大地の住人 ヴィンチの丘で

地球と体に優しいコト ~イタリアから~

フィレンツェの端っこレオナルド・ダ・ヴィンチのふるさとヴィンチの丘に在住。 大地の自然たちと向き合って地球と体に優しい様々なコト、発見・提案・発信!

タグ:自家製


もう20年以上前のこと。


時の同居人

フィレンツェのErboristeriaエルボリステリア(薬草専門店)

「マキチのニキビ痕、これで治すといいみたいよ」と

スポイト付きの茶色い小瓶に入ったオイルやら

買ってきたものを見せてくれた。


わー、瓶だけでもカワイイ!


Olii per la pelle

イタリアじゃぁ、普通にあるErboristeria


日本の漢方屋みたいに、化学の薬に頼らず

できることなら自然のチカラで治癒させたい人が

訪れ相談し、薬草を調合してもらう。


体の状態に合わせたハーブティーやサプリメント

スキンケアでは、天然素材のクリームやオイルを紹介してくれる。



ヨーロッパでは大昔からAlchimistaアルキミスタ(錬金術師)たちが

研究に研究を重ねて

卑金属を貴金属への変化や

万能薬の発見などを

原始的な技術で研究し発達させた。


現在でも
Erboristaエルボリスタ(薬草師)たちが

勉強し研究し伝統を守り続けている。


Erboristeria

そこで紹介してくれた顔のシミを抜く方法。


そこでは
Olio di Jojobaオリオ ディ ジョジョーバ(ホホバオイル)をベースに

Olio Essenziale di Limoneオリオ エッセンツィアーレ ディ リモーネ

(レモンのエッセンスオイル)をベースオイルの中に数滴入れる。


レモンのエッセンスオイルはエッセンスオイルだけに濃厚なので

50mlのベースオイルの中にスポイトで5滴くらいが目安。


そして、強烈な酸性でシミは抜けるが

必ず日の沈んだUVの無い夜に使うこと。


日中に使っちゃうと、逆効果でシミが増すので要注意!


Olio Essenziale di Limone

なぜベースオイルと呼ぶか。


その後、
Mercatoメルカート(マーケット)

屋台Erboristeriaと出会い

そこのErborista

ホホバオイルもOlio di Mandrlaオリオ ディ マンドルラ

(アーモンドオイル)も同じ効果よ。


ホホバオイルは、カナダで採集され

アーモンドオイルはイタリアで栽培され搾油されているのよ。



さらにその後、私がオリーブ栽培を始めてから

自分のオリーブオイルを使うようになったww


Erboristeria di Barberino

その屋台Erboristeria

フィレンツェのS.Spiritoサントスピリト教会のある広場で

月一で行われるMercato Antiquariatoメルカート アンティクワリアート

(蚤の市よりもっと本格的なアンティークが並ぶ)

で、出会った。


当時、屋台の夫婦は

二人の子どもを連れながら働いていた。



私が現在の夫と出会いフィレンツェから引越しても

彼らの屋台Erboristeriaに行き続けた。


何故って、破格なんですもの。


包装もシンプルだし、私が欲しいものは大抵揃っている。



彼らは、Sesto Fiorentinoセスト フィオレンティーノ

(フィレンツェのほんの少し郊外の住宅地、土地名)でも

週一で土曜日に出店しているという。


やはり彼らを追って買い物しに行く。


Miele di Tiglio

そして、ここ二年前くらいから

毎週木曜日の午前中に賑わう

Empoliエンポリ(ヴィンチから10km)

マーケットに出店しているではないか。


そう、出会ってから
20年は過ぎている。


シンプルな包装も並べ方も

値段も20年前と同じだけど

屋台を切り盛りするのは

あの二人の子どもに代わっていた。


すっかり大人になっちゃったけど

説明の仕方、お金の勘定の仕方なんか

ご両親の後姿を見てきた様子だ。


彼らが独自に生産しているものは

Mieleミエーレ(ハチミツ)

Barberinoバルベリーノ(フィレンツェ北部、土地名)

Apicolturaアピコルトゥーラ(養蜂)をしている。



今日は、Miele di Tiglioミエーレ ディ ティッリォ

(リンデンハチミツ)を買おう。


それと、シャンプーや日焼け止めクリームも。


彼らは、養蜂の他に

クリームや石鹸、ローションなどもつくっている。


Cold Cream con Miele di Tiglio

帰ってきて、友人から頼まれた

Cold Creamをつくった。


友人は、日本にいるお母様にお土産に持っていきたい

と嬉しい注文をしてくださった。


甘い香りのする

リンデンハチミツ入りのクリームがイイ!



丁度、G.A.S.ガス(GruppoAquisto Solidale)

Alchimista?!(石鹸やクリーム作りを教えてくれた我が師匠)

と一緒に注文したCera d'Apiチェーラ ダァーピ(蜜蝋)も届いた。


このColdCreamだって

古代のAlchimistaが発見した古代からの技法。


大昔は、このクリームを傷口に塗っていたっていうんだから

効果覿面。


乾燥したときにシワの増える目の下に塗ることもあるし


乾燥したときの唇


サンダルを履く夏には、白く粉が吹いた足のかかとに塗ると

ピカピカツルツルになって若返る!


Cera d'Api

天然素材でスキンケア、体を労われたら言うことなし。

イタリアのハーブ屋さん、大好き。




*過去の関連記事はこちら↓*

リンデンハチミツ入りColdCream con Miele di Tiglio

風にも負けない元祖ColdCream

時の同居人 CameraDoppia


Instagram ≫≫≫ obatamakivincirealmakici



Grazie di aver visitato!

最後まで拝読していただきまして、ありがとうございました。




一月の終わり頃から

日が長くなったことを感じる。

Tramonto in Gennaio


夕日は、オレンジ色に。

このオレンジ色が

日と心を点す。

下の写真は、ビワの新葉。

Nespola


シチリアの
Bioオレンジが届いた。

シチリアの冬は、オレンジの香りで

プンプンしてるんだろうなぁ。


千葉育ちの私は

果物が美味しく、空気が美味しく

山と海がある地中海性気候っぽい

南房総が好き。


都内からアクアラインの先

内房に住んでいたけど

もし日本で生活するなら

館山あたりがいいな。


母の友人が館山住人で

日本に冬帰国しても

庭のミカンを送ってくれた。

大きな段ボール箱にミカンがいっぱい。

お心遣いで短期滞在中お世話になった

アパートの主一家と分け合うこともできた。

果物が高価な日本でも

贅沢にミカンを絞って飲むほど

ミカンを欠くことはなかった。

Spremuta d'Arancia


ヴィンチの朝食は、フレッシュオレンジジュース

(Spremuta d'Aranciaスプレムータ ダランチャ)

と、届いたBioオレンジでフィレンツェ風ケーキ

Schiacciata alla Fiorentina

スキアッチャータ アッラ フィオレンティーナ

で、オレンジ朝食。

今が旬なカーニバル時期に食べるお菓子でもある。

スポンジケーキの中に

オレンジの皮と果汁が入っている。

私は、全粒粉とキビ砂糖

そしてピュアな我が家のオリーブオイルを使うから

全体的にオレンジ色。

Torta Fiorentina


オレンジ
Bioが1Kg1.5ユーロくらい。

今回7ユーロ払ってこのくらい。

見て!こんなにキレイ。

オリーブと同じようにBio栽培が絶対可能なはず。

Arancia Siciliana Bio


毎日毎日オレンジジュースを飲んで

ビタミンCをたっぷり摂って

風邪も引かない。

お肌だってスベスベ。

だからこの時期が旬なオレンジ。

私たちを守るオレンジ。

*関連記事はこちら↓*

カテゴリー暮らし】【食アレンジ

旬で風邪を予防する

リンデンハチミツ入りColdCream con Miele di Tiglio

目指せ!フィオレンティーニ流 Lampredotto

 Grazie di aver visitato!

最後まで拝読していただきまして

ありがとうございました。

Instagram ≫≫≫ obatamakivincirealmakici





G.A.S.(GruppoAcquisto Solidale)(関連記事はこちら)で、守られた山の守られた牛たちのLatteラッテ(ミルク)を買う。

Latte Crudo Bio di GAS


このミルクは、加熱処理されていない
Latte Crudoラッテ クルード(生乳)

賞味期限は、二日間。

自分で沸かせば、さらに冷蔵で三日間持つそうだ。


3リットル購入し、1リットルは家族でゴクゴク飲む。

濃厚でコクがあって美味しい。

牛臭いかな、と思いきや、香りはお馴染みの牛乳。


あとの2リットルは、Ricottaリコッタに!

shinomaiさんのレシピを参考に(こちら)


Ricottaとは、Ri=もう一度、Cotta=火を通す、という意味。

加熱処理されていない生乳からでは、Riではない。

リコッタは、チーズ生成過程で生じたSiero di Latteシエロ ディ ラッテ(ホエイ、乳清) に火を通して、Caglioカリオ(レンネット、凝乳酵素)をほんの少~し入れて出来上がる。


私は、この生ミルクに、同じファームのオーガニックヨーグルトをYogurtGrecoヨーグルトグレーコ(ギリシャヨーグルト)(関連記事はこちら)にして、そこからでてきたホエイを少し足して火にかけた。

そして、レシピ通り、湯気がモワモワしてきた頃、レモン汁を入れて、ほんの少しかき混ぜて、10分休ませて、リコッタチーズ用の型にすくって入れた。

お馴染みの牛乳からのリコッタつくりだったら、ホエイはいらない。

生ミルクだってホエイがなくても、レモンパワーでできそうだ。

Ricotta fatta in casa


リサイクルの型から、ホンモノらしい仕上がりに。

2リットルのミルクは、こんな小さなリコッタに変身。


自家製リコッタ作りに分離したホエイも、ギリシャヨーグルト作りで分離したホエイ同様、ピッツァ生地(関連記事はこちら)などに使えそうだ。

使い切れなかったら、流しに捨てては勿体無い。

大地に流せば、大地が肥える。

ホエイは栄養たっぷり!

Ricotta con Olio Extravergine di Oliva


レモンの味なんてしない。

甘味のある生乳100%の濃厚リコッタが出来上がった。

嬉しい!

早摘みのまろやかオリーブオイルにピッタリ。


イタリアにいたら安価でリコッタは手に入るけど、オーガニックミルクが手に入ったときは、是非自分で作ってみたい。

Formaggio Stagionato Bio


日曜日のランチ、全粒粉で溶いたクレープをこしらえ、中には
Ricotta e Spinaciスピナーチ(ほうれん草)に、同じくそのファームで購入したFormaggio Stagionatoフォルマッジョ スタジオナート(熟成チーズ)を削って頂いた。

少年もRicotta e Spinaci大好き!

Creps con Ricotta e Spinaci


おやつは、夏にシロップ漬けした小さな洋ナシ
Pera Cosciaペーラ コシャと一緒に!

Ricotta e Pera Coscia Siroppata

*関連記事はこちら↓*

カテゴリーBio商品】【食アレンジ】

GASローカル興しのBIO商品

ヨーグルトチーズ Yogurt Greco

自家製ピッツァ la pasta di Pizza

小さなナシ Pera Coscia

フィレンツェの「時」Richard Ginori

 Grazie di aver visitato!

最後まで拝読していただきまして

ありがとうございました。

『節約 ・ 創作 ・ 満足』

Colletto


このパターンが一番好きなんだ。

manica e orlo


襟が高くて

お腹が隠れて

脇が隠れるの

OnePiece per Pantaloni


生地を冬に代えて

レギンスに合うワンピ

ロングスカートにも合いそう

ダボダボパンツにも合うかも

冬だから、モコモコスタイル。



***************



Vendemmiaヴェンデンミア(ブドウの収穫)でお世話になった

大家族一家の食はほぼ自給自足で賄う農園のブタちゃんが

クリスマスの近くになるとスライスされる。

Salsiccia


Prosciutto
プロシュットSalameサラーメなどの

Salumiサルーミ(豚肉加工食品)を、自家製でこしらえる。

これがまた美味しい。

添加物や保存料が入っていないホンモノのSalumiである。

Ben 18 Salsicce


もう、彼らのようにブタを
Bioで飼育し

Salumiにする農家は少なくなってきてしまったそうだ。

だから余計に人気で注文が追いつかない。

我が家の分をとっておいてくれた。

tra Salsicce messo un tappo


この
Salscicciaサルシッチャ(ソーセージ)

生でも食べられる。

保存は、冷蔵庫でもOKだが

室内の寒いところに吊るして保存、が農家風。

乾燥して固くなってくるが

それがまたSalameっぽくておいしかったりもする。

焼いても美味しい。

生でも美味しい。

ヴィンチのブタのサルシッチャ。

Brilla la Montagna

モコモコ空だ!Buone Feste


*関連記事はこちら↓*

カテゴリー衣アレンジ】【ブドウ

かくれれOnePiece

小さな白・冬のお裁縫 Bianco Invernale

新月の黒・冬のお裁縫 Colore di Novilunio

一家の収穫 Vendemmia 2017 ③

ブドウの収穫その1Vendemmia 2016

 Grazie di aver visitato!

最後まで拝読していただきまして

ありがとうございました。

まずは『風にも負けない元祖 Cold Cream』からどうぞ。

Cold Cream con Miele di Tiglio


秋・秋・秋・・とずっとは続かない。

晩秋まっしぐら。

冷え込む夜は暖炉を点けながら、もう冬な夜。

Novembre pieno Autunno


寒いとどうしてカサカサしてくるのだろう。

大地は湿気で覆われているのに。

きっと、水を飲む回数が減っているのかもしれない。

Cold Cream


自家製 
Cold Cream di Galeno

手や唇、目の下などを守ろう。

夏は、裸足のかかとを守ってくれたっけ。

Miele di Tiglio e Tisana di Tiglio


今回は、蒸留水
20gのところに

Miele di Tiglioミエーレ ディ ティッリィオ(リンデンハチミツ)10g

蒸留水10gでスイートなクリームに仕上げた。


作り方はこちら


友アントネッラ(関連記事はこちら)の大地からつくられた

Tisana di Tiglioティザーナ ディ ティッリィオ(リンデンティー)

私の冬場の供。

鎮静作用があり

咳、頭痛、不眠、イライラを

抑える効果がある。

Tiglio essicato


そんなシナノキ科のリンデンの花の蜜からできた蜂蜜だって

私たちの興奮している体を抑えてくれるはずだ。

蜂たちよ、ありがとう。



***************



イタリアの11月の日曜日はイベントが盛りだくさん。

12月のクリスマスに向け

マーケットをメインにした催しが各地で行われる。

Dolce stile Japan


私も小さなマーケットの小さな屋台で

小さなBIOを紹介した。

少しでも多くの方にBIOを取り入れた生活を。

地球と体に優しい生活を。

こんな小さな形で地球と体を応援します。

Vini Biodinamici da Vinci

Vini Biodinamici☆

ヴィーニ ビオディナーミチ

(バイオダイナミックワイン)

関連記事はこちら



Olio di Oliva Extravergine 2017 Filtrato con cielo fine autunno

Olio Extravergine di Oliva Biologico 2017

オリオ エクストラヴェルジネ ディ オリーヴァ ビオロージコ

(オーガニックエキストラバージンオリーブオイル)

関連記事はこちら



Schiacciatina Semiintegrale con Semi di Sesamo

Schiacciatina☆

スキアッチャティーナ

(カリカリスキアッチャータ)

関連記事はこちら



Sapone confezionato

Sapone all' Olio di Oliva con Infuso di Lavanda☆

サポーネ アッルォーリオ ディ オリーヴァ コン インフーゾ ディ ラヴァンダ

(ラベンダー入りオリーブオイル石鹸)

関連記事はこちら



Cold Cream con Miele di Tiglio confezionato

Cold Cream con Miele di Tiglio☆

コールド クリーム コン ミエーレ ディ ティッリィオ

(リンデンハチミツ入りコールドクリーム)



Tisana di Tiglio

Tisana di Tiglio☆

ティザーナ ディ ティッリィオ 

(リンデンティー)



ありがとう↓

↑このページのトップヘ