大地の住人 ヴィンチの丘で

地球と体に優しいコト ~イタリアから~

フィレンツェの端っこレオナルド・ダ・ヴィンチのふるさとヴィンチの丘に在住。 大地の自然たちと向き合って地球と体に優しい様々なコト、発見・提案・発信!

タグ:Orto

Lavanda con la Luna

夫と少年からのプレゼント、小さな一株のラベンダーが、こんなに大きく成長し、今、まさに花見頃の煌煌とした紫は、私の癒しとなている。

療養生活中の私には、ゆっくりとした時間の最も適した観葉植物である。

Vista da insetti

虫が集まる。

ハチやチョウ、ホタル、Milanのような赤と黒のカメムシ、黄色いテントウムシ、小さなクモ、トカゲ・・・。

きっと、美味しいんだろうな。

それとも、彼らも知ってる効能のあるハーブなのかな。

ただ、かくれんぼうしているだけかな。

お腹の膨れた飛びながら蜜を吸うチョウは、ハチに追いかけられていた。おにごっこか。

Lavanda con una Farfalla

日の傾きや強弱で、ラベンダーの花びらは透けて見えたり、濃く増して香りまでもが見えてきそうな濃厚な紫だったり・・・。

一日の間でも、いろんな姿を見せてくれる。

Lavanda con Tramonto

そのラベンダーも、花を少し残して咲き終わる頃、摘んで、今度は私が彼らの効能を役に立てたい。

それまで、緑と黄金に見える枯れ草と光る紫の風景を楽しみたいと思う。

Pianta Viola e Bianca

こんな植物も咲いていた。紫の花から白い花が咲く。

まるで流れる血と奮い起こされた力のように見える神秘的な花だ。


**********


早速オクラが食べ頃の大きさになってきた。

Okura

農家からお裾分けしていただいた超フレッシュな卵と一緒に、生卵ご飯の上にオクラをチョコン。

なんと濃厚な味でしょう。

生卵ご飯を一口食べる度に、満足の声を発してしまう。あ~これぞふるさとの味。

少年もお代わりしたいのを我慢して、また明日のお楽しみ。

Riso con Uova Cruda e Okura


*関連記事*

カテゴリー【ハーブ】【】【食アレンジ】【アロマテラピー

ラベンダーで自家製アロマテラピー Lavanda

ピンクとフジPucci Glicinee Grazie

ボリジ Borragine

旬な草フェンネル FinocchiSelvatici

CarciofiSott'Olioアーティチョークオリーブオイル漬け

ズッキーニのお花 Fioridi Zucchina


ありがとうGrazie↓


  人気ブログランキング

上を見る、下を見る、右を見る、左を見る。

da vicino

私だってわかる春の気配。

Bene Bene Germogli di Pomodori

二月にトマトの種蒔きをしました。

お月様は望ぼうを迎える頃。

天空では*土星と月の衝しょうが起こっていたんですって。

シソもニラも自分のたまごから生まれてきました。

たまごたちのサンルームでは大賑わいです。

Serra fai da te

モモの樹もたまごから生まれてもう8年。

Germogli di Pesco

大地には、ボリジがまた身を乗り出してきました。

その横には、秋口、節分の豆まきのようにバラ蒔いたSenape Biancaセナペ ビアンカ(セイヨウカラシナ)がボリジと手をつないでいます。

Ho seminato le Cime di Rape

オリーブの剪定の合間、彼らを覗きに行きます。

Metà Sole Metà Piove

足をとめて、上を見て、下を見て、右を見て、左を見て。

Tarassaco


*
土星と月の衝

Oposizione Luna – Saturno

オッポジッツィオーネ ルーナ ・ サトゥールノ

27.5日サイクル。月は石灰を揮わせ、土星はシリカを呼び起こす。このコンビはポジティブをあらわす。種蒔きや移植では強くたくましく成長させる。

Corno Silice(501)の散布に適している。

バイオダイナミック農法より


*関連記事*

カテゴリー【Vinciの空】【】【ハーブ

春のいたずらOcchiolinodi Primavera

タンポポを噛みしめるTarassaco

ボリジBorragine

ぬけがらと たまご Spogliee Rinascita

トマトのヒミツPomodoro


  ↓ありがとう↓

早く実が成らないかなぁ。

もう少し実が成ってくれないかなぁ。


こうして実が成るのを待ち続ける間お花を食べる。

DSCN2657DSCN2661
DSCN2670
お花の中央のおしべやめしべを取り除く。

我が家のトップは、おひたし。茹でずにノンオイルで(もしくは少量のオリーブオイルかごま油の手も!)ササッと炒め、塩か醤油で食べる。・・・といっても、お花はほんの数本だし、熱を通すと小さくなるので、私一人分だったりする。

DSCN2667
アーティチョークのオリーブオイル漬けとズッキーニのお花のおひたし。

次に、超シンプルパスタのAglioアーリオ(ニンニク) Olioオーリオ(オリーブオイル) Peperoncinoペペロンチーノ(唐辛子)などのときに加える。Acciugheアッチューゲ(アンチョビ)も加えると相性がイイ。

Frittataフリッタータ(オムレツ)に混ぜ込んで歯ごたえを楽しんだり。

お客さんが来たときには、Frittoフリット(フライの意だが、この場合は天ぷらと訳したい)にする。SalviaサルビアやタンポポもFrittoにし、カリカリとAntipastoアンティパスト(前菜)。ケラケラと会話が弾み、グイグイと冷えた白ワインがすすむ初夏。

お料理上手なMammaマンマ(ママ)がいるイタリア人の友は「お花の中にRicottaリコッタ(リコッタチーズ)を詰めるのよ~~~」と自慢する。

美味しそうだなぁ。


カボチャ科の黄色いお花は食べられる。

イタリアの各地でSagra del Fiore di Zuccaサーグラ デル フィオーレ ディ ズッカカボチャのお花祭りと題してカボチャやズッキーニのお花を使ったいくつものタイプの料理が味わえる。

Sagraサーグラとは、収穫を祝った祭りの意味がある。


ズッキーニ(カボチャも)のお花は、ビタミン(Vitamin ACB1B2B3B9)やミネラル(カリウム・マグネシウム・鉄分・カルシウム)リンがあり、免疫強化や浄化作用をするそうだ。

わぁぉ。生活習慣病予防に強い見方だ。

DSCN2469

朝一番、煌煌と咲いているお花をぼんやり眺めたら、ランチのお伴にもぎとる日々を過ごすVinciヴィンチ6月でありました。

↑このページのトップヘ