大地の住人 ヴィンチの丘で

地球と体に優しいコト ~イタリアから~

フィレンツェの端っこレオナルド・ダ・ヴィンチのふるさとヴィンチの丘に在住。 大地の自然たちと向き合って地球と体に優しい様々なコト、発見・提案・発信!

タグ:Conservare

 

六月二十四日、キリスト教は

イエスの十二使徒の一人

San Givanni Battistaサン ジョバンニ バッティスタ

(聖・ヨハネ)の洗礼・聖名祝日であるそうだ。


フィレンツェの守護聖人であり

街は祝日となり、盛大に花火が打ち上げられる。


buon profumo

この日は、夏至に近いことから


大地の花を清らかにする水に浸け


日のエネルギーを夜空の気に晒し


翌日、そのこしらえた聖水を浴し

自然界のエネルギーを浴びることで

心身を労わる言い伝えがあるそうだ。



私はカトリック信者ではないので、信仰行事に疎い

が、それこそSNSで知った。


まるで
Biodinamicoビオディナーミコ(バイオダイナミック)のようだ。


自然界の生体力


火・水・気・土


次回は、私も自作聖水
L'Acqua di San Giovanni

ラァクア ディ サン ジョバンニ(聖ヨハネの水)を浴びてみようかと思う。


con il sole di tramonto

植物の手入れは

バイオダイナミックカレンダーを見ながら

作業日を決めるようにしているのだが


その六月二十四日は

*Luna Discendenteルーナ ディシェンデンテ

(地下にエネルギーが集中する)


Giorno di Fiore
ジョルノ ディ フィオーレ

(花の日:星座は空気にあたる)であった。


目で確認できる月の位置は満月に向かう上弦期。


Giorno di Fiore
は収穫に適している。


地上の花や葉、実などの収穫は

*Luna Ascendenteルーナ アシェンデンテ

(地上にエネルギーが集中する)が適しているが

今年は、樹を労わりたかったので

地下にエネルギーが集中している時期を選んだ。


Farfalla Bianca

紋白蝶がラベンダーに集まってくる。


太っちょのハチが集まってくる。


ラバンダーが好きで好きで仕方がないほど離れない。


太っちょのハチは、一日が終わっても家に帰らない。

ラベンダーに抱きつきながら夜を過ごすのである。


少年に

「お菓子の家で寝てるみたいだね。」

「うん・・いいなぁ。」


Dormono sulla Lavanda

一足遅れて

タイガー模様の大きな蝶がヒラヒラ飛んで来る。

まるで、紙で作ったような蝶である。


この蝶が現れた頃

ラベンダーの収穫時期かなと察した。


ちょうど、全部の花が咲き終わってない頃。


使い方によって収穫期が変わる。


私は、
Oleolitoオレオリート(オイル漬け)

Infusoインフーゾ(煎じる)

Vaporeヴァポーレ(蒸す)にする予定。


Farfalla disegnato tigre

昨年、花の収穫後

半分の樹が枯れた。


すごく心配した。


枯れた部分を剪定する。


そんな剪定は、春

三月の地下にエネルギーが集中する時期に。


せっかく我が家の男子から頂いた

プレゼントだから長持ちさせたい。


Raccolta

増殖は、花が完全に咲き終わった頃


10
15cmの先の方を切り取り


下の方の葉を取り、水に浸けて


小さな鉢に植えて、根が生えてくるのを待つ。


春の剪定の時に出てきた枝も増殖できるはず。


若そうな枝を見つけて水に浸けてみよう。


legato

蝶々ゴメン

ハチさんゴメン

と謝りながら、花を収穫した。

働きバチは、未練がましい。


少年は、ビクビクしている。

お友だちだと思えばいいんだよ

追い払っちゃダメ。


それにしても、イイ香り。



**

地上のエネルギーが活発になるLuna Ascendenteルーナ アシェンデンテ

地下のエネルギーが活発になるLuna Discendenteルーナ ディシェンデンテ

は、Ritmo Tropicoリットゥモ トローピコ

月の27.3日間の内、黄道と天の赤道との二つの交点を

春分点側と秋分点側に分けた二期間





*過去の関連記事はこちら↓*

ラベンダーの収穫 la Raccolta di Lavanda

ラベンダー入りオリーブオイル石鹸 Sapone all'Olio di Oliva con infuso di Lavanda

ラベンダーで自家製アロマテラピー Lavanda


Instagram ≫≫≫ obatamakivincirealmakici



Grazie di aver visitato!

最後まで拝読していただきまして、ありがとうございました。





シベリアからの寒波

ヴィンチの大地では、-6℃でおさまった。

水撒き用の雨水の表面がどれもこれも凍っていた。

小さな水分は、結晶となった。

朝日に照らされた結晶は、綺麗だった。

le foglie di olivi girate dal freddo


最低ー
6℃だったら、オリーブは大丈夫かな。

毎日観察している私のオリーブの葉は

寒さから凌いでるかのように

呼吸する葉の表面を閉じているよう。

自衛している姿は

腕と腕で抱きしめているようだ。

葉の表裏のコントラストは、後姿をみているみたい。

Frasche di Olivi per bruciare e per BBQ


私が剪定したオリーブの枝を

夫が、きれいに整頓してくれた。

燃やす枝とバーベキュー用に使う枝。

寒波の日、火を起こし、枝の処理をしていた。

向うの畑の枝は

トラクターを呼び細かくして肥料にしようかと考えている。

Bruciare le frasche di olivi


寒いのに、鳥たちは飛び回っていた。

吹雪の中も。

白い空の小さな黒い影たちは、じっとしていない。

彼らの暖のとり方なのか。

大地は凍っていても、その隙間の水を飲んでいる。

Uccello wow


こんな鳥も、庭に現れた。

近くにPadule di Fucecchioパドゥーレ ディ フチェッキオ

という名の沼が連なる湿地帯がある。

ヴィンチは通り道の様で珍しい鳥がやってくる。




我が家の無農薬な庭は、大地のオアシス。

小動物や鳥で賑わう。

数日前も、黒いリスが窓際を通っていった。

リスは、この辺では見たことなかったけど

やっぱりいるんだね。

落ちたオリーブの実を食べに来たんだ、きっと。

Cristallizzato dal gelo di mattina


私の暖のとり方

主の力作、薪の暖炉

生姜。

生姜を擦ったお供の薬味は夏に。

擦るより熱を加えた方が保温効果があるという

スライスは冬、料理に、ジンジャーシロップに。

Sciroppo di Zenzero


このジンジャーシロップを常備しておくと

甘味、料理に便利かもしれない。




オーガニックだったら皮付きで、繊維に沿ってスライス。

繊維に沿うことで、出汁が出易くなる。

それは、どの野菜も同じ。

マクロビ料理を習ったイタリア人()に習ったww

Zucchero di Canna Integrale e Zenzero


Zucchero di Canna Integrale
ズッケロ ディ カンナ インテグラーレ

キビ砂糖未精製を私は使って

スライスした生姜とまぶせ、2時間置いて生姜汁を出して

その後、水を足して火にかけとろみをつける。

冷まして冷蔵保存。





取り除いたジンジャーは

捨てるのが勿体無いので、私は料理に使っちゃう。

Ginger Caramellato


シロップは、お湯を注いで、ポカポカジンジャーティー。




エスプレッソコーヒーとジンジャーシロップ

なんと、セネガルコーヒー風味になる。

イタリア在住のセネガル人の友がご馳走してくれた

衝撃的なピリ辛コーヒー。

冬の朝にはたまらない。

Caffè con Sciroppo di Zenzero


夏には、シュワシュワにして、ジンジャーエールだ!



***************



< Sciroppo allo Zenzero >


Zenzero fresco 100g

Zucchero di canna integrale 100g

Acqua 150ml


Sbucciate lo zenzero(se biologico, con la buccia)

Affettateli fine in senso verticale.

Aggiungere lo zucchero e lasciate 2 ore.

Poi, aggiungete l'acqua

e cuocete con fuoco basso

fino ad essere denso(non troppo).

Dopo raffreddato, filtrate nel barattolo.

Si può conservare circa 2 settimane in frigorifero.


Tisana

con Caffè!

Cucina Orientale



***************



三月一日、ヴィンチにも雪降りました。

吹雪です。

今日で寒波終了予報。

これから春を迎える雨予報が続いてます・・・・・。

Nevicato

*関連記事はこちら↓*

カテゴリーVinciの空】【住アレンジ】【オリーブ

冬の大名残 ilgelo siberiano

主は暖への薪つくり Legnada Ardere

オリーブの木の下で ilmio ombrellone

 Grazie di aver visitato!

最後まで拝読していただきまして

ありがとうございました。

Instagram ≫≫≫ obatamakivincirealmakici





移動式菜園でひと夏を越えた我が家のシソたち。

Shiso in Fioritura


カラカラの夏だったヴィンチの丘で、アジアの菜は、日陰で水遣りを怠らない。

Foglia di Shiso posto di alga


ブドウの収穫が終わる頃から、ヴィンチの丘はしっとりしてくる。

una Mattina di  primi ottobre


白く包まれるヴィンチの朝を迎えた頃から、アジアの菜は、日向に移動する。

è autunno


春と秋は、ちょうどアジアな気候っぽい気がする。

Fiori di Shiso


シソの花が咲き出した。

Ultime Foglie di Shiso


最後のお仕事、種をつくり終えるまで十分な葉を残し、保存用の葉を収穫した。

Conservare


少しだけシソのジェノベーゼ

パルミジャーノを入れず、オリーブオイルで覆う。

Buon appetito!


あとの葉は、干しシソにすることにした。

干しイチジクつくりの時はまだ夏だったなぁ。

もう食べちゃった。

保存して、もっともっと夏が恋しくなった頃食べようと思ったのに、家族で競争して夏を飲み込んだ。

Foglie di Shiso Essicate e Spezzettate


しっとりのヴィンチの丘で、もうカリカリには干せないだろうと察し、オーブンで乾燥させることにした。


上下段、最低温度
、ファン。


15分くらい、裏10分くらいだろうか。

Foglie di Shiso Essicate


その都度お料理に合わせられるように、そのままの形で瓶に詰めた。

Riso Misto con Fglie di Shiso Spezzettate


ご飯の上にパラパラと塩と一緒にふりかけ。

チラッと見える昨日の残りのおかずは、我がアジア菜園のニラを混ぜ込んだ子牛のレバーで韓国風ピカタ。

ニラも花が咲き、たまごがつき始めた。

ニラも移動式菜園育ち。

Fiori-frutti-foglie di Erba Cipollina Asiatica


近頃秋晴れが続くヴィンチの丘。

シソが実りだすと、オリーブの収穫も間近。

今年もオリーブの収穫と、シソの実の塩漬けが重なりそうだ。

Invaiatura di Olive

*関連記事*

カテゴリー【】【食アレンジ

Pestoalla Genovese di SHISO シソのジェノベーゼ

ilPesto al Tofu con SHISO シソ入り豆腐ペースト

シソの実の塩漬けFruttodi Shiso al Sale

自家製豆腐Tofufai da te

シソの実

ありがとうGrazie


人気ブログランキング





黒いイチジクが食べたい。

Fichi Neri Arte della Natura


我が家の男子が喜んで摘んできてくれた。

Fichi Neri

イチジクは、すぐ食べないと悪くなる。

黒イチジクは、ジャムにして保存。

Fichi Neri in Coccio per la Marmellata

黒イチジクは、果皮が薄いから、少し洗って、皮ごと煮る。

レモンとキビ砂糖を加えて。

砂糖は、保存の役割をする。

少しでも入れた方が良いとイタリアの友が教えてくれた。

Marmellata di Fichi Neri

私は、果肉が残る方が好き。

あまりにも果肉や果皮が多いときは

最後の方、ハンドミキサーでブルンブルンとほんの少し撹拌する。

Pronto i Fichi Secchi

我が家の緑イチジクは、乾燥に成功!

ヴィンチの大地のヴィンチの光。

一週間天日干し。

日が落ちれば、イチジクも家に帰る。

Fichi Secchi in Barattolo

瓶に詰めたが、あまりの美味しさに、あっという間になくなった。

Pomodori Pelati

ワタシのトマトは、煮込まず果皮だけ剝いて

Pomodori Pelatiポモドーリ ペラーティ(ホールトマト)


こうして夏を保存して、夏を納めていく。


cielo di fine agosto

ヴィンチの丘は、まだまだ夏の日差しがふりそそぐ。

それでも日に日に日は短くなっていく。

夏だっていつか終わるさ。

空を見上げると、夏の足跡のような雲が広がる。


*オススメ関連記事*

カテゴリー【畑】【食アレンジ】

ヴィンチのイチジク eccoi Fichi

イチジク Fico

トマトを保存する Conservarei Pomodori

ワタシのトマト imie pmodori

ありがとうGrazie↓

畑の角にあるイチジクを、家から庭から毎日毎日眺めていました。

まだかな・・・できるかな・・・大丈夫かね・・・

Goccia di Fico


初夏から猛暑のヴィンチのイチジクは、急に膨らんで落ちてしまいました。

その後、小さな実たちは枝につかまって、膨らみ始めました。


Albero di Fico


イチジクの樹は、イチジクの森ができています。

大きな葉は、実を守ります。

そんなところは、ブドウと似ています。


Foglie di Fico 3


今、まだまだ続く夏のヴィンチ。

生き残った実たちは、熟れてきました。

中は赤く、甘味が目に飛び込んできます。


Foglie di Fico 2


おやつに。


Merenda


アペリに。


Fico con Proscuitto Crudo


乾燥イチジクも!

水分が抜け、成分が増し、保存食にはもってこい。

保存食になるのか、少年はもうつまみ食い。


primo giorno essiccare


イイ感じです。

次の収穫は、恒例のジャムつくり。


Proviamo i Fichi Secchi


*オススメ関連記事*

カテゴリー【】【食アレンジ

イチジク Fico

花の脱衣 CiaoPetali

芽生える Nascere

ありがとうGrazie↓

↑このページのトップヘ