大地の住人 ヴィンチの丘で

地球と体に優しいコト ~イタリアから~

フィレンツェの端っこレオナルド・ダ・ヴィンチのふるさとヴィンチの丘に在住。 大地の自然たちと向き合って地球と体に優しい様々なコト、発見・提案・発信!

カテゴリ:オリーブ OLIVI > 剪定 Potatura

雨がPotinaポティーナ(剪定士)のお休み日。

Pasta con l'Erbe e l'Uova


ここ数日天気の良い日が続いた。

*Luna Discendenteでお天気が良ければ

剪定日和である。

Tappeto Decorato


しかし朝は

大地の吐息が凍りつくほど気温が下がる。

凍りついた吐息が溶け出す頃

今度は汗のように大地は濡れる。

Mattina


樹まで濡れていては、剪定はできない。

彼らのカラダが乾くまで、じっと待つ。

Terra Motosa


雨続きだった冬の大地は、ぐちゃぐちゃ。

イノシシになったように

私も泥まみれになった。

泥まみれになった母を見て

少年は仲間ができたように嬉しそうだった。

Va avanti


こちらのオリーブ畑は

2014年の九月十九日に

大きな雹の竜巻で襲われた畑。

今まで、労わりながら慎重に剪定してきた。

竜巻以前から症状はあったが

この畑はAlternanzaアルテルナンツァがある畑である。

一昨年実のつきが良く昨年実のつきが悪い

という交互性がある症状をいう。

今年の収穫はきっと実のつきが良い想定で

幹から生えている34年経った枝などを減らし

残した実の成る枝にエネルギーを集中させよう

という構想を練った。


ハサミよりノコギリを使う。

ゴリゴリする行為って、凄い体力消耗する。

天辺の太い枝なんか、一気にゴリゴリしきれない・・・。

休み休みやる。

まるで100メートル全速力を何回もしている感じ。

それかマラソンの最後の一絞りで

エネルギー使い果たした感じ。

とにかく、体の中からエネルギーが

ゼーゼーと息となって出てくる感覚を覚えているの。

少女・青春時代は

短距離も長距離も得意だったんです。

Gradazione


夕暮れの頃

銅を混ぜた癒合剤を塗って

一日が終わる。

もうヘトヘト。

でも、やり始めると好きなんだよね。

自分の剪定に満足して、未来に期待する。

Tramonto dal'Oliveto


ランチは、大地のハーブを摘んできたハーブパスタ。

プラス、パスタのお湯でお玉の中で茹でた超半熟卵をのせて

タマゴのっけハーブパスタ!

トロ~と溶けてパスタと絡んで美味しいww



*Luna Discendenteルーナ ディシェンデンテ

天球上の経度=黄経こうけいの秋分点180度から冬至点270度の期間。西洋占星術トロピカル方式回帰運動27.3日サイクル中、半分の期間。

Wikipedia黄道座標サイン(占星術)

(バイオダイナミック農法用カレンダー参考)

*関連記事はこちら↓*

カテゴリーオリーブ > 剪定

天は白の隙間な剪定 Potarura degli Olivi①

オリーブの木の剪定 Potatura dell'Olivo

オリーブ剪定士 Potina

 Grazie di aver visitato!

最後まで拝読していただきまして

ありがとうございました。

Instagram ≫≫≫ obatamakivincirealmakici





一月も終わる頃から

*Luna Discendenteルーナ ディシェンデンテ

が、2週間程続く。

春の気配と冬の名残が交錯する時期。




2018年の一月は、満月が二度訪れたブルームーン。


青白い曇で覆われた空を眺めながら

大きなブルームーンを想像した。


三月にも満月が二度訪れる奇跡的なブルームーン。


しかし、この二月に満月と巡り合うことはない。




オリーブは暖かい地中海性気候に適した植物。


トスカーナの四季折々、ぐっと引き締まる冬には

栽培では慎重に、味は最高に

オリーブは存在する。

Cielo Bianco Bagnato


2018
年に入ったこの冬

アチコチでは雪が天から降り注いだ話をよく聞いた。


しかし、ヴィンチでは寒くない冬を過ごしている。


12
月前半が寒かった記憶。


そして、雨降りな冬とメモる。




一月の終わり

丘の向うを眺めると

まだまだブドウ畑では剪定をしている。


落葉から目覚めまで

剪定できる期間が長いので

農主たちはのんびり風。


私は、今年初期の
*Luna Discendente

藤とリンゴと洋ナシPera Cosciaペーラ コ・シャ

剪定を終えた。

piove ancora


オリーブの剪定は、二月と三月。


四月になっても五月近くまで剪定している人がいるが

私が納得したオリーブの木を労わる剪定は

オリーブが目覚める前に終了していること。


しかし、寒さには弱いから、真冬にはしない。




この始まりの時期が緊張する。


もう一度寒波が来たらどうしよう

雨続きだったらどうしよう、と。


剪定の作業が続かないどころか

樹に影響をさせてしまっては大変。


だから、地下にエネルギーが集中する

Luna Discendente期間にやることで

傷口への負担を軽くさせる。


そして、日の辺りの良いオリーブたちから

早く目覚め早く老う種のオリーブたちから

剪定を始めることにしている。




今年は負担を少なくする樹形を構想しているので

のこぎりで剪定する枝が多いだろう。


大き目の傷口には

殺菌効果のある青色のRameラーメ()を混ぜた

Masticeマスティチェ(癒合剤)をつくり

塗ってケアしながら進めていく。


時間はかかるが

塗って守ることで菌の侵入を防止する。

菌に犯されると、オリーブオイルの味へ悪影響をもし

最後には枯れてしまう。


こういうことを意識しながらできるのは

実際に剪定と収穫をしている主と

情熱のある主に限るかもしれない。

piove


二月、白く濡れた天を眺める日から始まる。


天気予報は雨粒マークが続いてる。


無事、期間中に終了しますように。



*Luna Discendenteルーナ ディシェンデンテ

天球上の経度=黄経こうけいの秋分点180度から冬至点270度の期間。西洋占星術トロピカル方式回帰運動27.3日サイクル中、半分の期間。

Wikipedia黄道座標サイン(占星術)

(バイオダイナミック農法用カレンダー参考)



*関連記事はこちら↓*

カテゴリーオリーブ

オリーブの木の剪定 Potaturadell'Olivo

オリーブ剪定士Potina

大地派剪定 Potaturada Terra

 Grazie di aver visitato!

最後まで拝読していただきまして

ありがとうございました。

Instagram ≫≫≫ obatamakivincirealmakici





マキちゃんの頃、母の行きつけの美容院に髪の毛を切りに行った。

絵の得意だったマキちゃんは、こうして欲しい髪型をスケッチして持っていった。

「ここは段々で、ハネが効くようにお願いします。」

Fresco

マキちゃんも卒業の頃、美容師になろうかと美容学校を見学しにいった。

美容師にはならなかったが、私を含め短髪の家族の髪の毛は自分で切る。

少年「耳はかくして。」

夫「あまり短くするなよ。」

Apice

マキチの頃、フィレンツェの建築事務所で、美容サロンを専門とするインテリアデザイナーをしていたこともあった。

ここはカーブでスッキリと。見せると隠すを計画する。

Mini

現在オリーブの剪定で、段々とハネの効きと、カーブをつけてスッキリだけど実が主役の空間をつくる、未来を想像する創作活動をしている。

大袈裟な≫

そんな気持ちで取り組む自称クリエイター()である。

Kit Potatura Forbici e Sega

剪定中のBGMは、小鳥のさえずりとニワトリの合唱、近所の騒ぎ声。カントリーでスローなリズムが流れている。

「・・ハネとカーブ・・スッキリと・・見せる空間・・」ふむ、ふむ。

人生の今までを構想から入る生活を続けてたもんだから、剪定の構想時間が他人から見ると私は長いかもしれない。

Mattina

構想を練っている間、ウロウロ・チョコチョコと自由に動けるようになった。今年は、大地から長く伸びるハサミを使った剪定をしている。

Svettatore FISKARS

チョキチョキチョッキンのハサミだけではないので、かなりひじを労わることができる。

はしごは、天辺がわんさかと大地からでは大変な時に使う。今まで、はしごの位置を決める・・怖い・・の理由で時間がかかっていた。

Villa Medicea

Cerreto GuidiのVilla Mediceaが見える。
お転婆は、文字通り、木にも登る。木登りの方が身を任せられる。

Noccioli

フィンランド製の伸びるハサミ。

おまけの取り付け用カーブのこぎり。

同ブランドの梃子付きハサミ。

我が身に携帯しているオリーブ用ハサミと折りたたみのこはスイス製。

皮の軍手はイタリア製。汗で臭くなってきたので布製に。布製の方がいいや!

これに帽子とサングラスが私の剪定キットである。

Affilare

一日の終わりには、必ず刃を洗って研ぐ。

最後にアルコールで消毒して、明日を待つ。

私の体もアルコールで消毒して、夜を越す。


あともう少し。

弱音を吐きたくなるぐらい、私に覆いかぶさるオリーブの樹。

剪定を毎年しないと栄養を吸い取る小僧枝が生えてくる。

体がむくんできているような疲労。

イタリア語「Mi sento gonfio.ミ セント ゴンフィオ

直訳すると、膨らんでいる感じがする。

膨らみがむくみなんだが、夫は「風船か?」とつっこみ、ゲラゲラと笑う我が家。

Mano di Figlio che mi fa massaggio

ゲラゲラ笑ったり、プンプン怒ったりする家族だが、オリーブより私よりもっと小さい手で私の背中を押してくれる少年。長いハサミだけではない、この小さな手のおかげで、今年は上腕腱鞘炎になってない!エコスピリチュアル治療法。

Come bandiera GIAPPONE

あ~~~今日の夕日は日本の国旗のようだよ。


*関連記事*

カテゴリー【オリーブ

オリーブの木の剪定

日本人女剪定士Corsodi Agriformazione』←剪定士を生んだ講座。

オリーブ剪定士Potina

オリーブの森Boscodegli Olivi

新オリーブ畑NuovoOliveto』←まだここでやってます。

 ↓ありがとう↓


    人気ブログランキング

三つ目のオリーブ畑は、年の暮れに依頼された、Cerreto Guidiチェッレートグイディ(Vinciヴィンチ村と5km離れた隣町。フィレンツェ県)のちょい外れにある広々とした眺めのイイところ。

Olivi e Susine

この辺はまた、我が家の周りと違う品種のオリーブが植えてある。興味津々。

今まで紹介した畑は、Leccinoレッチーノ80%、Pendolinoペンドリーノ20%の割合で、オリーブオイルの味わいもまろやかタイプ。

こちらの畑は、GremignoloグレミッニョロFrantoioフラントイオいう品種だそう。実りが遅く、辛味が効いたタイプ。

私は、Frangituraフランジトゥーラ(搾油)毎に容器を分けているので、2倍の楽しみが味わえる。

Oliveto

農薬栽培だったか、剪定の回数、収穫の出来、病気(Rognaローニャかさ病)があるかなどをチェックしたり質問したり。

一応、Biologicoビオロージコ(有機栽培)でケア&メンテナンスをしてきた様子なので、引き受けてみるか。肥料はともかく、殺虫剤と除草剤を使っていないことは鉄則。

Vista dall'Oliveto

剪定士が二人いたようだ。剪定ですぐわかる。かなり欲張り剪定。

目指せ!量より質。空間をつくる剪定が基本となる。

剪定士が変わるとさらに大変。コンセプトが変わるから。

Fine Giornata

日に当たりながら汗をかく全身運動。

Dopo la giornata una Birra

一日の終わりは夕日を眺めながらビールで一人乾杯。

Potinaポティ~ナ「あ~~~お疲れ~」独り言。



*関連記事*

カテゴリー【オリーブ

オリーブの収穫2015 ←畑の管理の話が。

オリーブオイルを試飲する

オリーブオイルの保存

オリーブの木の剪定

日本人女剪定士Corso di Agriformazione

オリーブ剪定士 Potina

オリーブの森Bosco degli Olivi←畑の管理の話が。
 

  ↓ありがとう↓


 人気ブログランキング

この畑はOrticaオルティーカ(イラクサ)とオリーブが共存している。

オリーブがイラクサを上から守り、イラクサがオリーブを下から守る。

Prima di Potare

この畑に着くと、そーっと歩きたくなる。

光がチラチラと注がれ、妖精たちがかくれんぼうをしているような。

妖精たち、少しの辛抱。森のリフォームをするよ。

終わったらキレイに片付けるから。

リフォームが終わったら、枝から枝へ、もっと自由に飛べるよ。光と風とともに。

Guardo anche Cielo

この間まで120本のオリーブ畑の管理だったところが、また80本増え、200本を私一人で剪定しなくてはいけない。さらなるお声もかかっている。

畑の主が老いると、管理しきれない。体力的に、経済的に。

剪定料、剪定後の片付け料、肥料料、草刈料、治療・予防料、収穫料、搾油料・・・。

オリーブ畑の管理とは、これ↑全部をやって、常に良質生産可能な生きているオリーブ畑を保つ、ということである。放ったらかしのオリーブ畑をいつか売ろうとしたときには、オリーブ畑として価値がなくなり売れなくなってしまうのである。すぐに売らないのは、きっと息子たちに残したいのであろう。老後しばらくは、畑があるのとないとでは、生きがいも違うかもしれない。

Dopo Potato Entra Sole e Aria

現在200本の剪定を一人でするにあたって、バイオダイナミック農法のカレンダーに沿ってやることが不可能になった。

だから畑をBioBiodinamicoで分けることにした。ブドウ農園さんもそのように分けて作業をしている。

Viva Ortica

そこで私は、このイラクサがオリーブを守っていることを信じて、この時期にやることにしたのである。

またバイオダイナミックの剪定期に入ったら、さらなるケアの必要な畑に対応したいと思う。

Foglie sono Sane

葉を見ると、生き生きしている。

Combinazione di Colore

イラクサも生き生きしている。

踏まれても切られても丈夫な草。

刈られた後も大地の栄養となるイラクサ。

どの畑にも蒔きたいぐらい。

でもね、リフォーム中、イラクサ怒って私をチクチク刺したわ。

こんなこと我慢・我慢。彼らの方が大迷惑よね。

Che Contrasto


*関連記事*

カテゴリー【オリーブ

オリーブの収穫2015 ←畑の管理の話が。

オリーブの木の剪定

オリーブの収穫 Raccoltadelle Olive 2016 その2』←ここの畑です。

日本人女剪定士Corsodi Agriformazione』←剪定士を生んだ講座。

オリーブ剪定士Potina


 ↓ありがとう↓ 


↑このページのトップヘ