイルへと姿の変わる魅惑な植物を小さなカラダと小さな時間で語り合うチャンスを持つことができた。

日本人の私に投資をしたトスカーナ。何ができるか勿論試行錯誤。

まずは、地球と体を守る知識を紹介することから始めようと思う。

この場を借りて、ブログをはじめた理由(その1)をお伝えすることができた。

Luna Nuova di Gennaio

日本とイタリア、地球の反対側だって、同じお日様に当たり同じお月様を見つめている。

グルグル回る地球で、たくさんの「つなぐ」輪が生まれるよう、どうか暖かく応援してください。


最後まで拝読してくださりありがとうございました。

*関連記事*

カテゴリー【オリーブ】【ブドウ

オリーブオイルを試飲する

オリーブオイルの保存

オリーブの木の剪定

オリーブの木のハエ除け作業Moscadell'Olivo

オリーブオイルを美味しくさせるConsigliodi Frantoio Bio

肥える日Concimare

ブドウの枝の誘引Allacciatura

ブドウの芽かきScacchiatura

ブドウの木の剪定Potaturadelle Viti

ブドウの木の紅葉

ありがとう↓

↑このページのトップヘ