大地の住人 ヴィンチの丘で

地球と体に優しいコト ~イタリアから~

フィレンツェの端っこレオナルド・ダ・ヴィンチのふるさとヴィンチの丘に在住。 大地の自然たちと向き合って地球と体に優しい様々なコト、発見・提案・発信!

タグ:Autunno

この日も秋晴れ。

Alberi di Castagne


朝は静寂な白に包まれ

昼は陽気な日が差し

暮れる頃、空は濃厚に焼ける

ヴィンチの丘。

Fglie di Castagne Giallo e Verde


あちらこちらで秋の旬が目に飛び込んでくる。

indice


散歩がてら栗でも拾ってみよっか。

Cera dai Pini


三分で行ける山

Montalbanoモンタルバーノへ。

Bosco di Montalbano


山は静かかと思ったら

私たちと同じような家族連れ、カップル、

老夫婦などの賑やかな声が木霊コダマする。

da Montalbano


秋の週末は、猟人だって山を歩く。

銃の音が、まるで私たちを狙っているかのように

近くで聞こえる。

イノシシも気が気でない秋だ。

Coperte le Foglie di Castagne


白く包まれていただろう朝の山へ

足を踏み込んだ者だってたくさんいる。

籠から落ちたキノコを見つけた。

Convivenza


そうやって秋の山は賑わうのである。

Strada in Cielo


私たちも
Paniniパニーニ(サンドイッチ)

バイオダイナミックワインを持って

ピクニック。

Picnic sotto l'albero di castagne


所を変えて、外で食べるのは

ホント、イイ気分転換。

Castagne in Guscio


栗、あった。

いっぱいあった。

でも小さかった。

Aprire


みんな栗拾いだから

落ちてる栗の中身がない。

Vivere insieme


お散歩しよう。

Arte Naturale


山の木々はステキに共存してる。

Deco Naturale


コーディネートは抜群。

森のインテリアも最高。

色も形もアートしてる。

イルミネーションだって意気投合。

Tracce di Mattina


私たちも暗黙の了解で

キレイに共存したい。

センス良く。

象徴しつつ尊重しつつ。

Controluce


秋晴れはいつまで続くのだろう。

それはそれで農民は疑問を抱く。


***************


東京札幌で、イタリア中オリーブの収穫で大賑わいの搾り立てオリーブオイルを使って、イタリア/フィレンツェ在住お料理研究家&イタリア政府認定オリーブオイル鑑定士shinomaiさんのオリーブオイル講座が開催されます。


ヴィンチの丘の地球と体に優しいピュアで誠実なオーガニックオリーブオイルも参加!


フィレンツェから直々に運ばれた本物のオリーブオイルを味わうチャンス。

我がふるさとニッポンで、正真正銘のオリーブオイルが拡がることを応援します。

お問い合わせは、shinomaiさんへ直接ご連絡下さい。

shinomai corso di olio di oliva


*オススメ関連記事*

カテゴリー【散歩】 

芽生える春 Nascere

落ち葉の上で

暗闇ハイキング PasseggiataNotturna

レオナルド・ダ・ヴィンチが工夫した堰 Pescaiadel Mulino della Doccia

Vinciヴィンチの山、Montalbanoモンタルバーノ

ありがとうGrazie↓

移動式菜園でひと夏を越えた我が家のシソたち。

Shiso in Fioritura


カラカラの夏だったヴィンチの丘で、アジアの菜は、日陰で水遣りを怠らない。

Foglia di Shiso posto di alga


ブドウの収穫が終わる頃から、ヴィンチの丘はしっとりしてくる。

una Mattina di  primi ottobre


白く包まれるヴィンチの朝を迎えた頃から、アジアの菜は、日向に移動する。

è autunno


春と秋は、ちょうどアジアな気候っぽい気がする。

Fiori di Shiso


シソの花が咲き出した。

Ultime Foglie di Shiso


最後のお仕事、種をつくり終えるまで十分な葉を残し、保存用の葉を収穫した。

Conservare


少しだけシソのジェノベーゼ

パルミジャーノを入れず、オリーブオイルで覆う。

Buon appetito!


あとの葉は、干しシソにすることにした。

干しイチジクつくりの時はまだ夏だったなぁ。

もう食べちゃった。

保存して、もっともっと夏が恋しくなった頃食べようと思ったのに、家族で競争して夏を飲み込んだ。

Foglie di Shiso Essicate e Spezzettate


しっとりのヴィンチの丘で、もうカリカリには干せないだろうと察し、オーブンで乾燥させることにした。


上下段、最低温度
、ファン。


15分くらい、裏10分くらいだろうか。

Foglie di Shiso Essicate


その都度お料理に合わせられるように、そのままの形で瓶に詰めた。

Riso Misto con Fglie di Shiso Spezzettate


ご飯の上にパラパラと塩と一緒にふりかけ。

チラッと見える昨日の残りのおかずは、我がアジア菜園のニラを混ぜ込んだ子牛のレバーで韓国風ピカタ。

ニラも花が咲き、たまごがつき始めた。

ニラも移動式菜園育ち。

Fiori-frutti-foglie di Erba Cipollina Asiatica


近頃秋晴れが続くヴィンチの丘。

シソが実りだすと、オリーブの収穫も間近。

今年もオリーブの収穫と、シソの実の塩漬けが重なりそうだ。

Invaiatura di Olive

*関連記事*

カテゴリー【】【食アレンジ

Pestoalla Genovese di SHISO シソのジェノベーゼ

ilPesto al Tofu con SHISO シソ入り豆腐ペースト

シソの実の塩漬けFruttodi Shiso al Sale

自家製豆腐Tofufai da te

シソの実

ありがとうGrazie


人気ブログランキング





一年を通して、ブドウを見つめる。

Armonia

『Armonia ハーモニー』


生れる春


生きる夏


捧げる秋


蓄える冬

Cadere

『Cadere 透ける』


一年が彼女たちの人生ならば

あっという間の時間を生きなければいけない。

Ciullare

『Ciurlare 残りのブドウ摘み』


ブドウは、ボクではない

ワタシと表現したい。

Colorarsi

『Colorarsi 色付く』


イタリア語も

樹も実も葉も女性名詞である。


La Vite一本のブドウの樹


L'Uvaブドウの実(複・単)


La Foglia一枚の葉


Colore d'ITALIA

『Colore d'ITALIA イタリアカラー』


彼女たちは

子を産み

世話をし

世に尽くす

Fine

『Fine はじける』


次なる時代へ

最後のエネルギーを振り絞る。

il mio braccio

『Il mio Braccio ワタシの腕』


すると、カラダが透けてくる。

Luce e Ombra

『Luce e Ombra 光と影』


どんなに天候がおかしくなっても

日や月の傾きは、変わらないようだ。


Nascondino

『Nascondino かくれんぼ』


日や月の傾きによって

彼女たちは、変化する。


Risultato

『Risultato 結果』


透けて


輝いて


枯れて


落ちて

Rossa

『Rossa 赤いオンナ』


彼女たちの姿は

ワタシたちの姿と

同じに見えて仕方がない。

sono Qui

『Sono Qui こ・こ・よ

そう思うと

ワタシたちオンナって

Svanirsi

『Svanirsi 抜ける』


オンナのホルモンって

Tutti Insieme

『Tutte Insieme みんなと』


ステキ過ぎる。

va Trasparente

『Trasparire 透けていく』


*オススメ関連記事*

カテゴリー【ブドウ

ブドウのダンス Viticcio

ブドウのあくび Scacchiatura

一肌脱いだ果皮たち Svinatura

ブドウの果皮のちから Rimontaggio

ブドウを摘んだら Fogliedi Uva

ブドウの木の紅葉

ありがとうGrazie↓


人気ブログランキング





早々と突然に現れた猛暑は
九月に入り予知する間もなく
さっさと駆け足で過ぎ去っていった。

Gocce a Vinci


20
度前後の外気温。

日照りでほてったカラダには寒すぎる。

Piove Settembre


雨粒で大地は濡れる。

季節の変わり目、空の姿は様々だ。

Tramonto 1


ひんやりした風だって吹く。

日はもう秋へと傾いている。

Olive metà Settembre 2


私たちがわがままなのか、
天気がわがままなのか。

Olive metà Settembre 1


私のオリーブたちは

色付き始め、膨らみ、目立つようになってきた。


Olive metà Settembre 4


この時期のオリーブの色は、
うっすらとパステル調だ。

Olive metà Settembre 3


色とイイ、出来具合とイイ、
私は胸がキュンキュンした。

Olive metà Settembre 5


オリーブ畑から見渡すパノラマを見て、
少年は走り出した。

Vista da Oliveto Nuovo


ようやく夏休みが終わった少年は
馴染み過ぎた家と親子の空間から
離れるのが寂しそうに登校した。


Primo Giorno di Scuola 5°


*オススメ関連記事*

カテゴリー【オリーブ】【散歩

夏休みのある朝 DuePassi di Mattina

食後のサマータイム DopoCena

オリーブの木の下で Ilmio Ombrellone

水を飲むのだ Acqua

オリーブの粒 Migne

ありがとうGrazie↓

ヴィンチの大地の黄に染まった樹たちが、私の目を奪って止まない。

Vigna Gialla

緑から黄へ透けるように変化し

trasparire

黄からヒラヒラと消えていく。

sventolato

樹の変化の姿が美しいならば、生命の姿が美しい。

Foglie di Uva 1

変化の姿は、ホルモンで作用される。

Vigna Gialla con me

成長し、抑制し、促進する。

Foglie di Uva 2 

光・風・水・土に合わせてホルモンは作用する。

今、黄の葉たちは、光の合図で自ら黄に染まり、自ら輝く。

Verso Vinci 

少しでも自を放ち、少しでも然を吸い込む。

美しく変化し、樹から離れる頃、命は次へと果たされる。

Vigna Gialla a striscia 

私も自ら放ちたい。



*関連記事*

カテゴリー【ブドウ

ブドウの木の紅葉

ブドウを摘んでからFogliedi Uva


ありがとう↓

↑このページのトップヘ